葉ツ恋ノ記 -はつこいのき-

hatsukoi no ki

葉ツ恋ノ記 -はつこいのき-
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
13
評価数
4件
平均
3.5 / 5
神率
25%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
ブライト出版
シリーズ
F-Book Comics(コミック・ブライト出版)
発売日
価格
¥638(税抜)  ¥689(税込)
ISBN
9784861234767

あらすじ

由緒正しい家柄と、政治家の父を持つ「望月始」と、彼の家庭教師である「佐山雄二」は同じ屋根の下に住む他人同士。
厳格な家柄に反感を覚え反抗を繰り返すハジメに対し、最初は面倒臭いと思っていた雄二だった。だが、共に時を過ごしていく中で、次第にハジメの心の中に強い寂しさと孤独感が根付いている事に気付いてゆく…。不器用なハジメの姿を見ている内に、雄二の心には彼を支え、守ってやりたいと願う気持ちが芽生え始めるがーー…。
交錯する思いと、彼らを取り巻く環境に翻弄される若者達の姿を描く中編ストーリー&描き下ろし。
他、平安時代を生き抜いた弁慶と牛若丸の出会い、そして始まり…。イギリスを舞台に、純粋な愛の物語を美しい情景と共に描ききった主従ラブロマンス。

商業コミカライズなども手掛ける実力派!吹屋フロ、BL初登場!!

(出版社より)

表題作葉ツ恋ノ記 -はつこいのき-

表題なしの為割愛
表題なしの為割愛

その他の収録作品

  • ファム・コンプレックス 第1話
  • ファム・コンプレックス 第2話
  • ファム・コンプレックス 第3話
  • 恋と盲目
  • 牛若丸と弁慶
  • Summer Vacation
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

今後が楽しみですvv

初めて見る方だと思ったら、これが初コミックだったんですね( ´ ∀ ` *
納得。
絵柄は、私的には割りと好きです(*^^*)
高山◯のぶ先生の絵柄に雰囲気は似ていると思います。(一応伏字;
少女漫画みたいな綺麗さを求める方には向かないかも。
タッチは中くらいの太さの線を少し重ねる感じで、
でもごちゃごちゃし過ぎず読みやすかったです。
トーンや背景のバランスも良く、読み易くスラスラいけました。
内容も個人的には凄くツボでしたvv
内容は他の方が書かれているので割愛で( ´ ∀ ` *
買ったきっかけが表紙の牛若丸で、
タイトルも和っぽかったのでその牛若丸のお話が表題でなく少しシュン(´・ω・`)
まぁここは私の不注意が悪いのですがww
でも買って良かったと思える作品ばかりでした(*^^*)
特に牛若丸がお気に入りです。
でも一作品目のハジメ君もかわゆすですvv(* ´ 艸 ` )vv
受が全体的にもゴツ過ぎず、ショタ過ぎず。
短編集ということを念頭に置いて読めば満足です♪
短編集は少し物足りないくらいな感じがいいですよね。
次の作品では是非続きもの続きになることを楽しみに
しています。
お気に入り作家さんに登録です( ´ ▽ ` )ノ

0

期待できる。

独特のタッチで、青年誌っぽい絵柄と描き込みの細かさが好みでした。
収録されてるお話は3つ。
学生運動に関わる二組のカップルのお話(昭和ではなく、現代か近未来っぽい雰囲気)。
外国を舞台にした(1900年代ヨーロッパっぽい)禁断?の恋のお話。
弁慶と牛若丸の邂逅のお話。
昨今のふわふわしたかわいいBLや、キャラクターの内面を掘り下げて共感する感じのお話ではなく、それぞれの時代や社会という骨太でしっかりした土台の上に生きるキャラクターたちを描いています。
お話も絵柄同様青年誌っぽい感じがしたので、青年誌のコミックに萌えを感じる人にはおすすめします。小説・映画萌えの人にもいいんじゃないかな。
タイプの違うお話とキャラクターたちばかりでしたが、端役にいたるまでどのキャラも魅力的で血の通った感じを受けました。
恋愛描写やラブシーンは少なめなんですが、一生懸命な感じがかわいく、もっと見たい!って思っちゃいましたねーv
これだけ雰囲気の違うお話を描き出す画力と話作りのセンスは相当なものだと思います。これからもこの雰囲気で描き続けてほしいです。

1

一体どう化けるのか?

独特な絵柄なんですが、こういった絵柄でBLってちょっと見にくいです。
3本の話しがあるのですが、それぞれカラーが違って、作者さんのBL作品としての成長みたいのが見られるような気がします。

最初の『ファム・コンプレックス』って・・・題名を考えると女性コンプレックス?オムの間違いじゃないんだろうか?と不思議な題名。
また設定もビックリです!
現代なんだけど70年安保理闘争ですよ!!
学生運動の世界です。
多分、主人公の少年が父親への愛情表現がうまくできなくて、窮地にあり評判を落としかねない大臣という地位にいる父親を、彼なりの立場で守りたいという設定と、そこに第三者の恋人となるべき男性を据えた時に、どうして学生運動になるんだろうか?
と、、、その発想が奇抜だと思います。
多分こうしたものがベースになるとすれば、革命家同士の、もしくは相反する立場同士の、といった組み合わせを想像するのですが・・・
ちょっと題材としてはとっつきにくいかな?
今の世情や社会を考えるに、高校生や大学生にこんな学生運動のようなパワーはないと思うので、ある意味パラレルファンタジーですよね。
その続き、2話の途中から3話にかけて急にBLになってます!?←これも驚き
学生運動の主導者である大学生と、彼に執着愛を見せる金持ちのボンボンの、ほだされ愛。
まさか、こんな流れになるなんて!
ここで、初めてエチが登場するんですが、攻めが喘いでますww受けくさい攻めですww
とにかく、唐突で不思議な話しです。

そして2本目『恋と盲目』はいきなりファンタジーになります。
馬に恋した少年と、少年に恋した馬の・・・
えっ!?ひょっとして獣姦になるのか!?馬のはデカイぞ@@;
と、下世話な事をかいてしまったが、実はこのファンタジーは作者さんの絵柄にも良く合うし、bl展開としてはすごく王道じゃないだろうか?
すごくとっつきやすくて、ツボをついている。

『牛若丸と弁慶』はなんと!ビッチ牛若丸ーーー!?
すっげーやんちゃですww
なんかゲームとかファンタジー小説の主人公みたいに強いですww
エッチも誘い受けです。
よくある題材ですが、やはりこれも作者さんの個性全面出しで、すごく特徴のある独自のカプリングができあがっているのが新鮮です。

実をいうと、こういう絵柄苦手なんです。
ただ、この絵には後半2本のファンタジーがよく合うと思えるのですが・・・なので、最初読み始めた時目がすべって頭に話しが入ってこなかったのが、後半2本を読んだことで免疫がついて、やっと1本目がきちんと読めたという。
ちょっと独特な作家さんですが、今後どんなBLを描かれるんでしょう?
ただ、自分的にはどうかな?微妙な感じもするのですが・・・

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ