罪な裏切り

罪な裏切り
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
7
評価数
3件
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784344822801

あらすじ

田宮吾郎と警視庁警視・高梨良平は恋人同士。ある日、高梨の元に「殺ス」と書かれた脅迫状が舞い込み…。「罪シリーズ」最新刊!
(出版社より)

表題作罪な裏切り

高梨良平(警視庁捜査一課)
田宮吾郎(商社勤務)

その他の収録作品

  • あとがき
  • 花火
  • コミック(陸裕千景子)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

シリーズのファンの皆さんに敬意を表して

2016年5月現在で17作品も出ている長寿シリーズ。CDは1作品だけ聴いたことがあるものの、原作は初めて読みました。何故このシリーズ12作目を選んだのか…我ながら謎です笑

読み終えた感想は、なんてスローペースなシリーズなんだろう!ということです。新参者が何を言う、とぶっ飛ばされそうですが、過去11作品で二人は一体どんな時を過ごしてきたのでしょう。いつまでもラブラブで初々しいこと自体は素晴らしいと思うのですが、例えば「これが2作目です」と言われても違和感のないほど物語と二人の絆に深みが感じられませんでした。セックスシーンの唐突さもおそらく様式美なんだろうなぁと。このノリで17作品…私だったら途中でリタイアします。

高梨が追っていた事件と、田宮の不気味な隣人と、送られてきた脅迫状。よく出来たミステリーならこの三つがやがて一本の線になるのでしょうが残念ながらそうはならず。はて、物語の主軸はなんだったのだろう?とちょっぴり考えちゃいました。

細かい点だと、高梨の関西弁が稀にところどころ引っ掛かりました。CDではそんなに気にならなかったのですが。

シリーズのファンの皆さん続きに敬意を表して★1つプラスです。そして、最初のレビューがこれではあんまりなので、どなたかぜひ、愛のあるレビューをお願いします…。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ