おいで…

白夜草子

白夜草子
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
ビブロス
シリーズ
ゼロコミックス(コミック・ビブロス)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN

あらすじ

葬儀の朝はうすぐもり。
人はみなうつむき加減だった。
荒れ果てた山の「お蔵」から
「トントン」と音が聞こえる。
死んだ者はそれに囚われて行ったというが・・・。

手を伸ばせばそこにある「恐怖」。
上質なホラー連作集。

出版社より

表題作白夜草子

その他の収録作品

  • 太陽の東月の西

評価・レビューする

レビュー投稿数1

あまり怖くないホラーがお好きな方へ

ホラーの短編が4編と、外国もののファンタジーの短編が1編収録されています。
宮城さんの作品では、「G線上の猫」と「遠い日の蝶」しか読んだことがなく、この作品もあの繊細な絵が見たくて読んだのですが、ホラーの4編ではその絵が堪能できました。
どれも日本が舞台になっていて、和服もでてくるのですが、美しいです。
お話自体は、夏の怪談話を聞いている感じで、すごく怖くはないんですが、余韻が残る作品がありました。

「太陽の東月の西」は女の子が主人公で、戦争で兄を殺されるんですが、その殺した人を探す物語です。
ホラーのお話と余りにも印象が違うので、統一感にかけるイメージは拭えません。
ラストも少し物足りなかった気がします。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ