シンプル・デイズ

シンプル・デイズ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
13
評価数
5件
平均
3 / 5
神率
20%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
徳間書店
シリーズ
Charaコミックス(キャラコミックス・徳間書店)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784199604850

あらすじ

便利屋の礼がなりゆきで一夜を共にした、年下のパートナー・朝陽。 てっきり遊びだと思っていたのに、朝陽から「本気だ」と告白されてしまった!! しかも朝陽には、殺人事件で家族を失くした過去があるらしい…!? 自分のことを語ろうとしない寡黙な朝陽に、真剣な恋愛はしない主義の礼も、強烈に興味を掻き立てられ!? 過去にワケありな年下男×ファジーな便利屋の、波乱万丈トラブルLOVE!!

(出版社より)

表題作シンプル・デイズ

元レスキュー隊員のバイト 倉本朝陽
便利屋の従業員 竹本礼

その他の収録作品

  • アフター・デイズ
  • Free Talk

評価・レビューする

レビュー投稿数3

パーツはいいが、全体が……

なんともまとまらない印象。
それぞれのパーツは面白いと思うのだけれど、
全体となると散漫な印象で、盛り込み過ぎなのか?
うまく記憶に残らない話だった。

挿絵では拝見していた宮本佳野さんのマンガ、初読みです。

便利屋で働いている礼と、
家族を殺人事件で失うという暗い過去を持つ元レスキューの朝陽の話。
幽霊屋敷に宝探しに行く話から始まり、幽霊は関係なくもないのだが、
その後幽霊はどうなっちゃったのか?
何故礼は、あんな無茶をしてまで朝陽の事件を追うのか?
朝陽の彼女はどうなっちゃったのか?などなど、
上手く腑に落ちないことがチョコチョコある上に
朝陽はちょっと分かりにくく、思い入れることが難しい……。

表紙のイメージの明るくスコーンとした話でも、
サスペンスタッチの話でもない中途半端さに、
乗り切れないまま読了でした。

0

わけわかんない攻めと、オカン受けw

摩訶不思議なカップリングでした。
っちゅーかそんな二人だからナイスマッチングなんだよね~と後後になって思えるお話。きっと将来はバカップル決定・・・カナ?
最初読んだ時、頭がウニになってしばらく寝かせちゃいましたww

始まりは、出ると噂のお化け屋敷で金目のものを捜索する依頼を受け、何でも屋の従業員・礼が、臨時バイトの元レスキュー隊員の朝陽と一緒にそこへ出かけるという出会いから始まるのですが・・・
最初の始まりが心霊ネタだったんで、ひょっとして憑依体質とかそんなで、何か持って行くのかな?と思えば、それはつり橋効果的、きっかけにすぎなくて!?
何と言っても物語をグイグイと強引に推し進めていくのは、極端とも言える二人の性格だったのでは?
朝陽は、人見知りが激しそうで、おまけに超ヘタレで、すっごく不器用そう。
お化け屋敷のきっかけがあったとはいえ、連絡できなくてウジウジしてるとこ、いざ決心して思わず告ってしまって、恥ずかしくて逃げちゃうところ。
そのくせ、強引な部分もあったりして、一言でいうと”変なヒト!!”
片や、礼は明るくてポジティブで、ちょいヤンチャで、何と言っても面続き倒見がよさそう。
別に朝陽の世話をしてるってわけじゃないんだけど、オカン気質なのかな?なんて思ったりw

朝陽が抱えているトラウマを知って、朝陽が寡黙過ぎてよくわからないから、礼がそのトラウマの元の事件に首を突っ込んで、深い入りしてしまうんですよ。
そのついついのめり込んでいってしまうっていうのは、朝陽への愛情もあるかもしれないけど、面倒見のいい性格っていうのもあるのかもしれないが、モノ好きとしか(爆!)
朝陽も自分で独自に調べてたっていうけど、もう3年も経っていてまだわからなかったのものが、礼にかかっては割とすぐ割り出せちゃったというのが(友人の情報屋の働きもあるが)すごいフットワークだなと思うわけで。
それが愛ゆえかというと、好きな人の事を知りたい次元を通り越してないか?ってwww
ひとえにヤンツアだから?

割としっかり者の礼だから、不器用そうな朝陽にはもってこいのあいてなんでしょうね~と思えたわけです。
前半ホラーで、本編ミステリーww結構悲惨だったり血が流れたりしたけど、程良い軽さでジメっとしてないのがイイです。
それにしても、礼とか情報屋のショーちゃんはいいんだけど、もし朝陽が彼氏だったら、面倒くさくて嫌だろうなww

2

空回り系

寡黙で分かりずらい相手にの過去に、勝手に関わって、勝手にトラブルに飛び込む、空回り系主人公のお話。

なんか、こう書いちゃうと、身も蓋もなくて、礼が可哀想だな。

地方の資産家の別荘の片づけの仕事に行くことになった便利屋?の礼、
相棒は、訳ありげな元レスキュー隊員。
幽霊屋敷に閉じこめられた二人。
礼は、何かに憑かれた朝陽におし倒されます。
そして二人はそのままつきあい始めるのかと思いきや…。

この朝陽が、とってもネガティブでわかりにくい男。
朝陽が、一人グズグズと考え込んでいる間に、礼は、朝陽の家族が死ぬことになった事件の犯人を捜して、自ら危険の中へ飛び込んでいきます。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ