「銀杏と男」 ビーボーイノベルズそれでも愛してる書き下ろしショートストーリー

「銀杏と男」 ビーボーイノベルズそれでも愛してる書き下ろしショートストーリー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
小冊子
出版社
リブレ
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
それでも愛してる

表題作「銀杏と男」 ビーボーイノベルズそれでも愛してる書き下ろしショートストーリー

日本画家 辻聡文・25歳
老舗百貨店外商員 有田健一・38歳

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ほどよい距離

最初の出会いから5年後の二人です。
相変わらず生活がだらしない(やりっぱなしとかそういう)辻なんだけど、放浪癖があって、いつも一緒にいられるわけじゃないから、ブツブツと文句を言う有田はまるでお母さん(w)みたいだけど、そこはかとなく、落ち着いたなごやかな雰囲気が漂う。
でもそれが、ふとした瞬間に甘い時に変わるのですが、何だかこの空気感が実にうまく伝わってくる。
離れすぎずくっつきすぎず、辻は執着愛に苦しめられた過去もあり、また、有田も淡々とした人だから、いつも一緒にいるわけではない2人の関係は、丁度いいものなのかもしれない。
本編でも辻は有田に「愛してる」の言葉を伝えなかったけど、辻の言い分・・・
「愛してるじゃ足りない」
「あんたじゃなきゃダメなんだ」
「あんたのところ以外は帰る場所がない」
これ以上の愛の告白はあるでしょうかw
有田が一方的に見えた本編恋愛も、こうして番外でそれ以上に2人は結びついているだな、ということを認識させてくれるひとコマでした。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ