大人気アニメ「タイガー&バニー」公式コミックアンソロジーが隔月でリリース!

TIGER&BUNNY 公式コミックアンソロジー #01 It takes two to make a quarrel.(ケンカは一人ではできない)

TIGER&BUNNY 公式コミックアンソロジー #01 It takes two to make a quarrel.(ケンカは一人ではできない)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
媒体
コミック
出版社
角川書店
シリーズ
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784048546966

あらすじ

カバーイラストはサンライズ描きおろしの“虎徹”!

イラスト:小田すずか/山下ナナオ
コミック:浅見よう/イチミヤ/大野ツトム/狩野アユミ/サカヅキラン/栗山廉士/朔坂みん/手越原徹/友/永緒ウカ/二条クロ/隼人/冨士原良/藤丘ようこ/ぽち/松尾葉月/ミキマキ/満塩真美香

表題作TIGER&BUNNY 公式コミックアンソロジー #01 It takes two to make a quarrel.(ケンカは一人ではできない)

その他の収録作品

  • 『haropro!』イチミヤ
  • 『おじさんのおヒゲその①&その②』二条クロ
  • 『カルタでハーイ☆』朔坂みん
  • 『ブルーローズのダイエット大作戦』狩野アユミ
  • 『真夏の終わりの風物詩・・・!』ぽち
  • 『絶対に笑ってはいけない』『一期のバーナビー』『読めない』『営業スマイル』『乙女心』ミキマキ
  • 『マラソンをしよう!』永緒ウカ
  • 『バーナビーの例外』大野ツトム
  • 『MOYA2-DAY』藤丘ようこ
  • 『日々のお手入れ』『おみやげ』冨士原良
  • 『Live and let live.』栗山廉士
  • 『みんなのネイサン』『ヒーローの悩み~スカイハイ編~』『ヒーローの悩み~ドラゴンキッド編~』手越原徹
  • 『斎藤さんにアテレコ!』満塩真美香
  • 『ヒーローの副業は・・・?~美の殿堂~』松尾葉月
  • 『lce-cream headache.』浅見よう
  • 『日速数ミリメートルで』サカヅキラン
  • 『King of・・・』隼人
  • 『THE BELIEVED CHOICE.』友
  • 作家コメント

評価・レビューする

レビュー投稿数1

公式どうじ・・・じゃなかった公式アンソロジーその①

この表紙!
この表紙!
こんな表紙!
ということで、表紙の為にほぼ購入したと言っても過言ではありません。
公式最大手の名に恥じぬ公式同人誌っぷりな表紙ですよね。
レーベルがアスカコミックということで、完全に女性向けです。

内容としては一迅社から発売されていたアンソロジーと同じような雰囲気で、ヒーロー達が仲良しで、ギャグ・・・まで行きすぎないけれどコメディなお話が多め、ほのぼのあり、イイハナシダーというのあり、シリアスは少なめですがバラエティに富んだ作品でした。
参加されている作家さんも、どこかしらでお名前を見たことのある作家さんばかりなので、作画も安定しており読みやすかったです。
ちょこちょこ、これはなーうーん・・・と思う作品もありましたが、おおむね楽しめましたが・・・
キャラクターですが、万遍なくとは言い難いかもしれません。
やはり虎徹、バーナビー多めです。
女子組み(ネイサン含む)も割と多め、折紙先輩も割と多めです。
他のキャラも勿論出てますが、ちょっと少なめ?な感じでした。
全体的に短編が多いので、ぎゅぎゅっとお話が詰まっていて、ついでに程良い萌えも続き詰まっていました。
一番の萌えは表紙ですが!

あと、虎徹←カリーナという感じで、カリーナが恋する乙女・・・という雰囲気の話もちらほらあり、BL好き以外の女性読者に向けた『女性向けレーベル色』を強く感じました。
そして、バーナビーはツンが多めで、おじさんのこと口に出さないけど(人間として相棒として)好きだよね、という表現もありました。

①では巻末に収録のお話と、その手前のスカイハイの飼い犬・ジョン視点のスカイハイのお話が良かったです。

最後に価格と内容ですが、私はこれでこの価格なら安いかなと思います。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ