日向の猫

hinata no neko

日向の猫
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×28
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
6
得点
65
評価数
18件
平均
3.7 / 5
神率
22.2%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
¥819(税抜)  ¥885(税込)
ISBN
9784592876625

あらすじ

祖父江祐介は自分の同僚、高梨悟へと視線が向かないよう満員電車の中で必死だった。寝ぼけた挙句の成り行きで、彼に淫らなことをしてしまったので…複雑な心境の彼は関係回復を図るが…。

(出版社より)

表題作日向の猫

祖父江祐介・中堅加工食品会社の営業部勤務
高梨悟・中堅加工食品会社の総務部勤務

評価・レビューする

レビュー投稿数6

あとがきも面白い

せつない、痛い、シリアス。
コメディも入れて欲しい。

前半は、特に登場人物の心情が細かく描かれていて、キャラ立ちがしっかりされています。
「顔射」を描きたかったと作家さんがおっしゃっているように、その奇抜さや驚きがよく伝わってきました。

後半、高梨(受)の生い立ちがかわいそうになる部分やそれを知った祖父江(攻)の行動から、男前なツンデレ美形が乙女で健気な受け、ヘタレわんこ気味の攻めが頼り甲斐がある印象に変わっていくのが面白い。
イラストも美人な高梨から、可愛い高梨へと変化しています。

あとがきが面白い。
作家さんの「高梨、美人に書いてもらってよかったなぁ。」にふきました。
他にも色々。
必見です。

1

分厚さに躊躇せず読んでみて

コミカルでシュール。
序盤、ありきたりなリーマンラブがと思いきや、独特のテンポと一人ノリツッコミが凄く、思わずぷっと吹いてしまったりします。
心情ダダ漏れのヘタレワンコ×ツンデレノルウェージャンという印象。

ちょっと仰け反るような分厚い本なんですが、最後までこのノリでいくのかと思っていたら、中盤からなんだか妖しい雲行きに……。
序盤のシュールは何だったのか、という勢いで、受の幼少期のトラウマ展開が待ち受け、諍いが起こり、泥沼の末に別れてしまい、と何だか、えっ、えっ!?
と先が気になり、もどかしかったです。

ツンデレ受の部屋に攻が押しかけた時、ゴミ屋敷に埋没してた受が悶えるくらいに可愛かったです(読んでみたら分かります)
新人作家さんですが、要チェック。

0

心情が理解できる

厚めな本ですが丁寧な描写で、スルッと読めました。
攻め受けの両視点なため、ふたりの心境がわかりやすいせいかもしれません。
だから両視点大好きです!

攻めの祖父江はノンケの普通のサラリーマン。
受けとは同期で気軽に家へ泊まったり、仲の良い友人だと思っています。

一方、受けの高梨はゲイでずっと祖父江に片想いをしています。
実は過去に囚われているのですが、それを心に秘めていることが後半のキモ。

飲み会の帰りに酔っていつものように祖父江の家へ泊まるのですが、その朝はいつもと違う展開に…
祖父江に起こった朝の生理現象を、高梨が始末してくれるのです。
えっちーな感じで。

高梨は何事もなかったように振る舞いますが、祖父江は思わぬ強烈な刺激に違う世界の扉を覗き見た感じで仕事もミスばかり。
高梨を意識しまくりです。
高梨自身は馬鹿なことをしてしまったと後悔するんですね、祖父江はノンケだしせめて友達でいたいって。
でもこれがきっかけとなって祖父江は高梨に惹かれ紆余曲折でふたりは恋人になるのですが、それだけで終わらないのがこの厚さです。

後半は高梨の家庭環境が続きふたりの関係に影を落とします。
祖父江は恋人になれたことがただただ嬉しくて、世界がピンクーな感じなんですが、高梨は楽観できないのですね。
温度差あります。

この後半はひじょうに丁寧で、祖父江も超能力者じゃないからちゃんと言ってもらわないとわからないってことも共感できますし、高梨が抱えてきたものを上塗りするように祖父江にも傷つけられたことを簡単には許せないのも理解できます。

日常が舞台の作品にはこれくらい心情を丁寧に描いてもらいたいという、お手本のような素敵な作品でした。

1

野原滋 さん初読み♪

文庫なのに新書なみのお値段なので、どうして?
と思ったらとっても厚い本でした。普通の本の1.5倍くらいあります。
野原滋 さん、初めて読みました。
これは2作品目とご本人があとがきで書かれていましたが、
文章読みやすく他の作品もいけるのではないかと今から期待しています。

攻視点と受視点が交互に混ざり合います。
いきなり始まるので、攻視点かと思いきや、途中で受視点だったのね、という事が数度ありました。まぁこれはこれで野原さんの味ではないかと思います。

天然ワンコ攻とトラウマ受のコンビですが、受のトラウマが結構ヘビーで最後の方まで何が起きたのか分からない感じになっているので、ちょっと謎解きのような部分があるのですが、折角そんな作りにしているのでもう一ひねりあったら良かったなぁと思いました。

1

愛を信じきれない生い立ちが切ない

あとがきまで入れれば344Pとかなり分厚い文庫書籍、内容も同じ会社の同期で
同僚の二人の友人としてのコミカルめいた付き合いから、ふとしたきっかけで
自慰の延長みたいな事をして、一緒にいて楽しいだけだった友人から気になる存在に
そして、気持ちを自覚してからは苦悩と戸惑い、恋人関係と思えるような付き合いに
なってからのどこかで微妙に縮まらない関係からの疑心暗鬼や擦れ違い、それに付随して
明かされていく、受け様の残酷なまでの暗い子供時代、深く傷つき、傷けられ
過ちと後悔と、そんな多様な心の変化や状況がこの1冊にたっぷり詰まってる作品。

読みはじめはありがちな社内ラブなのかと思える展開で始まる。
気の合う同期で、でも実は受け様はゲイで、攻め様に片思いしてる。
攻め様は受け様と一緒にいると楽しくて、でも恋愛的な感じはないけど、ワンコみたいに
受け様に懐いてる、そして同期同士の飲み会で酔った二人は攻め様の家で泊まり込み。
それはいつもと同じだったが、一つ違うのがいつもより攻め様が酔っていて、裸同然で
受け様の布団にもぐりこんだ事から、受け様は翌朝、朝の男の健全な反応をし続きてる
攻め様を気が付いたら自慰の延長みたいにおイタをしていた・・・
受け様は一見平気な顔で無かったように振る舞うが、攻め様は動揺しまくり、仕事も
ミスを連発しちゃうくらいヘタレ全開。
そんな攻め様にしばらく避けられながらも仕事のミスが続いていることを知り受け様は
攻め様と話し合い、謝りながら無かった事にしようと・・・・
そして表面的には前と同じような関係に戻るが、今度は受け様が攻め様と少し距離を・・
そこから攻め様は受け様に対する気持ちが何なのか苦悩しながらも自覚する。

これだと直ぐに相愛でハッピーになる所なのですが、なかなか進まないのです。
攻め様の強引な押し出しで恋人同士になった後も、どこか受け様には踏み込ませない
部分があって、攻め様はその事で被害妄想的に逆上して、普段は優しいヘタレなのに
頑な迄な受け様に怒りをぶつける様に強姦まがいの行為をしてしまう。
許しを請う攻め様ですが、受け様にとっては許せることではなかった。
それは二人の関係以前に、受け様の育った環境が大きくトラウマになっていて・・・
中盤以降はかなり複雑な状況になっていくんですよね。
でも、攻め様が受け様を愛している事を再自覚し、ヘタレで、身勝手な事で受け様を
責めたてていたのが嘘のように大人の男になって受け様を大きな愛情で包み込むまでに
成長していくのです。
受け様も次第に心の扉を少しずつ開けていく過程が、受け様が過去から解放される
ように感じました。
受け様が攻め様に少しずつ甘えられるようになると見えてくるツンデレ気味の愛情や
恋愛に初心な様子はかなり萌えで、攻め様のワンコ的な愛情も良かったです。

3

コミカルかと思いきや

初読み作者さんなのですが、あらすじに惹かれて購入。
あらすじからしても、コミカルなものを予想していました。
最初はコミカルだし、2人のやりとりが結構コミカルが、
途中から、シリアスに・・・。ちょっと私には重いな~と。
家族のトラウマものは、切なくなってしまいます。

ノンケな祖父江は、気が合うなと思っていた同僚を家に泊めたところ、
酔いもあって、泊めた同僚高梨にお口でされてしまい、ガンシャを・・・。
という始まりです。そんなきっかけで、お付き合いするようになって
いきます。祖父江は直球な性格で、おつきあいでルンルンしているんですが、
高梨は、いつも別れたときに傷つかないようにと考えて行動してしまっています。
祖父江にとっては、それが許容できないわけなんですが、
そんな思考は、高梨の育ってきた家庭環境が関係しているのでした。

基本的には、祖父江が直球ポジティブワンコなので、
2人のやり取りがコメディーです。
ノリノリだし、楽しいです。
ただ、個人的には、そのままコメディーで行って欲しかったな~と思うわけですよ。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ