世界一初恋~羽鳥芳雪の場合~ 描き下ろし漫画②

世界一初恋~羽鳥芳雪の場合~ 描き下ろし漫画②
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

137

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
小冊子
出版社
角川書店
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
付いてきた作品(特典の場合) 本品が「世界一初恋 vol.2 特装版」の特典

あらすじ

売れっ子少女漫画家「吉川千春」こと吉野千秋は、昔からひとつの事に集中すると他の事が全く見えなくなるタイプだ。幼馴染である羽鳥が取り残された気分に成りながらもソレに耐えられたのは、戻ってきた千秋が自分に満面の笑みを見せるからだった。しかし、ある店で偶然、千秋の元カノと接触してしまい…

表題作世界一初恋~羽鳥芳雪の場合~ 描き下ろし漫画②

エメラルド編集部所属で受様の担当編集者・羽鳥芳雪
超売れっ子少女漫画家「吉野千春」・吉野千秋

評価・レビューする

レビュー投稿数1

千秋、元カノと再会・・・

特装版1の付録小冊子に続き、今回の小冊子も羽鳥(トリ)と千秋のお話で、トリ視点で展開します。
ある意味どこか無邪気で天然で鈍い千秋(でも、トリもトリで千秋とは違う鈍さがあったり・・・)に心が振り回されるトリ。
今回はかなりかき乱されている感じです。

以下、内容になります。

特装版1の小冊子からの続き、トリと千秋、2人で外で食事をしながらネームの打ち合わせ。

物語の見せ方に悩んでいた千秋だが、急にアイディアを思いつく。
そうなるともう、食事もトリもそっちのけでネームを書きはじめる千秋。
そんな千秋を見ながら、昔から千秋は一つのことに集中すると周りが見えなくなってしまい、作業が終わるまでおいてけぼりなんだよな・・・としみじみ子供の頃の千秋を思い出すトリ。
昔は一人取り残されたような気持になってどうしたらいいか分からなかったけれども、でも作業が終わった瞬間の(トリに向けられる)笑顔がとても好きで、今はその顔を見れるのが幸せなトリ。

ネームを得意になって見せる千秋。勢い余ってつい机上の水を倒し、そばを通りかかった女性にその水がかかってしまう。
慌てる千秋だが続き、相手の女性が千秋の名を呼び、千秋も相手の顔を見て「・・・なお・・・」と・・・。
そして慌てて彼女の手を引いて、店員からタオルを貰おうと立ち去る千秋。
そんな2人を呆然と見つつ、「誰」・・・と心の中で思うトリ。

千秋とその女性のやりとりを離れたところから見つつ(会話は聴こえない)、その中で千秋の照れたような笑顔が見えてしまい、ショックそうなトリ・・・

戻ってきた千秋に、クールな顔で「元カノ?」と聞くトリ。
赤面し動揺する千秋。大学生の時の・・・と答える。

トリ、クール顔ながらも、心中穏やかではない感じ・・・

帰宅後、自宅で1人で悶々としているトリ・・・
千秋が今さら元カノと再会したからってどうなるものでもないはず、今は自分と付き合っているんだから・・・と自分に言い聞かせるように心の中で呟くトリなのでした。

(世界一初恋 Vol.3特装版の付録小冊子につづく)

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ