あべ美幸が贈る運命的浪漫譚、第2巻登場!

八犬伝 ‐東方八犬異聞‐ 第2巻

八犬伝 ‐東方八犬異聞‐ 第2巻
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
10
評価数
2件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
媒体
コミック
出版社
角川書店
シリーズ
あすかコミックスCL-DX(コミック・角川書店)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784048546393

あらすじ

※非BL
5年の沈黙を破り動き始めた犬神憑きの里見莉芳の真意を知った信乃たち。一方、帝都では妖を喰らう鬼が出没し…!?
(出版社より)

表題作八犬伝 ‐東方八犬異聞‐ 第2巻

評価・レビューする

レビュー投稿数1

八犬

ハマジといえば、あのハマジしか思いつかないのですが
1巻ではわりと強烈なインパクトだったので、なんだか最近顔をみないと
寂しく思ってしまうのは私だけじゃないはず(´・ω・`)
学校でうまくやってるんだろうな・・っていうか、女キャラは結局すぐでなくなっちゃうよね。
個人的に、女子はどうでもいいんだけども

さて、今回は鬼兄弟であります(ノ∀`)
男前で女にもモテモテで職業柄的にもばっちりな現八お兄さんと
苦労性の弟・小文吾ちゃん。割とこの二人好きです。
1巻の巻末で鎖に繋がれる現八さんに一目惚れしたわけですが、見た目もキャラ設定もツボなのに、結局のとこ読み進めるとそんなでもないのはなんでだろ・・・・
この人が唯一ホモフラグ立ててくれとんのに(笑
でもさ、なんだかんだで面倒見がよくて一途なこの人は好きだったりするのです。

本編はといいますと
なかなかに暗くて殺伐とした感じ。
相関図が上手く描けないのが読み解けない理由かなと思うのですが
骨肉の争いなのだろうなとは思う。
再読したらもっとよくわかるのかな。全巻読み通したらもっかい再読したい

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ