オトナの放課後

オトナの放課後
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
7
評価数
3件
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784832287617

あらすじ

超セレブな名門大和学園に通う社長子息の家庭教師を買って出た八十島。生徒に対する秘めた許されない衝動を体だけの関係と割り切って自分に好意を持つ同僚の藤島にぶつけていたが!? エリートリーマンの恋情を描く表題作ほか、生徒会役員、ドS教師など学園の個性豊かなキャラ達も欲望解禁!! 描き下ろしも収録したオムニバス・ラブ★
(出版社より)

表題作オトナの放課後

伊勢
鹿島

その他の収録作品

  • 秘め事は放課後に
  • ハレム・コンプレックス
  • 放課後は絶対服従
  • はじめての放課後

評価・レビューする

レビュー投稿数2

んー

短編集です。
全体的に、ストーリーが趣味じゃなかったです。
色んな誤解はしてるんだけど、最初からラブラブなのが見え見えなカップルばかりなので、いまいちストーリーにノリきれなくて…。それぞれが抱えてる悩みの内容も、テンプレの域を出ない感じ。
あと、「誰かに見られるかもしれない」ってことに興奮するという露出系のエロが多いのも、私の萌えポイントからはズレてました。

『放課後は絶対服従』の中の子供時代のエピソードは可愛くて好きでした。

1

危ない放課後w

基本的に、ちょっとずつリンクしたキャラクターたちが織り成す短編集であります。
久しぶりに神崎さんの漫画よんだけど
相変わらずだな~という感じがしました(*´・∀・`)з
もちろんイイ意味で。

>>秘め事は放課後に
従順なペットが欲しい先生と、それに仕立てられていく受というところなのですが、校内に複数そういう子がいるっていのがすごいわ。
個人的には、あんまり従順すぎるのも可愛くないとは思うんだけどな。
デレデレなのに、ツンを演じたがる子とかちょっと可愛いと思うw
今回は、弓道部の顧問に強引にさせられた日、綺麗な黒髪の少年にシンパシーを感じた。それを従順に従わせたいと思う教師~のお話。
なのだけど、なかなか従順にならないから~と手をやいて、な場面が多々なのです。
黒髪で、ほんのり髪の毛パッツンっていうのが妙に萌えました。
従順になりきれない受なのですが、独占欲は人一倍。
先生の興味を引くために、先生のペットを自分のものにしてみせたり=と、思わぬ展開が面白かった。最終的にはリバとか個人的には希望ですv

>>ハレム・コンプレックス
最初の話の先生が最後に口に続きした名前の新入生くんが受の話。
ここはなんだかんだでラブラブでしたね。
兄貴が隣にいると、声を抑えてのプレイ。
結局兄側に聞こえていたのか否か。兄が弟を好きであればいい
なにか事件が起こればいいとおもった私っていったいorz

>> 放課後は絶対服従
受の子が、やりたいやりたいやりたい!
ガツガツしててよかったですw
攻ももちろんnやりたいが、幻滅されたくない、きらわれたくない。
もろもろ~な部分あわせて面白かったです。
というか、受がたくましすぎる。
次回はリバってくれるらしいので、是非誌上でお願いします。

>>オトナの放課後
ここもなんらトラブルなくてよかった。
済ましたオトナの攻だったんですが、まだ幼い少年(上記カップルの攻)に片想いをし、きちんと少年だから手を出してはいけない。
そんな考え方がちょっと面白かった。
BLなんて読んでたら、好き=強姦(和姦?)につながるパターンがおおいなか、ちょっとよかったですね。
体はきちんと別の男で処理している。
その処理の対象になっている男も結局は相手を体の相手にはできないと分かっているから満足そうに腰をふる。
よきかなよきかなw面白かったです
「君は僕とセックスしてればいいよ」名言w
精神的に攻守逆ってのがいいですよね

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ