ヤシの木陰で抱きしめて

ヤシの木陰で抱きしめて
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
2件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
ISBN
9784199003172

あらすじ

「花嫁に逃げられてしまった!!」。突然の婚約者の失踪で、エリートビジネスマン・佐伯祐一(さえきゆういち)の休暇は一変!! 新婚旅行先のハワイで独り呆然とすることに…。そんな祐一の前に現われたのは、旅行会社の社長兼ツアコンの健人(けんと)。一見穏やかな健人に、祐一は言葉巧みにツアーへと連れ出される。ところが優しいと思っていた健人から、星空の下、突然強引にキスされて…!?

表題作ヤシの木陰で抱きしめて

旅行会社の社長兼ツアコン/健人
エリートビジネスマン/佐伯祐一

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ファンタジー!?

 エリートビジネスマンな佐伯祐一は、ハワイでの結婚式を控えながらも、仕事が架橋で十分な時間が取れず、ハワイへの出発の日程をずらしてしまった。
 何とか結婚式には間に合うぎりぎりの日程でハワイに訪れたはいいものの、先に行ったと思っていた花嫁はいない。
 それどころか、「あなたと結婚する自信がなくなりました」のFAX一枚で、実は、出国すらしていないことを知る。
 結婚休暇どころではなくなった祐一は、慌てて方々に結婚式のキャンセルと、その後に控えていたハネムーンのキャンセルの電話を掛け捲るけれど、一つだけ、そのキャンセルに応じない会社があった。
 その会社にキャンセルの電話をかけるけれど、言葉巧みにツアーへと連れ出され、結局は、一人で山に登り、星を見るツアーに参加することになる。
 一見穏やかだけれど、実はかなり強引な健人に、祐一は星空の下で突然、キスをされてしまう。

 そんな感じの話でした。
 仕事一辺倒にいつしかなってしまった祐一が、それがゆえに花嫁に逃げられて、ハワイの大自然に包まれるうちに、自分のこだわりがちっぽけに見えてくる、というのが主題かな。
 それに、大き続きく手を貸した健人も実はエリートで、同じ経験の持ち主で、祐一の置かれた立場も、島の噂話で知っていて、それで放っておけなくて、無理やり誘い出して、そのときには下心なんてなかったのに気がついたらキスをしていた、という。

 旅先ハネムーンですが、結局、祐一も仕事を辞めてツアコンをするようになった健人と同じように、最後には仕事を放り出してしまうんだから、似たものカップルだったのかな、と思わなくもないですが。
 ここまでいってしまうと、ファンタジーだなー……という気がして仕方がなくなってしまう。
 だってさ、現実的に考えたら、同性の恋人と外国で二人でラブラブで暮らすなんてありえないよなー……。
 しかも、出世まっしぐらだった素敵なお仕事を蹴って……って。
 思うんですよね。働いている身分からしてしまうと。
 捨てるのって案外簡単なことなのかもしれないけど、なかなかその結論を下すのって難しいですよね。今あるものが、一旦は全部なくなっちゃうんだから。

 でもだからこそ、物語では夢を見たいという気持ちはわからなくはないです。
 夢見がちな乙女な物語が好きな方にはオススメです。
 個人的には、もう少し仕事にしがみついてたいと思っているから、今は素直に受け入れられないかな? 時期の問題もあると思いますが。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ