あべ美幸が贈る運命的浪漫譚、第3巻登場!

八犬伝 ‐東方八犬異聞‐ 第3巻

hakkennden

八犬伝 ‐東方八犬異聞‐ 第3巻
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
10
評価数
2件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
媒体
コミック
出版社
角川書店
シリーズ
あすかコミックスCL-DX(コミック・角川書店)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784048546454

あらすじ

※非BL
「妖を喰らう鬼」と呼ばれる犬飼現八や犬田小文吾と、浅からぬ縁を感じる信乃と荘介。そんな折、獣憑き四家の一人・観月あやねが現れ…!?
(出版社より)

表題作八犬伝 ‐東方八犬異聞‐ 第3巻

評価・レビューする

レビュー投稿数1

朔の日になると一日眠りつづける壮介の寝顔を
「かわいい」と見つめる信乃が可愛い(*´д`*)ハァハァ
お子様モエであります。や、あべサンの描かれる黒髪でお目目くりっくり。
ちょっとやんちゃなおチビってのが「super lovers」の受と一緒だとおもうのですが
こういうね、やんちゃに見える子のいつもと違う一面っていうかですね。
や、中身は18歳なんですけどね、年相応に見える感じが(見た目と)ですね
なんとも言えずモエです。可愛いです。
そんな信乃を可愛がりまくって、過保護にしまくってる壮介ももちろんウマ
なのですけどね。なんってったってワンコに変身するなんてね、プレイも拡大するわって話でありましてねwwwwじゅるり

おいといて
今回、猿山のお話。
子供しか入れないやま。守るのは猿神。
その山にはいった大人が、生きながらに腐るという疫病につぎつぎにかかる。
呪いか祟りか。そんな最中、その山にはいった信乃は大事な壮介の玉を失くししてしまい・・?!から始まるお話。
全開わりとページが真っ黒で怖かったんですが
今回はそのわりには、ゆるかったかなと思うのです。
続き
というか、感動の再会ネタに思わず泣いてしまったよ・゜・(ノД`)・゜・
ボロ泣きだよ。唯一名前をつけてくれた相手のいうことだけ聞くよとか。
ずっと待ってたとか。
人間なんて、神に比べれば、儚いもの。
山に入れるのは子供だけ。どれだけ待っても同じ人間がもどってくることはない。
なんか思わずキュン死しそうでした。
最近こういうのに弱いな。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ