Dear+ 2011年 08月号(雑誌著者等複数)

Dear+ 2011年 08月号(雑誌著者等複数)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
発売日
価格
ISBN

あらすじ

vふろくCDv
門地かおり「生徒会長に忠告」ミニドラマ!
【CAST】国斉:鳥海浩輔/知賀:杉田智和
vインデックスカードつきv巻頭カラーv
「ももいろ倶楽部にようこそ」二宮悦巳
アーヴィンと兄貴が出て行って、元気のない宗明は……?カラーつきv読み切り
「シェイクスピア・ロマンス」冬乃郁也
片想いの相手と身体の関係を続ける雅生は……?カラーつきv読み切り
「ロマンティックあげるよ」秋葉東子
ついに出会った、運命の王子様……!?「レオパード白書」扇ゆずは
「ドラマCD『飴色パラドックス』アフレコレポ—ト」夏目イサク
「生徒会長に忠告」門地かおり
「校内恋愛カウンセラー」高井戸あけみ
「プリティ・ベイビィズ」麻々原絵里依×岩本 薫
「こんな自分もだいきらい」あおいれびん
「恋のありか」青山十三
「愛しのドクターコート」梅太郎
「ナイトパレード」雨隠ギド
「熱っぽいですよ?」真山ジュン
「シネマティック・ミラー」カキネ
「胸がこわれそう」花村イチカ
「ほしあらし」橋本あおい
「林檎堂書店・本店です。」たうみまゆ
「がっこうのせんせい」松本 花
「お星様キラキラ」志々藤からり
「せんせいのだいすき」高野 弓
「とらとらみつみつ」小鳩めばる
「これでいてフルスロットル」南野ましろ

表紙/門地かおり
もれなくもらえるvペーパーコレクション/高井戸あけみ
リレーエッセイ/池田ソウコ
ドラマCDアフレコレポート/「飴色パラドックス」原作:夏目イサク

表題作Dear+ 2011年 08月号(雑誌著者等複数)

複数/学生・ヤクザ幹部・刑事・医師ほか
複数/学生・会社員・ホスト・医師・牧師他

その他の収録作品

  • 生徒会長に忠告/門地かおり
  • 校内恋愛カウンセラー/高井戸あけみ
  • プリティ・ベイビィズ/麻々原絵里依×岩本 薫
  • こんな自分もだいきらい/あおいれびん
  • 恋のありか/青山十三
  • 愛しのドクターコート/梅太郎
  • ナイトパレード/雨隠ギド
  • 熱っぽいですよ/真山ジュン
  • シネマティック・ミラー/カキネ
  • 胸がこわれそう/花村イチカ
  • ほしあらし/橋本あおい
  • 林檎堂書店・本店です/たうみまゆ
  • がっこうのせんせい/松本 花
  • お星様キラキラ/志々藤からり
  • せんせいのだいすき/高野 弓
  • とらとらみつみつ/小鳩めばる
  • これでいてフルスロットル/南野ましろ

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ちょっとダッシュしてきます!

買った時に気になった作品だけ読んで放置してたので今更ながら読んでみました。
っていうか、元々が付録CD狙いだったってゆー…。

気になってたのは。
「愛しのドクターコート」梅太郎
ああ、こういうところが好きなんだよなぁっていう。
始める前に閉じてしまうようなところ。
この雰囲気にいつも梅太郎さんやられてしまいます。
特に好きな2人のお話なのでね。
今月にはコミックスも出るし、雑誌ではちらちらしか追いかけられなかったのでしっかり読めるのが愉しみww

「レオパード白書」扇ゆずは
雛胡の不思議というか独特の雰囲気の由来?みたいなものが垣間見えました。
過去を持たない者には未来もないのかしら。
これから彼がどう変わっていくのか楽しみ。
というか、CDキャストが武内くんだったのが意外でした。
というか、それを知って読んでもうまくイメージできない…。
このお話もきっとそのうちCDになるんだろうな。
相手役は誰かなー?(似合いそうなキャストはいるが、既に別の役で出ちゃってるし…関西弁スキルの高い人でお願い!)

「生徒会長に忠告」門地かおり
ここのところ、続き雛森と近藤のターンですね。
近藤がもういろいろ大変ですが、あそこで放置された雛森もちょっぴり可哀想な気も。
いや、なんか雛森にはそれはそれで似合ってる気がしないでもないんですが。
この2人これからどうなってくのかなー。

「ナイトパレード」雨隠ギド
元々の馴れ初めのお話読んでないんですけどね…。
この受のどうしようもない感じが非常に好きです。
どんだけツンデレなんだ!みたいな感じの。
あれは確かに反則だと思う。
あんなことされたら、あんなことの後なのに許してしまいたくなる気持ちは非常にわかります。
これも今月にはコミックス出るし、がっつり読んでみたいと思います。

そして。
特に気に止めていたわけでもなく。
途中までフツーに読んでたのに、たった1コマで私のハートを鷲掴んだのが
「シネマティック・ミラー」カキネ
それなりに展開が読めるといえば読めるのですが。
それでも惹きつけられる表情の1コマがあって。
もう続きが非常に気になるッッ!!!!!
どうにかして読めないもんかー。
と、思っていたら10月末に出たコミックスに収録しているようで。
早速ダッシュで買いに行きたいと思います。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ