クールな作家は恋に蕩ける

クールな作家は恋に蕩ける
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784344822832

あらすじ

締切厳守、仕事も私生活も完璧な作家・押野は取材のため訪れた米国の場末の劇場で、俳優志望だという武骨な男に一目惚れされ!?
(出版社より)

表題作クールな作家は恋に蕩ける

ジャン/売れないイタリア人俳優
押野/クールなベストセラー作家

評価・レビューする

レビュー投稿数1

どこまでもクールな受けさま

ベストセラー作家の受け様の作品が縁で知り合う事になった
売れないイタリア俳優の攻め様との運命の出会いです。
受け様は、ベストセラー作家ですがかなり神経質で几帳面
あげく、かなりストイックで規則正しい生活をするお方。
そして外見はクールビューティーな美人です。
攻め様は、売れない俳優なんですがホントは名門の資産家の子息。
身分を明かさないで地道に演劇に打ち込んでます。

受け様は自分の作品が映画化されることで原作者として
配役の選定に携わるのですが、イメージの俳優には会えません。
そうした中で小さな劇場でイメージに合う攻め様を見かける。
攻め様は受け様に一目ぼれしていて、アタックしますが
受け様にさらりとかわされます。しかし受け様に会いたければ
と言われた場所へ赴いた攻め様は映画のオーデション会場で。
そして見事オーデションに合格した攻め様でしたが
受け様とは会えなくて・・・
でも、受け様が原作者と知ると希望が・・・
それから順調に撮影をしていた攻め様と受け様が再び出会う。
今度こそ逃がさないと攻め様のアプローチは激しく、
次第に受け様も慣れてきたよ続きうに相手をします。
受け様は攻め様以外にもかなり目を付けられるんですよね。
攻め様はボディーガードがわりに受け様の傍に
トラブルと攻め様の秘密を乗り越えて最後は甘い
水上ワールド全開の作品です。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ