今日から、あんたが俺の王様だ

王様のデセール -Dessert du Roi-

Oujisama no Dessert Dessert du Roi

王様のデセール -Dessert du Roi-
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
15
評価数
4件
平均
3.8 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
ブライト出版
シリーズ
ローズキーノベルズ(小説・ブライト出版)
発売日
価格
¥857(税抜)  ¥926(税込)
ISBN
9784861231636

あらすじ

洋菓子店《patisserie la sante(パティスリー ラ サンテ)》オーナー・比呂也は、主戦力(メインパティシエ)が抜け閉店の危機に直面していた。店の窮地に現れたのは、比呂也の理想を実現するに申し分のない腕を持つパティシエ・孚臣。だが彼は以前、とある成り行きで肉体関係を持ってしまった相手だった!? 『オンとオフの切替さえすれば』――自分の理想のためにと孚臣の採用を決めた比呂也だったが、『こっちも込みで』と伸ばされた手をなぜか振り払うことができなくて…。

(出版社より)

表題作王様のデセール -Dessert du Roi-

海外有名店で修業を積んだパティシエ・野島孚臣
厳選素材で洋菓子を提供する店のオーナー・早瀬比呂也

評価・レビューする

レビュー投稿数2

偶然は運命の前触れ

今回は海外有名店で修業を積んだパティシエと
厳選素材で洋菓子を提供する店のオーナーのお話です。

受様のお店の立て直しを図りながら
身体から始まった攻様との関係に気持ちが追いつくまで。

受様は
両親の死をきっかけに会社員を辞めて
美味しく身体によいスィーツを提供する
パティスリーを始めます。

受様の母親は偏食がひどい受様のために
野菜のおやつを手作りしてくれた影響で
受様は甘いものが大好きになりますが

感覚で生きるタイプの受様には
プロをうなられる舌は有っても
繊細なスィーツを生み出す才はなく

受様の考えに共感してくれ
腕も良いパティシエを探し出して
なんとか開店する事が出来たのです。

受様の店は
味も店の雰囲気もよく評判になりますが

頼りにしていたパティシエが
田舎で独立したいと辞める事になった事から
再度パティシエ探しに奔走する事になります。

そんな時に理想的なパティシエとして
受様の前に現れたのが今回の攻様でした♪

しかも攻様はかつて一夜限りと
身体を許した相手だつたのです(苦笑)

2人が続き初めて逢ったのは半年ほど前、
受様がパティシエ探しの上に
常連客のストーカー行為に
頭を悩まされていた時の事でした。

その時も女性客のつきまとわれ
霹靂していた受様は攻様の協力を得て
彼女を振り切る為にラブホに入る事に(笑)

しかも
ストーカーについて話すうちに
バイだと言う攻様にお試しとばかりに
受様は美味しく頂かれてしてしまいます(激笑)

受様としてはその場限りで
更なる関係を作るはありませんでしたが

パティシエの募集していた受様の店に
訪ねてきた攻様の腕が
受様の理想そのものだった事から
彼の雇い主となってしまいます。

しかもキスをしかけてきた
攻様の誘いを断り切れず
身体こみでカンケイする事に!!

今日からあんたが俺の王様だ

はてさてこんな2人に待ち受ける未来とは?!

かつてなりゆきで関係を持った男と
自分の夢のためと再び関係を持ってしまった
受様の恋物語になります♪

2人が雇用関係を結んだ後に
2人の兄と姉の結婚が決まって
姉と攻様が入れ替わって住む事になり
同居というよりも同棲に発展します。

受様は攻様とHこみな関係は
攻様に押し切られたからと思いつつも
今の関係を壊そうともしていないので

流され受っぽいのですが
受様が無自覚だけで惚れた弱みで
抵抗できない所がすっごくツボで
ムフフな笑いがとまりません(笑)

そうこうするうちに
攻様が帰国した理由が明らかになり
2人の間に亀裂が入るのですが

ソレを乗り越えて
受様が自分の気持ちを自覚するまで
とっても楽しくよめました♪

私生活でも食に拘りがある作家さんなので
作中に出てくるスィーツや料理、
食材に対する拘りが半端じゃなく
受様の店もコンセプトがしっかりしています。

実際に出来るかは別問題として(笑)
あらゆる意味で眼福モノの
こんなパティスリーがあったら
ぜひ行ってみたいですね♪

今回は本作同様、
攻様のケーキにゾッコンな受様のお話で
和泉桂さん『シュガー・ベイビー』はいかが?

0

一目ぼれだったのよねぇ~

もう、これは運命的な出会いですよね。
きっとお互いが一目ぼれ状態だったんでしょう。
受け様は、行きずりな一過性な出会いだったと思ってるけど
貞操観念が低いわけじゃなし、まして同性なんだから・・・
攻め様は、寡黙でなかなかわかりづらい人だけど
なんとなく、それは受け様の為にって言うのが伝わってきます。
不器用な人ですが自分の信念を曲げない強い人。
受け様は徐々に自分の気持ちに気づいていきますが
逆に、攻め様の為に出来る事をと心を悩ませて距離を
おこうとします、片思い的な考え方ですね。
でも攻め様の幸せは受け様と共にある事、
初めから阿吽の呼吸が取れる二人の愛が形になるまで。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ