カウンセラー×ひきこもりの表題作ほか、わんこ部下×ツンデレ上司などカワえろ男子もりだくさん☆ デビューコミックス!!

こもりのもり

こもりのもり
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
16
評価数
6件
平均
3.2 / 5
神率
33.3%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
海王社
シリーズ
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~(コミック・海王社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784796401937

あらすじ

ピンポーン♪ キタ――(゜∀゜)――!!!! 待望のゲームソフト! ハンコ片手にうきうき玄関をあけたら、「はじめまして。“ひきこもりを救う会”から参りました」「…は?」親不在のある午後、俺の平和なひきこもり生活に危機到来! 爽やかな笑顔で強引に家に上がりこんできた年下のカウンセラーは最も苦手な人種。…なのに、眼差しが優しくて、触れてくる手があたたかくて、「あんた、かわいすぎ」なんて――ばかっ、俺ってばときめくんじゃないっ!!!!
収録作品:こもりのもり/こもりのもり 後日談(描き下ろし)/おいしくめしあがれ/秘密業務は昼下がり/秘密業務は昼下がり 後日談(描き下ろし)/ラブ ユー オンリー
(出版社より)

表題作こもりのもり

ひきこもりを救う会のボランティア 小林健・21歳
ひきこもり歴10年のオタク 村上亮

その他の収録作品

  • まちへおでかけ
  • おいしくめしあがれ
  • おいしくめしあがれ~それからの二人~
  • 秘密業務は昼下がり
  • 残業手当はつきますか?
  • ラブユーオンリー
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

(*´▽`*)テレテレ顔がいいよね

「なんか楢崎ねねこさんに似てるなー・・・」
とか思いつつ一読目は読み流したような気がするのですが、
レビュー書くために二度読みしてビビッときました、二方向に。

一つは頬下の赤み、「テレ」の表情が萌え脳に「きゅん」と来るのですよ。
「俺はホモなんだよ!」と開き直って強気に出るときの頬の片側だけの赤みとか、
峰と竹本のファーストキスの時のお互いのわたわたした時の赤みとか。

もう一つはやる時はやるエッチの体勢、GUSTとしては
「万全を期する」と言ってもいい確実な愛し方に「びん」とくるんですよね(苦笑)
「こもりのもり」も「おいしくめしあがれ」もエッチの前にちゃんと前戯を行い、
準備万端にやれる範囲で行うのです。
(これができないのがエッチの薄いレーベルに自分が萌えにくい理由でもあるのですが)

「秘密業務は昼下がり」が特にその傾向が強いですけどね
見た目の雰囲気を裏切る攻め受けでもあったのですが、
(意外とないでしょ、黒髪でザクザクヘアスタイルの受けは)
最初は先輩が「ローションの性能を確かめるため」に「上からのしかかって」受けていたのが、上手い事後輩続きが攻守逆転(攻め受けは一緒でも)し、普通の受け攻めを始めた途端どうもザツに見えた先輩が受けらしいエロさ可愛さを全開にし始めてふおおお!と。

「仕事なんて言い訳真に受けてんじゃねーよ」
とくるんと後ろ向いちゃうのがあまりにもえろかわいいです。
とにかくこの二人は何度も見たい。

後ろに行くにつれてどんどん好みになってくるという所が好感触です。
次の単行本、作者買いができるかも。

0

ギャップ萌え!

とにかく攻めも受けもかわいい!という印象を受けました。
どの作品の攻めも、普段のキャラとHの時とのギャップにぐっときます。
特に部下×上司の話、形勢逆転な感じに悶えます。
ヘタレわんこ×ツンデレが好きな私にとっては最高に萌える一冊でした。

ただカップリングが王道かと聞かれればマイナーな方・・・なのかな?
この人の作品はそういう面で好みが別れると思いますが、
個人的にはドツボをつかれたって感じです!黒木先生の今後の作品に期待期待です!

0

予想はしたけど、予想を裏切るwww

ちょっとほのぼの系の表紙に、帯が「ひきこもって10年、恋が突然おしかけてきました」なんて付いているから、すごくしみじみキュン系なんだろうか?って期待した本です。
ひょっとしてGUSH、表紙のソフト化を図ってる?なんて事もチラっと。。

さて、表題ですが実は描き下ろし1本がついてなかったら、実に実に残念なお話になってるところでした(自分的に)
学校のいじめでひきこもって10年、オタク生活していた主人公が、待っていたゲームの宅配だとおもって呼び鈴に出てみると、何と親が依頼した対ひきこもりのボランティアの青年。
いいんです!そこまでは・・・いいんです!
おいっーーーーーー!!!
いきなり押し倒すのかよ???
しかも男は初めてですって、、ケツの穴舐めますか(ヒエー!!)
お笑いエロにしたかったんでしょうか?それとも純粋にエロ特化にしたかったんでしょうか?
ひきこもりの心が溶ける優しいお話を想像していた身にはショックでした。
描き下ろしは後日談で、それなりにイイ感じが出ているのですが、いきなり10年ヒッキーに外で買い物は(汗、汗、、)
割とセンシティブな題材なんで、中途半続き端な扱いはせずにどっちかへきちんと方向もっていってほしかったな~という感想です。
題材は好きなんですよ。

割と一番まともだったのが、新規オープンのカフェに採用されたボーイとシェフのお話。
身体が大きくて糸目(←萌えツボ)一見もっさりで鈍そうなシェフが、気持ちの優しくて大きなゲイだった。
せっかくイイ感じで恋が実るところまで来て即エッチはどうだろうか?

アル研究室を舞台にした先輩受けの後輩攻め。
ミソは行為の際に使うジェルの開発で、製品試験をこの後輩と先輩が実地で試してるってとこw
仕事上やむなくが、感情がはいったら?なお話は後半の盛り上がりが中々に面白いのだが、これもこの後半は描き下ろし!?

ラストの1本は学園もの。無神経な恋の告白にイラつくこと間違いなし!
受けの主人公どうして許すんだよーー?と悲しくなった。

何故だか描き下ろしが面白く、肝心の雑誌掲載本編が今一つの印象というのが”あれ?”と思うので、雑誌では相当損をしているな~と思う。
まだ作者さんの初単行本だし、持ち込みで採用された方のようなので、きっとこれからまだまだ成長するんだと思います。
見守っていきたいです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ