花盗人

hananusubito

花盜人

花盗人
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
9
評価数
3件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
原作
 
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
バーズコミックス ルチルコレクション (コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥630(税抜)  ¥680(税込)
ISBN
9784344832411

あらすじ

今日は足だけを愛撫され、別の日には手だけを愛撫される…。洋館に一人で住まう藤澤に翻弄される水嶌だったが!?描き下ろしも収録。

表題作花盗人

藤澤守弘/館の主
水嶌伊吹/花屋の店員

評価・レビューする

レビュー投稿数1

設定の奥が深い

物悲しくてほの暗いけど綺麗な作品でした。

花屋の店員である水嶌はあるお屋敷に咲いていた綺麗な花をつい手折ってしまい、その事が館の住人・藤澤にばれて、お詫びに藤澤の館に花を生けに通う事になる…というお話です。
その藤澤ですが、夜に一人で庭に何か埋めていたり何やら怪しい…という少しミステリアスさを含んだ作品。
水嶌はそこで藤澤の過去に負った傷を知る事になります。

雰囲気はとても素敵でしたが、面白くて重い設定をもうけているのにあまり凹凸を感じられず、そこまで喜怒哀楽を共にできなかったかなぁ~という印象でした。

藤澤の過去の恋人が特殊な人で、そちらの話のほうが主人公より気が向いて
しまったというのもあります…。
なんだか色々活かしきれてないかなぁと感じる部分が多かったです。

足や手を舐めたり、人形の手足を埋める行為も「解放されたい」という
藤澤の願いから来ていると解説されていますが何だかちょっと納得できない…。深くて複雑な設定を持ってきすぎて上手く料理できていない感じもしました。
だた、イラストが艶っぽくて素敵。手を舐めるシーンがとても良かった。普通に行為を続きするよりも、手だけ舐められて興奮してそこで終わり…という奇妙なアブノーマル感が良かったです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ