毎日が、一変した。

好きって言われたい

sukitte iwaretai

好きって言われたい
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌7
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
31
評価数
11件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
一迅社
シリーズ
GATEAU ガトーコミックス(コミックス・一迅社)
発売日
価格
¥657(税抜)  ¥710(税込)
ISBN
9784758071666

あらすじ

龍二は探している、“何か”を。
いつもどこか飢えて手当たり次第に男と寝てみたり。
だけどその“何か”はぼんやりするばかり。

しかし、ある男と知り合い、龍二の毎日は染められるように少しずつ変化していく。
初めて感じる優しくて穏やかな時間と空間。
俺の探していたものをこの人が持っているかもしれない。
そう思った矢先に・・・

表題作「好きって言われたい」に加筆しさらに完成されたシビトワールド。
最低で最高な男たちの物語をあなたへ。

(カバーより)

表題作好きって言われたい

ミュージシャン カブ /大学生 古谷
本当の恋がわからない男 龍二

その他の収録作品

  • 熱海温泉街殺人(自害)夢物語
  • 変身オサナナジミ
  • 同棲のすすめ
  • 普通の恋の話
  • 西八事二丁目13アパート202号室
  • 恋とはなんと美しく
  • シビトノアトガキ

評価・レビューする

レビュー投稿数3

惜しい

おすすめされて読みました。
短編集ですが、設定は好みな方なのに!!
絵が苦手だったり、どうしてここで終わっちゃうの!?って
作品が多くて、とても惜しいなぁって思います。
ここでは、印象に残った作品をレビューします。

◯好きって言われたい
受けに共感しました。
今は恋愛してないけど、昔の自分を思い出しました(苦笑)
人を服とかアクセサリー代わりに思ってたりする人って
結構いるんじゃないかなぁ・・・
好きって付き合うって何だろう?って考えさせられましたね。
最後のページの本当に好きな人に嫌われるから
会いたくない気持ちはわかる!!
わかるけどそこから先が読みたいのに、そこで終わり・・・心残り(泣)

◯変身オサナナジミ
この手のストーリーは結構出くわしてきたのか展開が読める(笑)
好きな子にいじわるしちゃう小学生的な感じ。
でも王道だからか萌えました。

◯同棲のすすめ
これも昔の自分を思い出した(苦笑)
同棲って難しいんだよ!!
ちょっとしたことですれ違ったり・・・
何か凄いストーリーがリアルでした。

◯普通の恋の話
受けは自分続きが男を好きなことを認める事が出来ないけど、
攻めが受け入れるお話。
これも王道かもしれないけど良いお話だと思いました。
私も自分を否定しちゃうことが多いけど、
そんな自分を肯定してくれる人、違う考えや価値観を教えてくれる人って
大切な存在なります。

◯恋とはなんと美しく
上手く言えないけれど結構好きな作品です。
受けも攻めも何か良い。
スポーツを通しての恋だからまた青春らしくて良いのかも。

設定は好きだけど、
エロシーンも含め(苦笑)何かが物足りないということで、
中立寄りの萌にしました。

0

普通にラブいの

恋煩シビトさんの作品って、絵にクセがあるっていうか、
ツリ目な表情や、不健康そうなくらいに細いからだや、
絵の雰囲気が、どっちかっていうと、カワイイきれいラブラブ系とは言い難く、
そのせいでお話自体も、なんとなく、暗くて痛い系?みたいな、
まあ、そんな先入観があったりするのだけれど、
この本に集められた短編は、どれも意外と普通にラブラブしたコメディで、
導入部こそ、そこそこイタイ感はなきにしもあらずだけど、
結末は、みんな結構前向きだったり明るかったり。
意外なくらい、普通にラブい読後感でした。

1

ダメなやつオンパレード

恋煩さんの作品の魅力はヤンデレっていうか、デレがなくても病んだ人とか駄目な奴とか、ネガとか、そんなポジティブじゃない人が魅力なんですが。
この本は、割とそんなものに統一感がある一冊だったかな?
作品構成は08年から10年の花音掲載短編4本に、同人誌再録3本。
それがまた別の雑誌でも再録されていたりとかしてるので、既読感満載の本でした。

表題は同人『僕の着ている洋服は人でした』を改題・加筆。
欲しいと思うものは手軽に手に入れてしまう、どうしようもない男が、本当の優しさを持つ相手に会って惹かれた時、自分の汚さに臆病になる話し。
恋人展開がどうのこうのよりも、人間のスタンスとしての一例といった感じ。
でも、こういう駄目な主人公すごくよくわかるんです。
気持ちい事を優先して、付き合う相手というのは自分が身につける洋服と同じ感覚で。
まだ本当の恋愛を知らないからこそ、その予感に逃げ出そうとするのでしょうが、このだらしないネガが現実的にありうるだけに、何か愛しい人間に見えるのです。
同人題名の方が好きなんだけどね~解りにくいから改題したんですかね?

あと同人からの作品続きは『熱海~』『西八事~』
これらはブラックコメディです。
自殺志願者を拾う連鎖のホモ旅館、作家に気のある編集と作家のやりとりはカラっとした乾いた感覚が笑いを誘う。

『変身オサナナジミ』これは意外にもカワイイ!?
何でいじめっ子なのか?どうして突っぱねて避けるのか?
王道ですねwww

『同棲のすすめ』先月のgateauに掲載
子はかすがいの話しです

『普通の恋のはなし』これ、表題の次に好きだった作品です!
男が好きなのに、男と寝てしまった事に激しく自己嫌悪に陥る主人公の、その落ち込む理由が、そのたびに延々ループしていく、ネガティブはまるで螺旋を描いたメビウスの輪のよう(爆)

『恋とはなんと美しく』
モテるし、部活でもエースだし、そんな男の前に部員を次々と任した男が勝負を挑んできた。
その条件は”俺が勝ったら付き合ってよ”
素直じゃないオレ様傲慢の勝負は次は”勝ったら別れる”に変わり。
どっちもどっちの意地の張り合いがちょい愉快。

最初に見た頃のパワーがちょっとダウンして強烈なインパクトがないのがちょっと寂しい。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ