マリアージュで生まれた幸せな愛の物語をどうぞv

誘惑レシピ 5 初回限定版(小冊子付き)

yuuwaku recipe

誘惑レシピ 5 初回限定版(小冊子付き)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×25
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
35
評価数
8件
平均
4.4 / 5
神率
37.5%
著者
 
媒体
コミック
出版社
コアマガジン
シリーズ
drapコミックス(ドラコミックス・コアマガジン)
発売日
価格
¥838(税抜)  ¥905(税込)
ISBN
9784864361101

あらすじ

恋人同士になっても、本郷の前では緊張してしまい、なかなか素直になれない雄矢。 そんなある日、本郷も似た想いを抱いていると気づいた雄矢は、とある大胆な行動に出て…!?
その他、岩塚×タクロー編、三浦×植田編を含む3カップルの甘~い蜜月ストーリーを大収録!

期間限定『描き下ろし小冊子&カードカレンダー』応募者全員サービス実施!

(出版社より)

表題作誘惑レシピ 5 初回限定版(小冊子付き)

チーズ専門店マリアージュ店員 本郷桜
マリアージュオーナーの息子・店員 赤池雄矢

同時収録作品誘惑レシピ5 初回限定版

マリアージュ店員 岩塚学
マリアージュ店員 吹上琢朗(タクロー)

同時収録作品誘惑レシピ5 初回限定版

三浦敦成 高級フレンチのオーナー
植田智秋 マリアージュ店員

その他の収録作品

  • Yuuya's RECIPE(描き下ろし)
  • Yuriko's RECIPE(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数3

それぞれのカップルのその後で〆

誘惑レシピの最終巻。
5巻って、考えたら結構長いシリーズですね。

カップルは3組ありますが、最後は平等に全員を見せていて大団円的な一冊でした。学校でも会社でもない、このお店がホームでいつまでも楽しくやっていって欲しいなあ…というこの雰囲気が好きです。

岩塚×タクロー
一度まとまったと思ったら一周して元に戻ってしまったような感じの二人。もともとタクローがノンケで年上でプライドがあるため、紆余曲折の多いカップルでしたが、これでやっとタクローも腹をくくったのかなあと思います。
なんだかんだでこの二人が1番萌えたカップルかもしれません。
そしてこの二人のベッドシーンがこのシリーズのカップルの中で一番萌えます…。
おそらく、女の子相手なら経験豊富で上手なタクローが、年下の相手に好きにされているという羞恥を受け入れているからだと思います。

三浦×植田
本当に北海道に行ってしまった植田くんのその後。このカップルは三浦さんが植田くんにべたぼれなので結ばれたあとは一番安心感があり、今後も一番うまくいきそうな気がします。ケンカなどもしなさそうだし。
北海道のお店も楽しそうで続き、癒されるお話でした。

本郷×雄矢
この二人が一番安定感も安心感もありませんでしたね^^;
一番最初にくっついたのに…。
正直、今回もまだ本郷に気を使う雄矢と、それを見てまだ距離感を感じで悩む本郷。そんな二人を見てまた同じことをやってる!と思いました。あんまり成長してないような…この二人に関しては毎回毎回同じことを繰り返していて、何故なのかなと思います。
でもやっとこれで一歩すすんで、互いのことを理解したのかなあという終わり方は素敵でした。

0

なにはともあれ



皆さん、幸せそうで良かったなー、と。


限定小冊子は岩塚×タクローと三浦×植田の話。前者はコミックス内の二人の空白の時間の話で、後者は北海道から帰ってきた植田くんの話。
どちらも萌えました。

BL漫画でNLに萌えるというのはどうかとも思ったのですが、赤池夫婦の話も泣けました。

0

どのカップルよりもユリ子さんのお話に泣けてしまった!!

最終巻だったんですね。どのカップルも最後にはやっぱり皆好きになりますね。
でもごめんなさい!一番好きなのは雄矢の両親カップルが一番好きなんです。
とても愛情深く雄矢の傷を癒したんだろうって思うんですよね~♪
今回はラストにこの夫婦のお話が載っていたのですが、泣いてしまいましたね・・・。あれで他のカップルがとんじゃったって・・・。

小冊子は2組のカップルが載っていました。タクローカップルは良かったですね♪
文字色攻:岩塚×受:タクロー
前作で北海道に行こうかな~っと言い出した岩塚なんですが・・・。
悩んでますね。最初は身体からで後から心も頂きます!なんていいながらも、やっぱりノンケのタクローとの関係に悩んで、好きだけれどもう諦めようと思っています。
タクローも自分の気持ちを素直に認めるにはとても勇気がいることですから、なかなか踏み切れなかったのですが、あっさりと手を引かれてしまい、戸惑いを隠せない。はっきりと別れるのか?と問い掛けると、そのつもりだと答えた岩塚です。でも好きなんですよね~!
最初はこのカップルが一番好きだったんですけど、このところの岩塚があまり好き続きになれない感じなんですが、やっぱりノンケ相手で、しかもタクローじゃあグラグラしてしまうんでしょうかね?

めでたくカップルになった後のお話も載っています♪そこでもまた岩塚がぐるぐるしています。
攻:三浦×受:智秋

このカップルが一番苦手だったんですよね~。実は!でも今は結構気に入っています。
特に今回のお話はとても気に入りました。
北海道にまで足を運ぶ三浦はとってもお気に入りのキャラです。智秋もちゃんと気持ちが現れていてとても好きなカップルです。智秋よりも三浦の方が純情♪って所がとても好きです。

攻:本郷桜×受:雄矢
元々、本家カップルだったんですが、今回はかなり短いお話でした。
あらすじを読んで一体、雄矢がどんな行動を起こすのか?って思っていたら・・・どれ?どこ?と悩んでしまうぐらい普通のカップルだと当たり前の行動だったみたい・・・。
いつまでもこのカップルは物慣れなさがあっていいですね♪

ユリ子× 寿君(夫婦)
私が大好きなカップルの雄矢の両親のお話です。
もう寿君はなくなっているのですが、その寿君が亡くなるお話でした。
カメラマンの寿君の家族への思い、奥さん・ユリ子さんへの想いに涙があふれました。
ラストのあのワンカットは今思い出しても涙ぐんでしまうぐらいです♪

これで終わってしまうのは寂しいな~って思うぐらい愛着のある作品です。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ