玻璃の柩

玻璃の柩
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
小説
出版社
白夜書房
シリーズ
発売日
価格
¥1,165(税抜)  
ISBN
9784893673909

あらすじ

硝子のように透明な美しさをもつ少年、谷崎透也。彼は妖しく華麗な人形をこの世に送り出す人形師だった。そして、透也は養父京吾の情人の身となっていた…人形浄瑠璃の世界を背景に、嶋田純子が描く愛と憎しみの物語。

表題作玻璃の柩

谷崎京吾,養父
谷崎透也,人形師,義理の息子で情人

評価・レビューする

レビュー投稿数1

匣の中の熱

20余年前に刊行された耽美小説、と聞いて
あなたはどういうイメージを抱かれるでしょうか。

格式ばった?とっつき難い?濃密?

この作品には多分それ等の形容詞は似合わないで
あろうと評者は愚考します。
かなり言葉を選んで構築された耽美小説ですが。

そう、この小説は耽美小説として世に出ました。
版型もサイズこそ現在のノベルズ版と同じですが、
ハードカバーでありなおかつしおり紐が付されている
やや重厚な感じとなっています。
あとがきでは耽美小説の未来についての展望と希望に
さりげなく触れられており、往時の熱の一端を
知る事ができるでしょう。

話の結び方は、形を変えて現在まで受け継がれて
いる様な感じがします。



1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ