知らぬは おまえばかり

shiranu wa omae bakarinari

知らぬは おまえばかり
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神16
  • 萌×26
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
11
得点
123
評価数
29件
平均
4.3 / 5
神率
55.2%
著者
 
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
バーズコミックス・リンクスコレクション(コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784344822689

あらすじ

大学生時代、同じサークルの芳川と、酒の勢いで体の関係をもってしまった和有希。社会人となった現在でも関係は続いていたが!?
(出版社より)

表題作知らぬは おまえばかり

大学で同じサークルだった会社員 芳川泰紀
ゲイで男運の悪い会社員 小宮和有希

同時収録作品おとなりから恋のおと

小野春生 アマチュアバンドマン
古川幸成 リーマン

同時収録作品だから顔も見たくない

笹山唯
片岡武 

その他の収録作品

  • 彼のみぞ知る
  • なのに手も触れられない
  • みんなのおと
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数11

丁寧で感動的

ノンケとゲイの、一見不毛な恋を描いた作品。
お話は地味なのにとても心理描写が丁寧で引き込まれました。

攻めの芳川はチャラくて、遊び人な設定なのですが、しっかりした人間で誠実なのが良かったです。
そんな芳川に恋をしてしまった和有希ですが、女だったら良かったとか、男同士の恋なんて重荷を背負わせたくないとか、同性の恋では必ず悩むであろうことをやはり悩んでいて、それにきちんと向き合っています。

ライトな作品をさらっと楽しむのも好きですが、こういう「男同士で恋すること」での悩みをしっかり描いた良作は、何度出会ってもいいなあと思います。
男同士ではちゃんと付き合えない、軽い付き合いになる、いつでも別れられるようにしておく、という和有希のスタンスもわかります。
それを、「男同士でもちゃんと付き合える」「親に挨拶してから迎えにくる」というリアルな説得力は逆に攻めがノンケだからなのかもしれないと思いました。

末永くお幸せに、と思えるカップルです。特に和有希には長い間思い悩んだ分、幸せになってほしいと思いました。

3

こにしそる

詩雪さん

こんにちわ^^コメントをありがとうございます。
私はノンケに不毛な恋をする・・・という設定が大好きなのですが、「男同士だから」という葛藤をちゃんと描いた作品って意外と少ない気がします。
この方の作品を全部は読んでないのですが、心理描写が丁寧ですよね!

詩雪

こにしそるさん

こんにちは~♪
こちらの作品、私もとても好きな作品でして、レビュー読めてうれしいです。BLで挨拶に行くといえば、この作品をよく思い出すんですよね。コミックスのタイトルもいつも素敵で、この方の作品はどれも心に残っています。朝からすでに読みたくなってきてしまった!
ありがとうございます。

ほどよい切なさと甘さ

まず書店で表紙に惹かれ購入。
ミナヅキアキラ先生の作品はこれが初めてでしたが、絵がとても好みでした。
受けが女々しすぎず、男っぽさもあり理想的。

表題作はゲイの小宮のひょんな誘いから始まる小宮と芳川の体の関係。

自分の今までの恋愛経験から恋に臆病になっているも芳川への想いが募る小宮と
ノンケだったはずがいつの間にか小宮に恋をしていた芳川のすれ違いが切ない作品です。
芳川に自分と同じような想いをしてほしくないと泣く小宮のシーンが印象的でした。

心理描写、ストーリーなどどれをとっても最高です。
久しぶりに面白い!と思える作品に出会えました。

2

ベタベタ

ミナヅキアキラ先生の作品は面白いですね。

女にモテモテな芳川が女は飽きた、小宮がじゃあ男はどう?的な感じから始まります。
「小宮がこんなにエロいなんて知らなかったわ」
「だって誰にも教えてないもん」
セックス最中の会話です。小宮が小悪魔過ぎます。

二人はどちらかに恋人出来るまでのセフレとなって2年がたちます。いつの間にか小宮が芳川へ恋をしちゃうんですね。

もう終わりにしようと小宮が言い出したら、芳川が怒って無理矢理やっちゃいます。

恋に臆病になり本気になるなんて馬鹿だと思うようになっていた小宮の心情を考えると切ない。
自分の気持ち押し殺して、それでも相手が嫌な思いをしないようにって考えちゃう小宮が可愛い。

小宮の両親に挨拶に行ってベタベタカップルの誕生です。(ほぼ、芳川がベタベタ)

1

エロもあって普通にBLっぽいお話

この作者さんのコミックスはニ冊目。
前に読んだ物よりも、エロもあって普通にBLっぽいお話が収録されていました。
表題作が一番好きかな?
でも、いきなり自分が知らない所で親にゲイだってカミングアウトされるのは嫌だなあ。
一番萌えたけれど、一番「え?どうなの?」と思った話でもありました。

絵がとても上手い方ですよね。
コントラストの強い絵は何より好みだし、雰囲気も好き。し、しかし、惜しいかな、一番重要なキャラの顔がどうしても苦手で。
いや、でもこの頃のが未だ癖がそこまで出ていなくて好きな顔が多いかも。最近のは、もう理由なく顔が駄目なのです。
でも、顔以外はとても好みなので、他の著作を読むか悩みます。
稚拙な絵ではないので、「慣れた!」というものでもないみたいなので。
う、うーん。

1

カバー下もお忘れなく!

【セ フ レ/幼なじみ/バンドマン×新社会人】の3CP

評判に釣られて購入。
絵が独特…正直、苦手傾向の絵です(´・ω・`)
でも読んでるうちに絵の好みなんてどうでもよくなりました。
心理描写や話の流れがすっごく良いのです!
カバー裏の4コマも面白いですし、買って良かったと思います。

■知らぬはおまえばかり/彼のみぞ知る■
芳川 泰紀(社会人)×小宮 和有希(社会人)

大学時代に酒の勢いで同じサークルの芳川を誘った和有希。
過去に苦い経験をもつ和有希は、一夜限りなのだからと、何も知らない芳川に自分が気持ち良くなるよう都合のよいようにやり方を教えた。
しかし社会人になってからも関係は続き、いつしか恋人のように優しく接してくる芳川に戸惑い…。

思いが通じ合ったあと、そわそわしている和有希がほっぺにチューされて真っ赤になりながら「何これ死んじゃう」ってなっているのを見た私がキュン死にさせられるわっ!とツッコミたくなる和有希の可愛さε=(///ω///)=33
付き合い始めたら芳川がベッタベタに甘やかすのがイイ!
んで気持ちを伝えてない状態でずるずるき続きちゃったことを後悔しているのもイイー!!
ただ勝手にお母様にカミングアウトするのは如何なものか…(;´Д`)

■だから顔も見たくない/なのに手も触れられない■
笹山 唯×片岡 武
(高校生同士→大学生×専門学生)

高校生最後の夏休み、ずっと親友だった唯から突然告白された武。
失恋直後、受験…と時期も重なって武はどうしていいか分からず、唯と距離を置くことに…。

一話目は攻めがひたすら無視されまくっていて可哀想なんですが、その行為に対しての落ち込み度合いは受けの方が大きそうな感じ。
男である自分がずっと唯のそばにいる方法は友達ポジションぐらいなのに人の気も知らないで…(´・ω・`)ってぐーるぐる。
唯の方はずっと好きだった分、こういう展開も予想していたみたいで…それもまた切ないんですけどね。
一転して二話目は楽しかったですねー(笑´∀`)ヶラヶラ
唯がどうにか一線越えようと模索するんですが、武のことで頭がいっぱいになりすぎて日常生活が危ういよwww
(武のことを想っての)熱烈な眼差しを受講中に教授に向けすぎて「…!!まさか私を?!」とワナワナさせたり(*ノ∀`)ノ゙))アヒャヒャ

■おとなりから恋のおと/みんなのおと■
小野 春生(社会人、バンドマン)×古川 幸成(新社会人)

隣人の騒音に悩まされていた幸成が勢いに任せて苦情をぶつけてみると、意外にも相手は良い人だった。
音楽の趣味で意気投合したこともありだんだんと親しくなっていくのだが、いつの間にか小野が気になる存在になっていて…。

よく考えたら春生さん「モテない」とは言ってないんですよね。
「すぐフられる」=「長続きしない」だけで…やっぱこの人モテるんじゃないかしら?ヾ(≧∇≦)
優しくて大人しそうな春生さんが幸成くんを部屋に引っ張り込むあたりにドキドキ(///△///)

1

このくらいの甘さが丁度良い。

特に表題作が、甘党にはたまらない傑作です。

話の中ほどで、和有希が芳川につきはなされるところが、ぜんざいに添えられた塩昆布のように、読み味を引き締めたうえで、その後のたっぷりと甘い展開を一層際立たせていて効果的です。

間を置かず、芳川の方から和有希を追いかけてきてくれたのも、長すぎる焦らしが苦手な私には程よい加減でした。

エロ場面の描き方も、和有希が食べられそうなほど可愛がられている感じがひしひしと伝わってきて、素晴らしいと思います。

私にとっては「エロエロ」でした。










1

可愛いです

本屋さんで見かけて何気なく購入しました。

1ページ目から事を致していたり、絵柄がいまいちツボに入らず、う~む、と思いつつ読みはじめたのですが。萌えました!!3つお話が入っているのですが、どのCPも可愛いです。

表題作「知らぬはおまえばかり」
大学のサークル仲間 チャラ男・芳川×小宮
お酒の席での流れで何となく始まったセフレの関係。チャラ男の芳川とのこんな関係はすぐに終わるだろうという小宮の思惑とは裏腹に2年も続き、芳川に惚れてしまった小宮くんはセフレという関係を辛く思うようになり…。
という王道なストーリーなのですが、何とも引き込まれます。
小宮くんがね、可愛いんですよ。大事に抱いてくれる芳川が自分のことを好きなんじゃないか、そんなわけないのに。とか。「俺が男じゃなかったら」とか。小宮くんが泣くシーンがホント、可愛いです。
芳川と付き合う前にした恋愛が酷いものだったこともあって、甘えたり、相手を信じたり、そういうことができなくなってる小宮くんにキュキュ~ンと来ました。
で、チャラ男だと思ってた芳川くんがね!君は漢だったよ。

2話目「だから顔もみたくない」
続き
幼馴染かつ高校の同級生 唯×武
出来上がるまでと出来上がってから事を致すまでの2話入っています。
友達だと思っていた唯に告白されて動揺しまくりの武。
今の友達としての関係を壊したくない。ずっと一緒に居たい。でも男同志の自分たちが一緒にいるためには友達としているしかないだろ?なんで好きなんて言うんだよ、と。
でもその枠を壊して、気持ちを伝えてきた武と思いが通じて、ほんとよかった。ああ、青春だね~~。若いって素晴らしいよ!とオバサンはしみじみ思ってしまった。

3話目「おとなりからの恋のおと」
アパートの隣人 バンドマン・小野×会社員・古川
夜な夜なお隣から聞こえてくるベースの音に悩まされ、本人にクレームを言ったところから始まる恋です。
早々に相手に恋愛感情を認める小野に対して、ニブチンの古川くんが非常に可愛かった。書きおろしで、音に敏感になってる古川くんが流されそうになりながらも「ホテルに行きましょう!」というところがツボでした。
そして古川くんと付き合うようになり、髪を切り、ヒゲをそった小野さんが。非常にかっこよかったです。

カバー下の攻め二人ががっついてるところもウケました。

3CPともに可愛かったのですが、表題作が非常にツボだったのでこれで丸々1冊にしてほしかったので☆4つにしました。

初ミナヅキさん作品でしたが、違う作品も読んでみたいと思います。

3

タイトル通り

表題作品はタイトル通りって感想がピッタリな作品でした。
ちょっとしたきっかけで、大学時代の同じサークル仲間の攻め様と関係を持ち
その後、恋人でも友人でも無い、セフレみたない状況で2年間週末にホテルで
抱き合うだけの関係が続いている。
受け様は元々ゲイで、攻め様と関係を元前に付き合っていた男たちとの関係に
諦めにも似た、所詮遊び止まりみたいな付き合いに終始していて、男同士の
本気の恋愛なんて無理だと思ってる感じです。
だから攻め様とのことも、同じように感じていたが、長い月日の中で確実に
攻め様への思いが育っている。
その思いを自覚するとともに、今までの関係が苦しく辛いものになって来て、
受け様はセフレ関係の解消を決める。

そして、攻め様のとる行動がまさにタイトル通りで、受け様も気づかない
知らないうちに、受け様への思いが攻め様だって育っていて、受け様が
思う以上に愛情を持って受け様と2年の月日を共にしていたと言うようなお話。
恋愛に良い思い出が無い受け様を甘やかす攻め様、後半ベタ甘です。


2

甘いけどそれだけじゃない

これまでのミナヅキさんの暗く陰鬱なイメージから脱したようなこの作品…特に表題作ですけども、こんだけいちゃこらしてるのになんだこのカルト的な魅力。
何度も読んでしまいました。
サスケがいっぱい!と思うのは私だけか?とにかく受けの猫のような可愛いさに、攻めと一緒になってデレデレです私が。
大学のサークルの飲み会のときに勢いで始まった体だけの関係を、2年も続けている二人の、ちょうどここが分岐点。
ありがちな設定ではあるけども、饒舌なモノローグに引き込まれてしまいます。
好きだけど気持ちを伝えてはいけない。好きになってしまった相手を、自分と同じように笑いものにさせてはいけない。ってどんだけ健気なの!
ぐるぐるネガティブに思い悩む受けに対して、わりとあっけらかんとした攻めだからこそ、お話がすいすいと進むわけです。うれし泣きの顏も可愛い受け君でした。

2話目は、卒業半年前の高校3年生の二人。小学校からの親友に告白され、悩み戸惑い、葛藤しながらも答えを出すおいしい青春もの。
3話目は、安普請なアパ-トの隣同士に住んでいる山猫ちゃんのような受けとおっとりした大型犬のような攻めの二人続き。唯一年の差カップルでしたが、これまた甘々でした。
どのお話も第三の男がいない。女性もモブ程度にしか出てこない。二人だけの世界です。
それなのに退屈しない。短いお話なのに物足りなさもない。
漫画がお上手なんだなあとつくづく感心するばかりです。

3

カバー下もお忘れなく!

「格好いい攻め×可愛い受け」の組み合わせが好きな方には、
お薦めしたい作家さんですね~!

(内容については、茶鬼さんに同意(^o^)/なので省略させていただきます)

1

ラブ甘バカップル

前作といい、デビューコミックといい、切ない系が、そしてワントーンカラーが最近印象的だったミナヅキアキラさん、今回はまるまる一冊バカップル♪
デビューコミック表題の「今夜はテイクアウト」にノリは近く、また違った魅力をみせてくれましたv

表題、よかったです!
のっけからエチで始まるんですが、ああー、これ雑誌のカラーで見たかったな~!
いつも違う女子の話しばかりしてる同じサークルの芳川に、酔狂で声をかけたのが始まりの2年のセフレ関係だったのに、ゲイの和侑希はだんだん苦しくなる一方でもう会わないと言うのですが。。。
始まりがセフレだっただけに、その境界はあいまいで、それが生み出すすれ違いと思いこみ。
一見シリアスなんだけど、その展開していくにつれての芳川の和侑希への愛しっぷりが、実に愛にあふれていて見悶えしちゃう!
和侑希も、ツンデレv
ゲイであることの背徳感を芳川に心配していたなんて!思わずその健気な愛に、なんだ、コイツ、すげっ可愛い!!と芳川じゃなくても思います。
でもね、男同志の行為がわからないという芳川に、自分のいいように思うセックスをするように調教(?)したのが続きよかったと思うんだよねwwwと、ちょっと意地悪く考えても見たり(ニヤリ)

もう一本は、幼馴染で同級生の片方が「好きだった」と告白することで生まれる気まずさ。
でも、一度会話するとするすると昔の様に会話できる。
進路が分かつ時、やっぱり離れたくないと・・・
2話構成の前半は、そんな青春期の戸惑いが描かれているのですが、2話目の遠距離恋愛になってからのは・・・・またまたかわいい!!
ふれあうきっかけを探そうとする二人にキュンキュンしちゃいました。
初々しいですっ!!

ラストは、隣の部屋から聞こえるベースの音に睡眠不足を被って苦情をぶつけた相手が、自分の好きな音楽を聞いていたことから仲良くなって・・・なお話。
ここでは、何と言っても”手フェチ”でしょう!!
ギターを教える時、後ろから抱き込むようにして、、というシチュエーション、これ完全萌えシチュですよねv
そして、ギタリストの手って、絶対ムラムラくる対象だと思うんです!!
そんな部分が非常にツボ押しました☆☆
恋愛中身としては、、、声が聞こえるのはNGっていうのが、なんとも面白いw

全体的に軽くて、明るくて、とっても読みやすい一冊です。
初期の絵柄が見られたのも新鮮です。

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ