やさしいエピローグ

yasashii epilogue

やさしいエピローグ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神26
  • 萌×215
  • 萌3
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
12
得点
201
評価数
46件
平均
4.4 / 5
神率
56.5%
著者
 
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
バーズコミックス ルチルコレクション (コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784344822665

あらすじ

東京での仕事がうまくいかず田舎に戻り、給食のお兄さんをしている直也が出会ったのは「総長」と呼ばれている男・野島で。
(出版社より)

表題作やさしいエピローグ

元マフィア組織野島会総長 野島渉
栄養管理士を目指す給食のお兄さん 甲田直也

その他の収録作品

  • AM6:00のエピローグ
  • インターバル
  • エピローグのエピローグ
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数12

コメディ度がツボでした

主人公はヤクザも恐れるという元裏社会の総長(野島)と田舎の小学校の給食センターで働く青年(直也)。
なのですが、裏社会という感じはほぼ全くしなくて、全体を通してほんわか、そしてコメディに溢れる作品でした。
主人公2人とも天然な所があるのですが、意外にも野島の方がその度合いが高いように感じます(あくまで直也に対してですが 笑)。
裏社会で現役時代に恐れられていた野島が直也に出逢ってどんどんデレデレになっていく様子は可笑しかったです。
恋愛面では中々距離が縮まらない2人にジリジリしながら、最後まで笑いが尽きなかった作品でした。

2

やさしいお話

ほんわか可愛いお話でした。
総長だけどおばけを怖がったり、可愛らしい面が度々見える渉さんに頬が緩みます。
優しい人たちがたくさん出てきて、その中で育まれていく小さな恋にきゅんきゅんしました。
受けの直也くんを好きになってからの渉さんが大変愛くるしいです!
出張先のベッドの中で「会いたい」と仏頂面で考える渉さんなど、とても可愛いです。
好きあっているのになかなか先に進めない二人にやきもちしました(笑)
タイトルの通り、優しくあたたかな気持ちになれる一冊です。

1

乙女な総長

モチメ子さんの作品は初めて拝読しました。いや~癒し系って言うんですかね? じんわり面白く、ちょいちょい可笑しく、けっこう胸きゅんできる素敵な作品でした。絵自体は好きなタイプではないのに何度も読んでしまいます。どんどんヘタレかつ乙女になっていく総長が可愛い!

読んでいくと、中盤あたりでタイトルが秀逸だなぁと感じました。野島総長にまつわる前日談のほうがドラマティックなはずで本来ならそちらにスポットライトが当たりそうなものなのに、地味な直也くんを主人公にしているところが面白いです。

野島総長を野島裕史さんが演じたことでも話題の(?)CD化作品も完成度が高くてオススメです!

1

かわいくて面白い

何度読んでもほっこりした気分になれる一冊。本当に可愛らしい二人。
直也くんが好きすぎる渉さんの暴走っぷりがたまらん!仕事しろ(笑)ようやく結ばれるシーンが、呑気にウグイスの鳴く中、パンツを届けにきた直也くんに「シンデレラの王子様みたい」って…面白すぎるやろ!

脇キャラも素敵。津久井はかっこいいしツッコミ的確だし、中野はウザいけどいいやつ。総長命なのにちゃんとバイト行って頑張る中野えらい。

絵柄が簡潔な細い線なのに、裸が妙に生々しい、ケツとか。エロシーンは全然エロくないのに萌える。不思議だ〜。

1

別れた妻とスカイプ中、が好き


久々に読み返して、本当に残しておきたい言葉が沢山あるやさしい作品だと再確認。
直也くんのような、落ち着いていて惹かれるけれどちゃんとしっかり者でしたたかなタイプもよくよく考えてみれば珍しいし、渉さんは本気で攻められていいと思う程あざとくヘタレを極めてる。
AM6:00~の二人はどっちがどっち…と思いつつ頁を捲った「インターバル」のモチメ子さんの言葉にくすり。初見時は私も予想があった筈…

先生の作品はどれも"BL"に捕らわれないやさしさに溢れていて、題に関してはあとがきで一瞬の後成程、と頷いていました。
男なのに…って悩んでいる登場人物を、素直に可愛いな、頑張れって思える。それが読み手に限らず主人公の周りにいるやさしい皆さんも同じなんだな〜って。

出会いや、人を想うことを大切にしたいと思う一冊です。

1

ほんわか

田舎のスローライフがベースのほのぼの系BLです。
正直あんまり萌えはしませんでした・・・というのも、どちらのキャラも受けっぽく絵柄もかわいい感じで自分の趣味とは合わなかったように感じたからです。なので逆にそういうテイストが好きな方にはいいと思います。
攻めキャラはもちろん和服の方ですが、キャラが濃くありつつも受けの尻にひかれている感じはかわいいです。
またスピンオフは恋愛描写少なめで受け攻めも決まっていないみたいですがほのぼのでよかったです。私的にはおじさんが受けです(笑)。

2

可愛かった笑

ふわふわとした可愛い絵柄と裏腹にコミカルに進んでいくお話。
なんというんでしょうか、特に狙ってギャグって感じではないんですが、なんか面白いwww
お話もシリアスでうるっとくる………と思いきや下ネタでつい笑ってしまう、そんな一冊でした。
もう終始可愛かったですね笑

攻めが攻めっぽくなくネコが2人でじゃれあってる感じがしました!わりと下ネタ連発してるのになぜか嫌悪感はない、さらりと読めます。

ただひとつ不満をいえば、最後の方頑張って話を詰め込んだかな…と思いました。
あらよっというまにぽんぽんぽーんと話が進んでしまってちょっとびっくり笑
もうちょっと詳しく描いてほしかった!!

でもわりとお気に入りの作品です。
可愛いBL大好きな方は是非是非読んでみてくださいな♡

1

不可思議な泣ドコロ

電子書籍の試し読みからして、何やら魅力放出していたこの作品ですが、狙いすまして購入して一読後、これは予想を上まわる秀作!と思いました。
二回三回と読み重ね、コトある毎に泣きました。登場人物の皆がすべて善人です。鄙びた地方での描写も頷けます。それぞれの登場人物に独り言を語らせ、その背景と性格を読者に植え付け、その勢いのまま作者のテンポに嵌められました。この絵柄で?!(白っぽいというだけで、人物の描き分けは出来ています!)というギャップに敗北感を覚えます。
都会に出たものの、負わされるものの重さから故郷に逃げ帰った青年。その青年の生い立ちを知っているからか元々なのか温かく迎え助ける友達とその母親。逃げた青年が一時は関わっていた組織の中の三人。相手を思いやるが故にすれ違ってしまう想いをスリリングに描かれて、青年と組織(ヤクザもビビる裏社会一千人の組織)の元総長の思い込みによってドタバタと話が進んでいきます。エロ度は低いのですが、人情味で泣かされているウェット感で補われています。泣かせる人物設定だけでなく、絶妙なテンポ感に作家さんの才能を感じます。
さらには、既に解散してしまった組織の元続き総長を慕う中野という人物が僻地のコンビニで人気者となるお話までふくらませてくれて、ここでも「あるある!」と泣かせてくれます。
話の中のストーリー設定どうこうではなく、人物設定だけで完成されています。後半、主カップルの同衾に至るまでの時間経過の中に元組織の2人の舎弟の別シーンをからませてサバサバと見せるくだりは軽妙洒脱。どこの名映画だと思わせます。
元総長がなぜか(ホントになんで?)和服を着ていることが多いのですが、長襦袢の襟が色物になっていることが嬉しかったです。男性和服では白襟は新郎だけのものですから。

2

テンポが絶妙。

モチメ子さん、今までなんとなく絵だけで避けていたことを後悔しました。

ヤクザをやめて隠居した(30だからまだ早いか?!)総長が、田舎でネット使ってコンサルしながら生計立ててるところに、もと舎弟が集まってきたり、地元の男の子と仲良くなって一緒に住むようになったりと、とりあえず非現実的な話ではあります。

でも、現実的かどうかはひとまず置いといて。(L ̄∇ ̄)L
会話のテンポよく、ギャグも切れ味いいです。特に総長。作者さんは、後書きで下ネタ漫画と形容されてますが、総長のリビドー溢れてる感じがコミカルに描かれているので、いやらしさは感じません。(もちろんやらしいのも歓迎なのですが(笑))総長可愛すぎる!ほんと、いいキャラです。直也にはでれでれなのに、舎弟は無下に扱いすぎなところも素敵(笑)

それから、ほのぼのしたライトなお話のなかにも、直也の変化へのチャレンジと、それを心から応援してくれている周りの人間模様がとても暖かくてよかった。お話の開始から完結までの間に、恋が成就しただけではなく、直也自身が自己実現にしっかり成功していて、成功を喜んでくれる人もできているのがとても良い続きな、と。
「どんな結果であれ、そこから成長があるなら間違った選択なんてない」というセリフもグッときました。

個人的意見ですが、三浦しをんさんの小説の、テンポのよさや、根底に流れる人間愛みたいなものに近いものを感じました。

1

モチメ子さんの作品で一番好きかも。

迷ったあげくの神評価。

モチメ子さんの漫画は、いつもほんわか心温まるものが多いですが、
それが物足りなかったりもしたりして・・・
ですが今回はなんだろうなあ・・・
ほんわかな絵のタッチと展開に、コミカルすぎるテンポの良いツッコミが満載で
キュンキュンしっぱなしでした!!!
恋するってこういうことだよなああああああくあああああ(*´∀`*)♥♥
見てるこっちがもう「ほら言っちゃえよお!うああ今のはズキュンものだな!(死語?)」
なんて隣で相槌入れたりしたいくらい。
萌えました。いやーよかった!これは保存版!

主人公は都会での仕事がうまくいかず田舎に帰ってきて給食の調理員のバイトをしている
コンプレックスの塊のような青年。
ある日、町のみんなに「お化け屋敷」と言われている家の主人と知り合いになる。
主人は元あっちの世界の総長で、ムショから出て田舎を求めてやってきたイケメン。

この2人、まーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーかわいい。爆

毎日ご飯を作りに来てくれる主人公を、
ある時から性の対象としてみるようになった元総長。
もう寝ている時続きに(なぜかとなりでねる)、
ハアハアしながら服脱がしたりおったてたり乳首触ったり・・・(既にアウト)
主人公がプールの監視員のバイトしている姿をストーカーのようにのぞき見たり(笑)
いろいろもっとアウトです普通ならぶん殴られるどころじゃないw

総長を追ってやってきた元舎弟やらなんやら、人も増えて何やら楽しくなってきた毎日。

そんなとき、主人公は管理栄養士の資格を取るために猛勉強を開始する。
元総長は自分が邪魔になってはいけないと数ヶ月間合わないと心に決める
(オナニーの回数がやばくなる。末期症状がはんぱない。)
晴れて合格し、二人はずっといられるように・・・

とってもざっくり説明してしまいましたが、これは実際に読んで、
周囲の人間の的確なツッコミやら総長の変態具合やらを堪能して欲しいです(*´∀`*)

サブストーリーでは、元舎弟が好かれるお話。

いかんせん、とっても濃くてほんわかあったまる一冊です♥

2

胸の高まりがおさまらない(笑)

以前読んだことあるこの作品、見つけたので中古で買ってみました(*´∇`*)

やっぱりモチメ子作品好きだ!!
ふわふわキュンキュン系(?)が好きな人には絶対オススメです!

メインカプだけじゃなくて、周りの人達との関係性も面白い!
津久井さんが元妻とSkypeしてるとか密かに組み込まれてるとことかにほわほわする(*^^*)

モチメ子さんの百合っプルは本当に可愛らしいと思います。
大概受けが性格男前ですよね(笑)
ヘタレ攻めともまた違う、けどかっこよくて可愛いこの攻めを何と称したらいいか、誰か教えて下さい。

1

きゃわゅいぃぃ

モチメ子さんの脱力系の絵とストーリーはきっと好き嫌いがはっきり分かれるものだとは思うんですが、自分は大好きですっ♪
たまぁにちょっとブラックな風なこともあると思うんですが、今回は乙女が全開してます!
そして、何気のこの作家さんのいつも根底に流れているのは”家族”だと思うんですよね。
一緒にいる=恋人じゃなくて、一緒にいる=家族 へと割と永遠の愛情に飛ばしている。
家族というだけに、主役カプの他のとってもいい味と貴重な役割を果たす脇役もいるわけで、彼等も注目なんですv

上京しても仕事が上手くいかず逃げるようにして田舎に帰ってきて、パートで給食センターに勤めている直也。
コンプレックスの塊で、前向きに生きるのさえも辞めそうになっていた彼を立ち直らせたのは、田舎の優しい人々。
そんな彼が、幽霊屋敷と言われる家に引っ越してきて一人で住んでいる渉という男と知り合いになる。
怖がりの渉の為に、彼の面倒を見て一緒に食事をするようになる直也に、渉は段々好きになっていく。
そんな時、舎弟という中野という男が現れ、渉がマフィア組織・野島組の元総長で会った事を知る。
総長一途の中野と続き、直也に甘えん坊の渉と、まるでお母さんのような直也とのほのぼの生活が始まり、そこに渉を裏切った男・津久井も加わって、、、果たして一体渉の恋心は一体どうなるのか?

渉が元総長というには余りに天然なのんびりした乙女な男で、その過去は全然想像できません!(w)
でも、舎弟の中野の存在、そして津久井の登場によって、渉があざといだけの人ではなくて、とても人間的に人望のある優しい人だということがわかります。
それに、もう辞めちゃったカタギなんだから、こういうキャラも全然許せちゃうんです。
むしろ、その純情さが萌え素材ですv
また、直也も田舎にふさわしいぼやんとした性格で、渉の好意について全然気がつかないのが、また面白いのです。
渉と一緒に寝ていて、抱きついてくるのに「彼女とまちがえているのかな~?」なんて、思って思わず抜いて上げていた!という爆笑エピソードなんか、色々と。。。
二人の気持ちが本当は通じ合っていて、互いに喜ばなくちゃいけない場面で、まさかの!?
もうっ、かわいい!かわいい!!
互いを尊重して我慢する姿もとってもいいです。
直也がお母さんで、津久井がお父さんで、渉が手のかかる息子で、中野が・・・欲吼える犬!?この比喩には爆笑でしたw

『AM6:00のエピローグ』はそんな本編脇役の中野君に惚れてしまった男の話し。
中野、ただのチンピラ崩れかと思ったら!?よく出来たみんなに好かれる子だった!?
やっぱり、これって渉の舎弟だったからですよね。
中野に惚れちゃったおじさんも、またかわいいこと。
想いが届くといいな~と思いつつ、おじさんは受け決定だよね?

モチメ子さんの表題カプも一見ネコ×ネコな風味があって、このストーリーだと雲田はるこさんでもいけそうな、そんなほんわり、ふんわり、ほのぼの、キュンするお話で、とっても優しくなれるいい一冊でした。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ