あべ美幸が贈る運命的浪漫譚、第5巻登場!

八犬伝 ‐東方八犬異聞‐ 第5巻

hakkenden

八犬伝  ‐東方八犬異聞‐ 第5巻
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
10
評価数
2件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
媒体
コミック
出版社
角川書店
シリーズ
あすかコミックスCL-DX(コミック・角川書店)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784048546638

あらすじ

※非BL
撃たれた信乃の命を留めた反動か、村雨の呪縛が停止し信乃がついに18歳の姿に…!そして教会本部からの召喚に受けて立つ信乃だったが…?

表題作八犬伝 ‐東方八犬異聞‐ 第5巻

評価・レビューする

レビュー投稿数1

大きなシノが美味しい第五巻であります。
長髪ってのが受け受けしくて良いですな(*°∀°)=3はぁはぁ
それでいて甘やかされ放題だったもんだから生意気だし愛され体質だしワガママだし。
こういう子に癒されるわ~www小さいのも可愛いけど
小さいのに戻らないのもさみしいけど大きいのイイ!
・・・盛り上がったのもつかの間でしたが(笑

さて、犬の名と玉をもつ者たちがだいぶ集まり
壮介の片割れという蒼との確執もろもろ
シリアスも含め、話の軸が構成されるお話でした。
正味、難しいことはよくわからんのだが、これからどいう展開になっていくのかが楽しみなところ。読み終えたら再読。再読すればきっとミジンコ脳の私にも理解されるはず!
と思いつつであります。

記憶を失っている壮介の記憶の部分をもつという蒼
なぜ生まれたのか、なぜ存在するのか。
人のものを壊して、殺して奪い自分のものにしている理由。
シノとの関係性もろもろ含めて、謎が解けていくといいですね~
ついでに言えば、小文吾の恥ずかしい場所の痣。
もう少し恥ずかしい場所でもよかったなww内ももとかwwwじゅるり

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ