汝の隣人を恋せよ

nanji no rinjin wo aiseyo

汝の隣人を恋せよ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
18
評価数
6件
平均
3.2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784199006227

あらすじ

ここから人生の再出発だ──婚約者に振られ、独り新居に越してきた潔水(きよみ)。けれど新しい隣人は、何の巡り合わせか元恋人そっくり!? しかもその青年・剛健(ごうけん)は潔水に一目ボレ!! 口実を見つけては訪ねてきて、ついにある夜、乗っかられて超絶技巧でイカされてしまった!? 「キヨちゃんって呼んでいい?」ちょっと天然だけどエロ可愛い──そんな剛健に、生真面目が信条の潔水も調子を乱されて!? 
(出版社より)

表題作汝の隣人を恋せよ

お堅い会計監査院職員 橘潔水・28歳
攻様の隣室に住むエロマンガ家 亀倉剛健・27歳

その他の収録作品

  • 人は恋のみに生きるにあらず

評価・レビューする

レビュー投稿数4

コミカルのテンションがちょうど良い

表紙カップルの中編2作品が収録されています。

「汝の隣人を恋せよ」
真面目な公務員の潔水(攻め)が主人公。
婚約者にフラれて引っ越ししますが、ペットの亀・ケントは行方不明になるうえ、隣人とひげマッチョの関係が気になってしまいという話です。

「人は恋のみに生きるにあらず」
エロ漫画化の剛健(受け)が主人公。
潔水に相応しい恋人になろうとエロ漫画誌でなく青年誌への連載を引き受けるのですが、編集の小峰には迫られ、潔水はインポになってしまうという話です。

コミカルテイストの作品って、面白いけれど登場人物たちのテンションが高くて、ついていくのがちょっと大変というものもあるのですが、この作品は自分にはちょうど良く、笑いを狙った感じがしなくてとても楽しかったです。

いつでも真面目で誠実な潔水には好感を持ちましたし、「立派な人を好きになったから自分は大丈夫」という剛健は健気で可愛らしかったです。
続編の、剛健が仕事で忙しいから断るのでなく、潔水の方がという展開が予想外で面白かったです。

イラストも作品の雰囲気に合っていて素敵だと思いました。ただ、表紙やカラーイラ続きストのような前髪ピシーッの潔水が挿し絵でももっと欲しかったです。剛健を助けに来るワイルドな潔水との差が見たかったので。

0

受けのこの職業が多すぎる

うーん、ちょっと乗り切れず…
受けさんの職業のBLはひじょうに多いと思うのですが、若干飽きてきてしまいました。(すみません・汗)
お話は受け視点と攻め視点の一本ずつ。

*********************
攻めの橘は、その性格の生真面目さから婚約者に振られ、傷心のままお引越し。
お仕事は会計監査員という、結婚するには美味しい物件のはずが…

受けはエロ漫画家の剛健(この名前は攻めでは…)。
美形ゲイで、そのテクニックも抜群。
ピンク色の脳の持ち主ということで、欲望にも感情にも忠実です。
*********************

お話は、あらすじまんまです。
ある意味、素晴らしいあらすじのまとめ方かと思います。
読まなくても内容がわかってしまうという(苦笑

なんといいますか、橘の堅物ぶりは確かにすごいです。
こんな人が職場にいたら面倒くさいだろうなあというレベルの。
でも、結婚するには良い気がするんですけどね、まあ個人的感想ですが(笑

先に書きましたが、この職業設定(しかも受けがというのが多い)はちょっと飽き気味です。
多分、作続き者さんが内情を知っているので書きやすいのかとは思うのですが。
あとこの作家受けに謎の訪ね人がやってきていて攻めが「気になっちゃうんだよー!」という設定も、2〜3冊は確実に読んでいます。
じゃあ買わなきゃいいじゃんと思いますが、随分前に買っていたんです。
それを最近になって出してきて読んだので、買った時の気持ちとズレてしまっているこちらの責任もありますね。
ただ、鳩村さんなら他の設定でもいけるのになあと残念な気持ちもあってのこの星です。
期待し過ぎてしまいました。

乗り切れなかった原因はイラストの和鐵屋匠さんが個人的に、あまり好みでない(すみません×2・汗)からというのもあります。
橘はかなりイメージにあった堅物!って感じで良かったのですが…

1

期待値が高すぎました…。

表紙に惹かれ、あらすじでおぉっ!と思い手に取りました。
でももうちょっとコミカルな感じなのかな?とかミスターニードルというくらいだからもうちょっと生真面目な感じで葛藤とかすれ違いとかくっつくまでのわたわた感があるのかな?っとか勝手に妄想を膨らませて過ぎました(笑)
受けがちょっとおバカな感じなのでそこがコメディ色出てますけど、基本サクサク、きゅんっと進みます。
読みやすいです。
わりとあっさりくっついちゃうので、もうちょっと全体的に掘り下げてもいいかとも思いますが、これはこれでありです。
話的には後半の方が好きです。
腹黒くなったミスターニードルに萌えですw

0

天然×天然のいい具合

マンガチックな和鐵屋匠さんのイラストに、かなりコミカルなお話ではあるのかな?とは思いましたが
確かにコミカルで軽さはあるんですが、その文章のうまさ、決して軽さを感じさせない彼等の性格づけの特徴が織りなす軽妙なやりとりと気持ちの変化が実に面白く、なるほどなーとうなづくことしきりでとってもとっても「イイ」ラブコメだったなという感想です。
受けの職業がエロマンガ家という設定は、BL作家さんにもある種通じるスタンスがあるのかもしれなくて、そこの捉え方がきっとうまいんだろうなとも思います。
そんな小難しいことを抜きにしても、とにかく楽しく面白く読める秀作でした。

「ミスターニードル」と呼ばれるとにかく固い会計監査院の橘が、その性格がどうにも我慢できないと結婚を破談にされた彼女をふっ切るために新しく購入した中古マンション。
その隣人になったのがエロマンガ家でフェネック似の亀倉剛健。
橘が元カノからもらった亀のケントが行方不明になったのを、親切に一緒に探すのを手伝ってくれたのが縁で、本当は近所づきあいが面倒でうっとうしい橘が、元来の几帳面さからそれを避けられずにご近所付き合いに巻き込続きまれていき、剛健に興味を持ち始める。
といったきっかけです。

剛健の名前、すごいごついですよね!でも動物のフェネックを昔飼っていてしかも似てるっていうので、何かそのギャップが面白いというか、かわいいというかwww
エロマンガ家というのはやはりおおっぴらに出来ない職業なので、それは最初は橘にも秘密なので、ご近所からもたらされる噂なんかもあって橘は気になっちゃうんですよ♪
彼がエロ作家だったと知った時の橘の書店でエロ本を買い求める姿がまた爆笑!!
生真面目だけに、ある種の萌えシチュエーションだったり、一体どんな羞恥プレイなんだよみたいな雰囲気を見せますw
ただ、本人に自覚と羞恥はないんです。
その本を読む姿もまた研究するみたいでとにかく、色々な面において生真面目、几帳面さが天然に映って笑いを誘っちゃうんです♪♪♪
元カノは一緒に暮らしてみて、その性格が受け入れられなくて別れる理由になったということですが、本編中にもちょいと出て来ます。
最初、何かわけわからない理由だな~?ただのワガママなんだろうか?と思ったりもしたのですが、これはやはり相性でした。
与えられるばかりじゃ満足しない、与えたいと思うのに、それを屁理屈めいた理路整然とした理屈で拒否されれば萎える。
いい人なんだけど、、、というのはよくあることで、決して女性がわがままなわけじゃない。
素直で天然なんです!(ある種イタイとも言う)橘が。
そして、剛健もとても素直で天然。
同じ特徴同士なのに、その特徴が出る場所が違うんです。
何か新鮮な組み合わせというのが、一番の魅力を感じさせる部分なんだと思いました。

『人は恋のみにて~』では恋人になったその後。
恋する愛する男になったがゆえに、橘が随分(多分剛健限定)で人の気持ちを考えるようになったと思うんですよねv
この編は剛健視点になり、彼の出来事が中心になります。
エロマンガの剛健に大手出版社から青年誌を創刊することになったので、一般作品を執筆してほしいとの依頼がきます。
その日をきっかけに、なんと!!橘が勃たたなくなっちゃうのです!
一体どうして?何故?
一見、不能に無関係なような内容でいて実は、、、なところがあった展開に、おもわず「おぬし、やるな!」て呟いておりましたww
身体は正直ってことでしょうかw
特に橘みたいな生真面目几帳面には(爆笑!)それが天然だったからね、、わかんなかったっていう。。。

とにかく冒頭に上げた特徴につきます。
極端に嫌味になり過ぎず、適度なデフォルメで、でもこういう人っているよね、みたいな親近感も持たせて飽きさせない。
本当!話が上手いな~って改めて思った作品でした。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ