消えないで

kienaide

消えないで
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
5
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸ノベルズ(小説・白泉社)
発売日
価格
¥515(税抜)  ¥556(税込)
ISBN
9784592860839

あらすじ

和泉 暦哉 高2 弓道部上の幼なじみ・中嶋浩志は、いつでも特別な存在だった。
浩志の両親が離婚してから、夕飯はいつも一緒だったし彼を追うように、同じ高校の同じ弓道部を選んだのだが、この夏を境に、浩志の気持ちは変わっていったようだ……。
第2回花丸新人賞受賞の表題作に、二人のその後を描いた書き下ろし一編を収録。

(出版社参照)

表題作消えないで

和泉 暦哉 高2 弓道部
中嶋 浩志 高3 元弓道部・美形

その他の収録作品

  • きみの永遠

評価・レビューする

レビュー投稿数2

是非、復刻版出して下さい。

桜木知沙子さんの初期作品です。
これといったドラマチックな展開も無い、地味な幼馴染み物です。
でも何故か15年以上経った今も、時折読み返してしまいます。
古くてもう黄ばんでます、イラストも時代を感じさせます。
地味(何度もすみません)なのに、何故か懐かしく、切なくなります。
前述の方も書かれておられましたが、作者様の後書き。
~幸せなひとはJUNEなんぞ必要ないやい~
~想像の世界で心を休める、必要だから―逃避でもいいじゃないか~
当時は妙に納得したのを覚えております。

ハッピーエンドなのに、何故か寂寥感が残る、そんな感じの作品です。
正直、今のBLを読み慣れておられる方には退屈だとは思います。
ですがお願いします。その後の二人を追加した復刻版を 是非出して欲しいのです。「札幌の休日」「ジャングルシリーズ」、旧版・新装版 両方持ってます。次は是非是非この作品を復刻してください。出版社様、お願いします。

0

桜木知沙子さんの新人賞受賞作

一言でいうと、退屈――かな。

桜木知沙子さんの新人賞受賞作品で、はじめて出された本らしいです。
丁寧でソツのない描写で、筆力は申し分なくて、さすがだと思いました。
でも、全体的にみるともったりしててテンポが悪いような感じもありました。
なにより、私のツボど真ん中である「幼馴染みモノ」なのに、まったく萌えを感じなかったので、がっかり。
ドラマ性が薄かったことが理由かな。
心理描写もありきたりで、ドラマ性の薄さをカバーできるほどのプラスアルファ的な要素がなくて。
続編は、しょーもないヤキモチに萎えました。
場所を考えずにいちゃついて周りにバレる展開も私好みじゃなかった。
周りにいる人間がみんなやたら勘のいい理解者だらけというのもモニョモニョ。
全体的に青くさい。

あとがきの「幸せな人にはJUNEなんか必要ないやい、というのが私の持論で…」みたいな言葉にちょっと笑いました。
そか、昔はそうだったんだろうな。JUNE時代のこのジャンルって、一瞬独特の説明しづらい「特殊な意識」みたいなものが書き手にも読み手にもあったみたいだよね。私はその時代を知らないけど。中島梓さんの「コミュニケーション不続き全症候群」を読んだときも同じようなことを思ったんだけど。
今はどうなんだろう。
良くも悪くもエンターテイメントの一ジャンルとしてフツーに定着した気がするよなァ、なんてことを思いました。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ