からまる嘘と誤解

からまる嘘と誤解
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神9
  • 萌×214
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
6
得点
117
評価数
30件
平均
4 / 5
神率
30%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
心交社
シリーズ
ショコラ文庫(小説・心交社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784778111496

あらすじ

本当に好きな人としかしたくない──。派手な外見のせいで誤解され続け、二十三歳の現在までまともな恋愛ができないでいた都筑遥人は、バーで好みのタイプの瀧川耿介と出会う。彼に惹かれ、今度こそはとはりきる遥人だが、瀧川はいつも冷めた態度で相手にしてくれなかった。それでも諦めきれずに慣れたふりをして彼を誘う遥人は、最初は身体だけでも、徐々に心の距離が近づけばと必死にアプローチを続けるのだが…。

(出版社より)

表題作からまる嘘と誤解

大手企業の開発 瀧川耿介
設計事務所勤務の建築士の卵 都筑遥人

その他の収録作品

  • からまる嘘と誤解・瀧川の場合

評価・レビューする

レビュー投稿数6

攻めは俺様というかただの性格悪い男

お好きな方には申し訳ありませんが、攻めの性格の悪さに全く萌えられませんでした。
誤解やすれ違いものは大好きなのですが、受けにも攻めにも感情移入できず、むしろイライラした位でした。
まず受けが恋愛経験が少ないと言いながらなぜあんなに性格悪くて拒否されている攻めに積極的にいったのかも謎ですし、攻めの受けのこと全然信じてない感じも嫌でした。
2人とも潔さというか男気が足りない。
もっとキャラクターの魅力がないとただの性格悪い男になってしまいます。
好みの問題だと思います。

0

ギャップ萌え

今回の主人公はほんとは純粋なのに見た目がチャラそうで損してるという…
そして誤解されて攻めに軽く扱われて傷つくけど面倒な奴だと捨てられたくないからほんとに軽いフリをして負のスパイラルに陥るんですよねわかります……
と思って買ったらまさにその通りでした。笑

ほんと、タイトルまんまです。
「からまる嘘と誤解」wwwwww

攻めの瀧川も軽そうに見える遥人に対してずいぶん冷たい態度でアプローチしてもなかなか振り向いてくれません。
その上、遥人の純粋な部分が見え隠れして、「あれ、もしかしてこいつ俺が思ってるようなやつじゃない…?」と瀧川が見直しかけたときに限ってまた誤解されるようなことが起こったり……

ようやく二人がまとまりかけたと思えば今度は遥人が友達をかばったことでいらない誤解を与えたり………

いやはや、ほんとタイトルのとおり、めちゃくちゃ絡まってややこしーいことになってます。笑

読者としてはそれがもどかしいやら、もっとやれー♪と楽しいやら。笑

この攻めの瀧川がまた、何を考えてるか全くわからず、わからないまま物語は終わって二人はなんやかんやくっつい続きちゃいます。
あれー?と思ってたら今度は瀧川目線のお話が…。

そこでわかったこと。

この瀧川、めちゃくちゃどエスです!!!!

途中からなんとなく遥人がほんとは純粋な子だってわかっていながら、泣き顔とか困った顔が可愛くてわざと冷たい態度をとったりしていたようで…
なんかもう、、、、

私はMじゃないので正直こんなに愛情表現がわかりにくくてもはや愛あるいじめとも思えんくらいひどいな。ってレベルのことする攻めは好みじゃありません。
殺意さえわきます。www
遥人がMなのでCP的には超お似合いなんですけど、私自身が好みじゃない攻めなのでどーーにも受け入れられませんでした。笑

ただMな方は………非常に肌に合うかと思います。笑
ぜひご一読あれ。

2

そこまで誤解!

最後まで、ドキドキして読んでしまいました。

受は、社会人2年目で、仕事もしっかりできる男であるけど、
見た目から、軽い男とみられがち。
そして、それにも慣れてしまって、
もう、わざわざその誤解を解こうとしない。
でも、本当は、好きな人としかエチしないということで、
実は、未経験。

そんな、受が、友人紹介で、カッコいい攻と出会ます。
どしても好きになってしまい、遊び慣れたふりをして、
セフレ付き合いでも構わないようなフリをしちゃいます。

でも、本当は、初体験だし、ちゃんと愛されたいし・・・。

受が友人思いのせいで、最後まで、軽い男と誤解されてしまうのですが、
何とか、ハッピーエンド!あぁ、よかった~~と思わされました。

健気受を読みたいときに、是非どうぞ。

1

まぁ、なんて性格の悪い攻でしょう!

 いますよね!苛めることが愛情表現である攻キャラクターって!
 当作品、その典型みたいな攻キャラなのですが、ちょっと一回、痛い目を見た方がイイネ!受が記憶喪失とかになって、お前のこと全部忘れちまうとかね!Σd(゚∀゚d)
 個人的な理想像は、攻は受を無条件にメロメロに甘やかすべき、という信条があるのですが、それ以上に私は、片想いに頑張る受が大好きなので、君が幸せならそれでいいです。
 でもやっぱり、ちょっくら痛い目を見る攻の番外編とかがあれば、尚イイネ! 


【あらすじ】本当に好きな人としかしたくない―。派手な外見のせいで誤解され続け、二十三歳の現在までまともな恋愛ができないでいた都筑遙人は、バーで好みのタイプの瀧川耿介と出会う。彼に惹かれ、今度こそはとはりきる遙人だが、瀧川はいつも冷めた態度で相手にしてくれなかった。それでも遙人は諦められずに慣れたふりをして彼を誘う。最初は身体だけでも、徐々に心の距離が近づけばと必死にアプローチを続けるのだが…。

__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/続き__/__/__/__/

●『からまる嘘と誤解』
 著:義月粧子/絵:Ciel
カテゴリー  :【現代】
キャラ設定  :バーで知り合ったサラリーマン同士
総評     :★ ★ ★ ★ ☆
ストーリー構成:★★★★☆(勢いがあって物語らしい出来事の連なりが上手い)
設定・世界観 :★★★☆☆
文章表現   :★★★☆☆(※一人称文体)
濡れ場    :★★★☆☆
私的萌    :★★★★☆(…チキショウ、悔しいが萌えた!!!)

1

Rこぴん

ほんとその通りで笑いましたwww
こうすけは一度痛い目をみるべきです…!

もっと愛されて欲しい

義月さんお得意の受の健気な片想いもの、そして、性格最悪攻めってことで衝動的に買っちゃいましたw

受・遥人は幼少時代は日本人離れした容姿のせいでいじめられ、それ以降もこれまで派手な外見のため周りから誤解されやすく、まともな恋愛をしてきていません。実は、すごく純情で、健気で可愛いんですよっ!

そんな遥人が一目ぼれしたのはクールで容姿完璧、大企業に勤める耿介であった。最初は耿介に誤解され冷たく突き放されていましたが遥人の健気で辛抱強いアプローチのおかげでどんどん距離は縮まっていきます。

ある時ひょんなこととから“セフレ”という形で身体をつなげることになります。遥人は初めて大好きな相手から抱かれることの素晴らしさをしります。しかしながら“セフレ”というもので繋がれる二人。そのことに遥人悩んだり、苦しんだり…とにかくその後も耿介に好きになってもらえるよう努力する遥人。関係はいい方向へ進んでいたのですが、あることをきっかけに2人の関係に大きな溝が出来てしまいます。

耿介はまたもや遥人に冷たい態度をとり、遥人も深く傷つきます。やっと幸せの兆しが見えていたのに、またどん底へ突き続き落とされる遥人。切なくて切なくて胸が締め付けられました。こういうのたまらないんですよ。受が理不尽なストーリーやっぱり大好物です。

最後はハッピーエンドです。最初わかんなかったけど、この2人SとMな関係なんだよね。遥人はこれから耿介にいっぱいいっぱい愛されて、新たな遥人の一面を引き出してもらえるんじゃないかとおもいます。

あぁー幸せだっ!!!

0

裏目裏目の・・・

義月さん、時々どうしようもなく痛い攻め様を書くんですが、今回は納得しました!
本編は受け視点なんで、読んでる側は受けの気持ちが解るわけで、だからそこから誤解が生まれると、攻めーー!もうちょっと優しくしてやれよーーー(涙)とか思ったりするのですが、今回はその攻めの冷たさを抜きにしても、よかれと思ってする受けの言動が裏目に出ちゃう!
ああ、ここでもちょっと素直にしていれば、とか、駄目だよ!受け!!なんて思いながら読むことができるので、
そして何より、ドSとドMのカプだったので、よかったのですw
後半に攻め視点のお話を付けてくれているので、補完されて、ちょっと救われる・・・かも?

遥人は結構見た目もイケてるからモテるんだけど、きちんと自分を愛してくれる人とちゃんと恋愛したいと思ってきていたので、23歳のこの年まで経験がない。
軽いとか言われている相手でも、付き合えば本当はいい人かもしれないと想い、誘われればそれにノってみたりはするけれど、でも寝るまでは行かないで拒否してしまう。
そんな事があったりして、外の評判としては遊び人とかビッチな印象を与えてしまっている(本人不本意な続きがら)
でも、いつかは・・・と思ってるところ、恋愛に関しては乙女な部分を持っている純粋な人なんですよね。
そんな遥人に、友人の直己が彼氏の諏訪の友人という、耿介を紹介される。
一目見て、その外見に心奪われたのですが、そこで取った遥人の態度が耿介や諏訪の誤解を生んで、印象は最悪。
そのまま終わるかと思ったのだけど、遥人がねばったことと、ある出来事でセフレな関係になることが出来るのだが・・・

ことごとく、ちょっと意地をはったり、自分をよく見せようとしたり、素を隠してしまうことで、耿介から誤解を受けて、それでも耿介を好きでいて、好きになってもらいと健気になっている遥人が切なくて辛い。
耿介もまた、遥人をどう思っているのか、全く見えない。
ひょっとして、ちょっとははまっているのかな?と思う部分も見せたり、この人は究極のデレがないツンツンで、それが行き過ぎたドSなんだろうな~と思わせる部分があって、遥人が間違った反応をしてしまう度に、ああー、また耿介に誤解された(ガックリ、、)と、ちょっと辛いけど、それがとても面白いのです。
遥人自体は、本当はイイ子なんだよv
それが最終的に、耿介との亀裂を深めたし、そしてそれが彼との恋人へのステップアップの下地になっている。
やっぱり、誤解なんですよね。。。

いっそ、ここまで嘘と誤解が絡まると潔くて、本当面白いです!!
Cielさんのイラストも美麗で、耿介カッコいいですv
お話も魅力的だし、イラストも魅力的。
ちょっと切ないけど、それが読ませる。
一筋縄でいかない恋人たちのお話、裏を返せば、そこには耿介のドSの執着愛が待っていて、ラブラブバカップル(破れ鍋に綴じ蓋)になっているのですw

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ