ゼッタイキライ!

zettai kirai

ゼッタイキライ!
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
2件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
茜新社
シリーズ
オヴィスノベルズ(小説・茜新社)
発売日
価格
¥857(税抜)  ¥926(税込)
ISBN
9784871823593

あらすじ

関東人にすごい偏見を持っているバリバリの関西人の佐伯貴弘は、東京から出張してくる男が自分の部下になると聞いて、ブルーだった。
だが、東京からのエリート、浜野和志は頭がよく真面目だが、ちょっとマヌケないいヤツで、佐伯にとっては良い呑み仲間になった。
少しずつ偏見を直してゆく佐伯の前で、突然浜野は人好きのする仮面を脱ぎ捨てた。
浜野の本性は変態のド鬼畜ヤロウだった。

表題作ゼッタイキライ!

浜野和志/会社員(部下)
佐伯貴弘/会社員(上司)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

すこーんとアホエロ

すこーんと明るいアホエロな作品でした。
深みもへったくれもないのですが、アホエロっぷりが突き抜けてるので楽しかったです。
主人公の受けは関西人のリーマンで、全編関西弁の一人称。
そこに関東から出張でやってきた部下。こっちが攻めです。
最初は猫をかぶってた攻めだけど、途中からかわいい部下の仮面をかなぐり捨てて、無理やりエッチに及ぶ。
関東人の鬼畜攻めに、コテコテの関西人が関西弁で間抜けなツッコミを入れながらやられてしまうというのが面白い。エロいというよりアホすぎて笑っちゃう濡れ場です。
ヤられたからといって、受けが簡単に心まで落ちないのもいいですねー。そこをもって不満に思われる方もいるかもですが、私は逆で、無理やりエッチされてすぐに恋心が芽生えちゃうっていう展開のほうが苦手なもんで。

続編があるようです。
続編はまだ読んでないけど、たぶんそこで受けは心まで落とされちゃうんだろーな。ご愁傷様です。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ