ぼうや、もっと鏡みて

bouya motto kagami mite

ぼうや、もっと鏡みて
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神34
  • 萌×215
  • 萌10
  • 中立3
  • しゅみじゃない11

--

レビュー数
13
得点
263
評価数
73件
平均
3.8 / 5
神率
46.6%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784592876649

あらすじ

大学生の俊一は、幼馴染みでゲイの望の気持ちに応える気もないのに、望を傷つけてはその気持ちが自分にあることを確かめずにはいられない。自分の気持ちをもてあまし、戸惑う俊一だが……。
「愛はね、」から一年、俊一の出した結論とは!?
(出版社より)

表題作ぼうや、もっと鏡みて

本山俊一,21歳,幼馴染の大学生
多田望,21歳,幼馴染の調理士専門学校生

その他の収録作品

  • ぼうやの恋人
  • あとがき(&おまけSS『愛のありか』)

評価・レビューする

レビュー投稿数13

二段構え…

『愛はね、』の続編。保育園の頃からの幼なじみ、ゲイで大学進学を辞め、別の道を見つけた多田望と、大学生、本山俊一の物語。前作では主に望(受け)の心情が描かれていましたが、こちらでは俊一(攻め)視点先導で描かれます。受け攻め両視点を楽しめるのがオイシイですね。

俊一の望への秘められた欲望が少しずつ明らかにされていきます。小学生の時、二人にあんな出来事があったなんて…!なんだよ俊一、子供の頃からムッツリなんじゃないかー。といったところで止めておいたほうがいいかしら…。前作では保育園から一緒だったとありましたが、俊一視点では幼稚園からとあって、アレ?と思いました。(何か事情を読み落としてるのかな?)

望よりも俊一が抱える、同性愛に向けられた葛藤の深さが丁寧に描かれていて、前作でわたしが疑問に感じていた点が全て解消される筋書きとなっていました。俊一と望の間に入って来た篠原という男が、彼らにとってこの作品のタイトルに関わる大きな役割を果たしています。面白かったのは、望の目から見た俊一と、俊一の目から見た望の姿が読んでいてとても魅力的に映ったこと。前作では俊一が包容力のある大人びた青年で続き、今作では望がとても優しく、愛情深い男の子に感じられました。実のところ本人は意外と愚かだったり情けなかったりするけれど、それぞれの目に映る相手の姿は好きになったところが際立って映っているんだなぁ、なんて思ったりして新鮮な読み方ができました。そんな二人がぶつかり、お互いのダメな部分も受け入れ、補い合う。素敵な関係です。意外と俊一が頑なでじめっとした性格だったのを知って、読後感は期待していたよりスッキリしなかったかなぁ。

電子だったので挿絵はありましたが、あとがきがついていなかったのが残念でした。この作品に寄せる作家さまご自身の思いを、ぜひ読んでみたかったです。

1

グルグルしながら到達した愛の話

『愛はね、』の続きの話

幼馴染を思いながらそのむ割れない思いを受け入れ前向きに生きようとしている望と、そんな幼馴染から思われながら同じ気持ちを返せない自分の気持ちを持て余す俊一の成長物語。

前作に引き続いて俊一のイライラがひしひしと伝わってきます。
何度だまされてもまた信じてしまう。
殴られても強姦されても、優しいときもあったし悪い人じゃないとから、心から謝っているのだからと簡単に許してしまう。
だから、過去に望に酷いことをしながら元サヤを狙って望の周りをうろつく輩が許せないんでしょうし、嫉妬心もたっぷり含めてついつい望にきついことも言っちゃうんですね。
そのくせ望は自分には会いに来ないし…
そばで見ていると歯がゆいし怒りが湧いくる来るでしょうね。

俊一のじれじれした気持ちと望に対する自分の気持の折り合いがつかずにイライラをぶつけてしまう俊一の荒れた気持ちも、それを向けられる望の悲しみもよく分かるだけにこのすれ違いが切なかったです。

あっちこっちと寄り道しうんと遠回りしながら、やっと自分の気持ちと向いあって遠くの地に就職してしまった望に会いに行く決心を続きした場面で思わずやっとだよ、おっそいよ!と本のページに向けてつぶやきたくなりました。

3年後の『坊やの恋人』
遠距離恋愛を経てやっと帰ってきた望望と同居話の顛末。
守ってあげたい幸せにしてやりたいとの思いは本心からでも、どこか俊一は望を下に見ていた部分もあるんだなというお話。
好きになったほうが負けっていうじゃないですか。
ずっと好きでいた望に対して、一緒に住むと言ったら大喜びですぐにでも来ると思ったら親の許可が…とかいうのを聞いて、むっとする。
望の兄に「幸せにします」といった時に「君も幸せにしてもらうんだろう」というのがよかった。
一方通行じゃなくてお互いが一緒にとかお互いが甘えたり助けたりして幸せになっていくんだということに思い当たった俊一でした。

0

与えられた無償の愛に対する答えは…

俊一(攻め)を視点に描かれた物語です。

前作「愛はね、」の続編なのですが、俊一は相変わらず酷い!
望(受け)に対する態度や言動が酷すぎる!
「ムカー」っときます。

それに対し、望(受け)は成長しましたね。

「俊一、好きだよ。一番好き。
 おれはでもこれだけでいいよ」

と、俊一(攻め)から何も見返りを求めることなく、
ただ自分の気持を貫き、愛を俊一に与えることだけを宣言します。
何も見返りを求めず、堂々としている。
そんな望の姿が美しく思います。

それに対して、最低男の俊一は、
一体どうするのか。
そこが今作の見どころだと思いました。

「愛はね、」から一年後の話です。

-------------------

俊一は「望を受け入れることは出来ない」という事以外、
何も答えを見つけられないまま、一年を過ごします。
彼女も一年間作らないまま……

対する望は自立し、料理学校に通っています。
以前のように、愛されたくては
色々な男にフラフラするのではなく、
完全に自立し、告白されても
「好きな人がいるから」と
相手続きに断る勇気を持ちます。

ここは、ただただ、望の成長ぶりが嬉しかった。
そして、偉くなったなぁ……と。
俊一と比べて、この差はなんだ!
俊一、いっぺん天国言って、頭を清めてこいよ!!
この、バカっ!!

最初は、何故俊一視点でこの物語が描かれたのか
分からなかったんです。
「俊一なんてどーでもいいから、
 望視点で、
 望が幸せになってくれるところだけ
 書いてくれー!!」
って思いました。


そのうち、俊一は望の一挙手一投足に
ひとつひとつ影響され、流され、考えこむようになる
自分に気が付きます。

そう!
もっと、自分を見ろー、俊一!
鏡を見るように自分を見ろ、俊一!
お前の一番大事な人はだれだ?
と、呼びかけたくなりました。

んー、でも前巻の「愛はね、」でも思ったんですが、
なんで望と俊一は恋人同士でないと
お互い知っていながら、キスをする仲なんでしょうかね?
普通、マウストゥマウスのキスって、
恋人にしかしないもんじゃないですかねー?
でも、二人は、それをしてる……。
頭がハテナマークです。

この巻でも、俊一は最低ヤローでした。
特に怒りが爆発したのは、望を押し倒した時。
「男でも望を抱けるじゃないか」と
自覚したのはいいんですが、この一連の流れの
俊一の心のぐらつきようが、自分勝手で、
怒髪天です!!

「この淫乱」とか口にしたり、
望にまだはっきりとした気持ちがないのにもかかわらず、
望を好きな様に抱こうとしたり、
気休めに「好きになれないとは言ってない」なんて
無責任なことを口にしたり…と、
本当に最低です。


でも、俊一はもうとっくの前に気づいていたんでしょう。
自分が一番大事にしている人は誰か。
自分が愛しているのは誰か。
もっと鏡をじっとみれば、その愛に気付けたのに、
鏡を見ようとしなかった自分。

でも周囲の目が怖かった。
男を好きになる自分。
結婚して子供も出来ない自分。
普通の暮らしが待っていない自分。

でも、それを捨ててでも、
やっぱり望を愛していると言って欲しかったです。
こんなにもフラフラとずっと悩んでないで、
最低な態度を望にとっていないで…。
愛に対して、もっとがむしゃらになって欲しかったです。
望を愛しているともっと執着して欲しかったんです。

-------------------

最低男の俊一がグズグズしている間に、
望は俊一から自立し、
単身、福岡に行って働くことを決意します。

ああ、めっちゃ成長してるよ、望。
ずっと立ち止まったままの俊一とは大違いだよ…。


そして、ついに俊一は望への決定的な愛に気づき、
「もし明日死ぬなら望に会いたい」と
思います。

ああ、ここの言葉は嬉しかった。
やっと俊一が自分の気持を見つけた。
ずっとずっと望が俊一に与え続けた無償の愛。
それがこうやって実を結ぶのだと。

福岡に行って、望と会う俊一。
告白しますが、望はなかなか信じようとしません。
そりゃそーだろーよ。
あれだけ拒否っておいて、今更好きですなんて
言われてみても、信じられんわ!!
自業自得だぞ、俊一!


そしてエッチシーン。
お互いの気持が通じあったというより、
望が俊一に対して申し訳ないという気持ちが強くて、
そこが健気で可愛いシーンとなりました。
長年の夢が叶い、嬉しくて夢のような気持ちの望が
ただただ、暖かい気持ちにさせてくれました。
望、良かったね。
本当に良かった。
俊一、自分の気持に気付いてくれて、ありがとう。
そう言いたくなりました。


それから、福岡から東京に帰ってくる約束をする望。
これから、ふたりで
どんな小さな幸せも共有して
生きていってね…。

-------------------

「愛はね、」も「ぼうや、もっと鏡みて」も
ずっと望視点で私は物語を見てました。

望がただただ、健気で一途で可愛くて……。
そして、どんどん強く成長しているさまを
見るのが愉しくて…。
そして、俊一に対して、無償の愛を送り続けるのが
本当にいじらしくて…。

でも、結果、二人は結ばれました。

どんな困難がきても、
ここまで迷い続けて辿り着いた愛は、
つよくその困難を弾き返すことでしょう。

名作だと思います。
ありがとうございました。


6

優柔不断も行きすぎるとイライラ

前作で腹括った望。
だったら今作は俊一が潔く好きだと認める番だな、うん、と思って読み始めたら……。

俊一、こら。

半分以上過ぎたあたりで、思わず閉口。
ページの無駄遣いじゃないのかって勢いで、俊一の往生際が悪いです。
同じ所をぐるぐるぐぐるぐると。
友達の恋愛相談なんかで、同じ話エンドレスで聞かされるのと同じレベルのストレスでした。
結論出てるんでしょ、だったら動けー!
と、尻蹴飛ばしてやりたくなることウン回。

漸く腹括ってくれたのでほっとしました。
BLで葛藤ものは大好物なんですが、この話はちょっとしつこかったです。
続編出してまでの話か? というのが正直なところなのですが、充実したラストの甘々っぷりへの布石だと思えばこれもありなのかもしれません。

1

鏡の中に見つけたもの

前作の『愛はね、』は望視点のお話でしたが。
今度は俊一視点で一年後のお話です。

『愛はね、』の感想を書く前に、こちらの数ページを読んでしまい。
「いかん、これを読むとこっちの話に引きずられる」と思い。
前作のレビューは、とにかく焦って書きました。
そしたら、ストーリーそのものの感想ではなく、二人のキャラクターへの感想のみになっていました。
結果的に引きずられていたからかも?


読み終えてみて思いました。
この二人は何年かかったとしても、こうなる運命みたいなものを。


『愛はね、』とはまた違う意味で、エンディング手前までず~っとイライラしっぱなしです。
もうね、とにかく腹が立って仕方がない。
どちらに、ではなく、二人ともにです。
こんなにキャラクターに対して怒りや憤りばかり感じる話、でも大好き。
その溜まったフラストレーションが、一気に解消される時が気持ち良い。
そんな瞬間が、俊一と元友人の会話、俊一が一人の時に二回起こりました。

その俊一が一人の時のあるシーンでは、心の中で号泣してしまいました。
読んでいたのが人がいるところでなければ続き、本当に泣いたと思います。
それでも本が読めないくらいには涙が滲み。
今まで沸々とした気持ちが、一気に涙で放出されて。
すーっと穏やかに静まる瞬間を味わいました。

『愛はね、』では見えにくかった俊一の本音は想像以上に最悪で。
その自己中心的な思考が、誰しもの中にある闇の部分だなぁと思います。
結局、望の「許す」という性格は、男達の闇を引き出し拡張てしまうのかもしれない。
一番近くにいた俊一は、その闇で望を壊してしまう事が怖くて。
結果的に物凄く歪んだ関係になっていたんだなぁ、と思いました。


このお話の中では、有り得ない位周囲の人々との偶然があります。
五島とか、大貫とか、篠原とか、結城とかとのエピソード。
一~二ヵ月に一度程度しか会わなくなった二人なのに。
不思議なほどの偶然の数々でした。
そこに違和感はあるものの。
もしもそんな偶数が無かったとしても。
二人はいつかは、あのエンディングの結果になるんだろうなぁ。
そんな気がします。

こんなに早くそこへたどり着いたのは、あまりにも沢山の人達の言葉でした。
俊一のアルバイト先の編集者、河合さんもそうだし。
篠原や結城、五島だって!
この沢山の人達のくれた言葉の数々。
更に、この一冊の中には、続きのお話が二編あるんですが。
その中での、望側のある人物の一言。
俊一の脳天にガツンッ!と衝撃が走ります。
もう私自身はね、その人物に、惚れてまうわ~♪と心で叫んでいました。

…ネタばれしすぎないようにと感想を書いていたら。
やはり、ストーリーがよくわからないレビューになってしまった…。
本当にすいません。
今回は特に、自分の中の爆発寸前な何かを放出するために書いたような気がします。
この忙しい時期に、徹夜して読んだし…。
毎度ながら、自己満足レビューで申し訳ありません。

樋口先生があとがきに。
「愛はね、…」の…の部分は、この物語の中にあります。
と書いておられまして。
私が勝手にかんがえた言葉は。
“愛はね、本当の自分を映しだす鏡なのよ”
ではないかな?と思いました。
先生、違ったらすいません☆

3

間違えたのよ、間違えたんだけど

こちら、『愛はね、』の続編です。
そうなんです、続編なんですよー。
が!
「うっそーん!間違えたー!こっちから読んじゃったよー」なわたしです。

読んでいておかしいなあとは思っていました。
一冊目は攻め酷い!と聞いていましたので。
しかし、これくらいの葛藤はノンケにはかえってリアルで良いのにどうしてだろうか…などと思っていたりしたわけですよ、読みながら。
もちろん受け可哀想過ぎだろ!とも思いましたが、ラストハッピーエンドだと先に後ろを確認していたので(邪道ですが)これくらい許してやって下さいなあと思っていました。
間違っていたとはつゆ知らず…
そうなんです、気づかないくらいこれだけできちんと一つのお話として成立しております!素晴らしい!(笑

********************
攻めの俊一は21歳の大学生。
自他共に認める、レールにうまく乗っかっているタイプ。
望とは幼馴染み。

受けの望は、子供の頃から俊一だけが好きな専門学校生。
一途に俊一だけを想いながらも、報われないことを自覚しています。
********************

続き
『愛はね、』がどの辺りを書かれているのか確認していないのですが、こちらはあとがきの後のSS以外は俊一視点。
俊一の子供の頃や学生時代、そして現在。
その時々の望への気持ちや出来事が綴られ、しかもその特別な想いを望のせいにして逃げているというのが大部分です。

そう俊一、かなーり逃げてます。
けれど、望は自分から離れていかない、いくわけがないと、心の奥底では言い聞かせ心配していたりする。
なんとも卑怯な男なのですが、わたしはありだと思いました。
高飛びのバーを飛び越えるまでの助走がひたすら長い感じではありますが、その後がすんごーく甘かった(ここはもっと読みたかったー)ので良し!でした。
グズグズしたズルイ男の内面を延々読まされていたわけですが、その反動かちょっとの甘さでも幸福感いっぱいで(苦笑
しかし、こうなると前作は読まないままにした方が良いのかなあとも思っています。

俊一はズルいですしプライドも高い。
ただそれを自分で自覚して、それこそタイトルになっている鏡を見ることで心と対峙できて良かった。
望の俊一への、見返りを求めない純愛もすごく切なかったですし、読んで良かったなあと久々に思いましたね。
買ってからけっこうグズグして手をつけていませんでした。
それで前後間違えてしまったわけですから、かえってこれはこれで良かったのかも。

5

ココナッツ

JGbeeさま、こんにちはー!
そうなんですよー、やっと読みましたよー。
ちるちるさんに乗せられた?(^^;;

わたし、JGbeeさまにお聞きした時は俊一のズルさをどうやら勘違いしていたんですよー。
なんて言いますか、ズルいといっても卑怯な方だと思ってたんですよね。
俊一は女々しい方でしたねえ。望の方がずっと男前でしたね。
元気いっぱいの時に読んだせいか、とても面白かった!
なんだかリアルでした。

JGbeeさまとは本当に受け攻めの好みが違うのですが、面白い!と思う作品がご一緒だったりして面白いですよねえ(*^m^*)

JGbee

ココナッツ様、こんにちは!

ついにお読みになられましたか(o^-^o)
俊一は以前ご紹介頂いた「イノセンス~幼馴染み~」の攻に近いキャラかなと思っています。受を好きな気持ちから逃げ続けるヘタレ攻がなんとも可愛いです。

>グズグズしたズルイ男の内面を延々読まされていたわけですが、その反動かちょっとの甘さでも幸福感いっぱいで(苦笑
ですよね~(笑)私はその糖度の低さにまんまとハマりました。俊一のキャラは漱石の「こころ」で「恋は罪悪ですよ」発言する先生を連想します。状況は全然違うんですけど、頭でっかちの男が恋心に罪悪感を感じて雁字搦めになっている姿にサド心をくすぐられるみたいですw

樋口先生の甘くない傲慢攻読みたさにとうとう二次にまで手を出しました。オフラインの二次小説は初めてなのでドキドキです。

俊一は…往生際が悪い!

愛はね、の続刊で、…いつも自分を頼りにしていて、自分が側にいないと駄目になると思っていた望(受)から距離をおかれ動揺しまくる俊一(攻)の話ですね。

もう最初からイライラしました。何て往生際が悪い男だ!!!。
バンジージャンプをしょうとして、間際になってやだ!怖いと駄々こねるチキンか~(>_<)。
駄々こねて、他の人に八つ当たり(嫉妬)して、自分を正当化しようとしてます。

もう、飛び降りるしかないのに、間際のところで踏みとどまって、あげくに望を傷つけ、キレられさらに距離を置かれてしまう…自業自得ですね(T_T)。

だけど、色んな人に後押しされやっと自分の気持ちと向き合えて…飛べて良かった(^-^)。

この本の中の望は、立派に成長した望です。
俊一の何歩も前を歩いているのに、俊一が好きだから…たまに俊一を振り返ってしまう…だから、望の想いがかなったのは嬉しかったです(^-^)。

同時収録の【ぼうやの恋人 】では、望を好き好きな俊一が書かれています。
親・兄弟にまで嫉妬していますね(^O^)。お兄ちゃん、意地悪して…「大事な弟は渡せない!」とか言ってほし続きかったな(^O^)。

おまけSS『愛のありか』では、さらにパワーアップした俊一で、恋人ばかになってます(^O^)。

俊一にイライラして…萌でした(^O^)。

2

た ま ら ん !

うひー、
面 白 か っ た !

前作『愛はね、』のストーリーはまるまる記憶してたので、本を入手してからすぐに読み始めたんですが、数十ページ読んでから、「うわ、これは名作になる予感」と思って『愛はね、』を読み返しました。
望の視点で綴られる『愛はね、』の物語を読みながら、ひたすら俊一の気持ちだけを考えてました。以前とはかなり違ったスタンスの読み方です。
で、自分の感想が気になってちるちるに書いたレビューを読んでみると、トンチンカンすぎて自分を殴りたくなりました。ただまあ「続編で評価が変わるかも」と書いてたので、それを予感した自分は誉めてやりたいです。ええ、まるまる変わりましたとも。

キーワードは「許し」ですね。
俊一は、なんでも許してしまう望の性質に苛立っていた。
たしかに望の許しは弱さや諦めや意思のなさの象徴ともいえるもので、誉められるべきものじゃなかった。
前作『愛はね、』では、望の許す性質を否定的に(見えるように)描いていたし、読み手はそんな望に俊一とともに苛立ったりもさせられた。
でも望は確実に成長していて、今作ではそれは望の芯の強さや優しさの象徴となっている。
べつに望の続き根っこの部分が変化したわけじゃなく、本質は変わらないまま少し成長したということで、私はこの見事さに感動しました。
しかも今作で許されるのは俊一なのだ。ずっと望を守り、望の許す性質を否定的に見て苛立っていた俊一が、まさにその性質によって救われるのだ。
同時に俊一は、自分が望の寛容さに甘えていたことにも、傲慢だったことにも気づかされる。

まあでも、迷った挙げ句決意してメーター振り切ったカシコは怖いね!
愛情だだ漏れで俊一がすっかり骨抜きの色ボケになってる番外編には、ニヤケ笑いが止まらなかったです。

5

“愛はね、” の続編 俊一視点での内容です


個人的にはハッピーエンドなお話が好きなので、言わばこっちを読みたいために “愛はね、” と共に購入し、一気に読みました。

俊一のもとから離れ大人になっていく望と、相変わらずな俊一...
“愛はね、” では望の成長を描いた内容でしたが、今回は俊一視点での、俊一の成長が描かれていました。

“愛はね、” で描かれていた俊一は、望の前恋人たちよりも酷かったんじゃないかと思います。
そんな俊一だが、登場人物の誰よりも人間くさく、一番良かったんじゃないかなヽ(・∀・ )ノ

最悪だった望の元恋人篠原、五島も今回は良い役所ですし。
衿子も結構な重要人物で。タイトルの意味も、読む前から何となく想像ついてはいましたが...

そして 望に続き、俊一も少しずつ大人になっていきます。
序盤と終盤では別人かと思わせるくらいの、俊一の成長っぷりに拍手です(´∀`*ハ)パチパチ

終盤につれ、俊一に愛される望が本当に可愛い。そして俊一の嫉妬も可愛い(笑)。
最後の最後に、やっと “ホッ...” と、一息つけました。

望がいるから、俊一がいるから、そして周りの人続きたちに支えられながら、ふたりはこれからも成長していくんだろうな。
今回も、素敵な作品でした☆

4

自分本位な俊一も人間くさくて好きでしたw

俊一激変ですよ…こんなに変わるもんなんですね。読んでてビックリですw

前作ではいいやつだったんですが今作になりついに本性がみえてきました。すごく自分本位なんです。なんでも勝手に嫉妬して望の行動1つ1つにキレて怒って責め立てて望を傷つける。。。

自分の手により傷つく望を見て、これまで望と付き合ってきた他の男だちと比べて優越感に浸り、「まだこいつは俺のことを好いている」と安心する。なんだかんだ言って、俊一もこれまで望を傷つけてきた男たちと変わらないんですよ。

自分本位な俊一、望が俊一のもとを離れていったときに初めて自分の過ちに気付きます。とにかく前半は俊一にイライラしっぱなしですが、それでも私は俊一嫌いではありませんでした。人間くさい、一番汚い部分って誰でも持ってるんだから。

優しく望を甘やかすだけの俊一じゃなくて逆に良かったです。

望は前回に比べてホントに大きく成長しました!!すごく頼もしくなった。望のいいところ、どんなにひどいことされても人を許すところはこれからもずっと変わることはないでしょう。原作にもありますが、それが望なんだからしょうがありません。
続き
形あるハッピーエンドが見れて良かったです。これからはこれまで傷ついてきた望はもっと愛されて欲しいし幸せになって欲しい。俊一も最後は結局望にメロメロです。こんなに人って変わるもんなんですね…。これからしっかり傷つけてきた分望を愛して欲しいな^^

3

俊一視点か…と。

「愛はね、」から丁度半年経って発売された今作品。
望視点かと思っていたら、俊一視点でした。

読んで最初の感想は…俊一、イライラする。
何あの自己中はぁああああ!! 前作は好きだったけど、今作はもう更に望が可哀相でした!!
嫉妬はするくせに受け入れはしない。望が自分から連絡しないからってイラついて、望の行動に口を出して…!!
もう本当に今回も望の健気さが浮き出ていました!
望の人の良さがなければ、俊一と望はとっくに絶縁していたんじゃないでしょか?
途中出てきた衿子という女性がいなければ、ひょっとしたらくっつかなかったんじゃないか、と。
最初は「誰、これ」と思いましたが、結構キーワードというか、きっかけを作った女性でした。

望は家族ともうまくいっているようですね。お兄さんが結構いい人でした。いい意味で、弟の人生には口を出さない、みたいな。お父さんは風邪ww

篠原さんも出てきましたね。あれはそんなにきっかけでは…なかったかなぁ。強いて言うなら、俊一に厳しいというか、大切(?)なことを言った。

まぁ、最終的に望は幸せになったからいいけど…、俊一、望の昔の男続きと変わらない気がする。違うのはまだ理性がかすかに残っている…かなぁあああ??
亭主関白になりそう…。でもお父さんとかお兄さんには弱いかもね。だったら安心かな(笑)

好きな人は好きだし、微妙な人は微妙な人だね。
僕は作家さんが好きなので買った、というのもあるから、話自体は中立です。


1

愚かで愛おしい。

BLの様式美から脱線気味の話であるので好き嫌いはあると思うのですが、あとがきで著者の樋口美沙緒さんも書いてますが良い人でも悪い人でもないそういう普通の人の話でしたというのがストンと胸に落ちしっくりきました。人間関係なんて濃くなれば傷付け合うことは生きていれば往々にしてあり、理解を深めたいと思う気持ちからや、又は感情の行きようの無いところで理性を失い人は傷つける事もあります。傷付け合わずにはいられない側面があるのです。望と俊一のビジュアルだけBLの様式美に乗っ取ってますが、他は泥臭い愚かで愛おしい凡庸な2人でした。読み終えるとそこが何とも良いんです、俊一は(攻)キャラクターとしては絶対に人気薄だろうし、(受)キャラとしての望も然り。たいして魅力のないキャラなのにこんなにも物語惹かれてしまうのは、普通の人だからなのかも知れません。勿論、著者の巧みな心理描写や物語の運びとかありますが、突拍子もないものではなく様々な軋轢で苦しむ若い2人の恋は地味だけども胸に迫り来るものがありました。読みながら、何度となく涙が溢れてきては俊一に悪態を吐きながら、潔くないなと歯噛みしながらも俊一の苦悩や葛藤を思う続きと一方的に責める事も出来ないこのもどかしさを感じながら時折「あぁ~もうっ、、」って胸中で叫びつつの読書は正直疲れました。読み終えると涙で拭ったティッシュの山がゴミ箱を占領してました。元々、俊一の方が先に望に魅了されてたので、ラブラブになってからの愚かさ加減は可愛いですが、あまり男として器の小さい狭量な俊一は好きなキャラにはなれそうも無いけどもこの話は最大級に好きな話です。上半期は素敵な作品が幾つかありますが今のところ群を抜いて心を揺さぶられた話であります。あと今回も小椋ムクさんの画が素晴らしくて俊一と望との世界にすんなり入っていけました。心揺さぶられる話には大概素敵な絵師さんが担当してる確率が高いなとつくづく思いました。

3

俊一は一番酷い奴だと思う

『愛はね、』から半年で続きが出ました!
前作は、幼なじみの俊一にむくわれない想いを抱いたまま次々と男に利用され暴力をふるわれ、裏切られても相手を許してしまう、そんな切ない望が主人公でした。
怪我で入院し、理解されていないと思った家族と和解したことで、俊一とも恋人ではないにしろ、これから、というやり直しのスタートラインに立った時の一年後から始まります。
やはり、今作は俊一が一体どう出るのか?
男同志というものに嫌悪感さえ抱き、どこかで望を受け入れていない俊一が一体どうやって、彼と恋人になるのか、とにかくそれにつきます!
俊一、試練編ですww

望編にも胸が締め付けられましたが、今回も苦しかったデス。
あの事件から望はすごく成長しました。
もう前みたいに、すぐ俊一に甘えたりしない、キスもしない。
優しさや人のイイとところは相変わらずだけど、俊一が自分を好きと言わない限りはとちゃんと一線を引いている。
中々変われないのは俊一でした。
むしろ、望が甘えて来ないことでとまどいどころか、嫉妬をし、八つ当たりをし、望を苛めて傷付けてしまっている(もちろん、その後で彼は落ち込む続きのですが)
それによって、俊一も望の今まで付き合った暴力をふるう元カレ達と何ら変わらない器量の狭い男だと見えるのです。
望の優しさゆえにイラ付き、自分の想い通りにしようとした男達。。。
男同志なんてありえない。と頭から決めつけているから、でも望は本当は特別なんだよね。
それをどうやって認識させるのか、、それが見どころでした。

望を責めて傷つければ、彼は自分に甘えてくれる。
お前はどうしようもないやつだな~とかいいながら望を甘やかしていたのは自分の自己満足というか、ほの暗い歪んだ独占欲だったのだ。
でも、その気持ちがわかってない。
それを気づかせてくれたのは、小説家志望の俊一が高校の時書いていた小説。
最初、とっても雰囲気の悪い女子が出てきて俊一に絡んで小説の事をほのめかすのです。
一体何があるんだろう?と思っていましたら・・・俊一の目指すもの、好きなものの中に真実が隠れていたんだ!!
気がつくのに一体どんだけかかるんだ、俊一!と思いながら、その実、お前はこのくらい傷付いて当然だ、ざまぁ見ろとさえww

一番、タチが悪くて一番望を傷つけていたのは、俊一。
本当に酷い男だった。
むしろ、過去の大貫とか篠原とか五島のほうがどんだけイイ奴か、、だって彼等は望が変わることによって彼等もまた変わったと思うから。
変わった望をみとめられなくて、いつまでも過去に囚われる俊一だけど、その過去を思い出すことで認識するなんて、彼がいかに自分勝手だったかわかります。
望が俊一を好きであり続ける以上、俊一は生かされるんだな、、と思える結末でした。

『愛はね、』と通して本当に共感しがたい主人公達だったかもしれませんが、人間くさくていいじゃないか!!

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ