極楽鳥館の花嫁

gokurakuchoukan no hanayome

極楽鳥館の花嫁
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
2
評価数
3件
平均
1.7 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784592876588

あらすじ

ガーデンデザイナーを目指す史は、双子の姉・博から、結婚して1年住めば祖父の遺産の極楽鳥館を相続できると聞かされる。博の婚約者・朱雀を紹介されるが、姉が行方不明になってしまい……!?
(出版社より)

表題作極楽鳥館の花嫁

ある理由から受様の姉の婚約者を演じる男33朱雀蓮士
遺産相続の為攻様と関わる園芸担当店員26小鳥遊史

評価・レビューする

レビュー投稿数1

愛されてますね~

ガーデンデザイナーを目指す受け様が今まであった事もない
祖父の遺産相続を巡ってトラブルに巻き込まれながら
強気で傲慢な攻め様から時折感じる寂しそうな様子に・・・

お話は身代わり花嫁って事ですから、かなりメジャーな設定かなと。
姉弟が無くなった母方の祖父の遺産の極楽鳥館を相続するんですけど
相続するには高額な相続税を払わなければならない。
もちろんそんなお金なんかある訳ないのですが、
ある条件で全て負担してくれると言う美味しい話を受け様の姉上が
受け様に相談も無く全て勝手に決めちゃいます。
受け様は、そんなうまい話にかなり疑心暗鬼。
条件が受け様の姉上が1年間攻め様の花嫁になり極楽鳥館に
住むことが条件だったから・・・
そして、お決まりのように姉上遁走してしまう&受け様身代わり決定。
不可解な条件に納得できない受け様でしたが徐々に攻め様が
気になりだして、傲慢ばかりと思っていたら
さりげなく不器用な優しさを与えられて気になって行く
描写も良かったです。
後半部分は不器用な攻め様の優しさを受け様が受け止めます。
そして攻め様も受け様への愛を形にしてい続ききます。
個人的にはもう少し盛り上がりが欲しかったです。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ