親友の距離

親友の距離
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神10
  • 萌×27
  • 萌13
  • 中立3
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
9
得点
120
評価数
35件
平均
3.6 / 5
神率
28.6%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥543(税抜)  ¥586(税込)
ISBN
9784199006319

あらすじ

親友だと思っていた男から突然の告白!? 応えないまま忘れてくれと告げられ、そのまま距離が遠くなって6年──。大学時代の親友・七海(ななみ)と仕事で再会した進一(しんいち)。動揺する進一と裏腹に、七海は気まずい過去など忘れた様子。何の屈託もない笑顔は本心なのか…? 七海との過去を思い返しては、真意が掴めず戸惑う進一。けれど二人で飲んだ夜、酔った七海が「もう失敗したくない」と呟くのを聞き…!? 

(出版社より)

表題作親友の距離

重機メーカーの企画部員 塚原進一
グループ企業の営業 一之瀬七瀬

その他の収録作品

  • 恋人の時間
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数9

読み始めたら夢中に・・・

杉原先生の作品を読むのは二作目になります。

親友、長年の片想い、リーマン同士・・・と、大好きな萌え要素が満載そうな作品なのに、何故か最近まで読む機会を逸していた作品でした。

そして、今回ようやく読む機会を得たのですが、なんでもっと早く出会っておかなかったんだぁ~(><)と、叫びたくなるぐらいツボにはまる作品でした。

ひたすら、2人の世界です。でも、決して閉鎖的ではなく、サラリーマン達の仕事現場を垣間見つつも、攻め様と受け様の揺れ動く友情、そしてそこから恋、愛情へと変化していく様子がじっくり楽しめます。
2人の学生時代のエピソードも絡みつつ、読み手はひたすらやきもき&ドキドキ(物凄くドキドキします。良い意味で!!!)しながら2人の行方を見守る感じです。
読み始めたら止まらなくなって、夢中で最後まで読んでしまいました。
とても好きな作品で、読み終わるのが残念に感じたほどです。

受け様の不器用な性格が物凄く理解できるだけに、読みながら本当に切なくなったり、はらはらしたりもしました。
攻め様は攻め様で、割と理性的に一歩引きながら冷静に大人の対処・・・みたいのをす続きるタイプなだけに、押しが弱くて、ついつい2人はすれ違い・・・を繰り返すものの、最終的には攻め様が受け様の性格、受け様の本心を理解し始め、決して理性的にならずにぐいぐい押して行ってくれたおかげで無事受け様は本当の幸せを手に入れ、読み手の私も気分すっきりでした。
攻め様の押し具合、萌えます!!!ときまきます!!!!

親友でもあった2人のHはこれまたすごく良いんです!!必見です!!

受け様が、恋人になるという関係の変化に戸惑ってぐるぐるしちゃう姿もかわいくて、恋人関係になってからの2人はとにかく微笑ましいです。

1

相変わらず薄味・・・

杉原さんでは、まだマシな方です。
『中立』ですが『杉原作品の中では』と考えれば多少は『萌』に近いかな?でも決して『萌』までは行ってません。

でも、なんと言っても三人称だし(私は『受一人称』が苦手なんですが、中でも杉原さんの『受一人称』は今まで読んだ中でいちばんダメ)、無駄に長過ぎないし。それだけでも安心して読めました。
それに、文章もいつもの『過剰』なところがあまりなく、わりと読みやすかったですね。

そういうわけで他の(とりわけ受一人称の)作品よりはまだよかったんですが、やっぱりすべてにおいて『薄味』過ぎて物足りない。低温のままで安定してて、ほとんど起伏がない感じです。
『焦れったさ』や『ぐるぐる』が目に余るほどでもないのはいいんですけどね。

設定やキャラクタータイプ・ストーリー展開も、いかにも杉原さんって感じでした。ホントよくあるパターン。
正直、何ひとつ好みと言えるものはなかったので(今回も)、個人的にはまったく盛り上がらず乗り切れず、あっさり終わってしまいました。

ただ、杉原さん作品では珍しく攻キャラクターがキライじゃなかった。その分続き、受が好みじゃなかったので結局差引ゼロかもしれませんが。
こういう『ツンツンしすぎ受』はホントに苦手なんです。

私はどうも、杉原さんとは徹底的に相性が悪いようですが、冒頭にも書きましたがそれでもこれはまだいい方です。杉原さんの(私にとって)ダメな部分があまり目立たなかったから。

だからって好きだとも読んでよかったとも言えないし、再読もありえません。

3

何度も読み返したお気に入りの1冊になりました

親友だった塚原進一と一ノ瀬七海。
大学を卒業してから疎遠になっていた二人が仕事で偶然再会したところから物語が始まります。
互いを思う気持ちを自覚するまでの時間差があるとこうなるというお手本のようなお話。
進一にも七海にも遠慮があって互いにぐるぐるしていますが、そのあたり丁寧に書き込まれていて良かったと思います。
逃げまくる七海をつかまえた進一に拍手♪
これで逃げ切られていたらヘタレの称号を与えるところでした(笑)
片思いの時間が辛くて長すぎてなかなか甘えられない七海をちゃんと支えてくださいね。

4

惜しい

高校・大学の親友と、社会人になってから偶然の再会。
受はゲイという性癖をひた隠しつつも攻を一途に思い続け、ひょんなことで思いを伝えたものの、ノンケの攻の前に玉砕。再開後には一度は封印した恋心が再燃して…というお話。

設定に凝らない、特に大きな事件が起こるわけでもない、しかも登場人物も少ないお話は、作者の文章力というか、登場人物の心理描写が相当うまくないときついです。
その点、非常に惜しい。
決して面白くなくはないのですが、最後までただ静かに、攻サイドにも受サイドにも共感できずに読み終えてしまいました。

受は攻に対して過去に一度失恋しているという設定があるせいで、発言にたびたび卑屈さが混じるのが気になりました。その臆病さが可愛いといえばそうなのでしょうが、その受に、ノンケだった攻が惚れた理由がいまいちつかめません。
当時ノンケだった攻が鈍感で、受の恋心に気付かなかったことは、そんなに責められるようなことなのか…理解に苦しみます。
攻も攻で、どうして今になって受のことがずっと好きだったと気付いたのか、そこはこのお話の中で最も重要な点なので、もっと納得の行く理由が欲しか続きったですね。

唯一、穂波ゆきねさんの挿絵が秀逸でした。
穂波さんのリーマン同士のCP絵は最近あまりなかったので、その点は嬉しかったです。

3

心情の変化が絶妙!!

大学時代、親友に告白されて、
うまく返事が出来ず振った事になってしまい、
それからは友人として付き合って、
数年連絡を取り合う事も無くなってしまったけれど
仕事で再会して、告白して、ハッピーエンド。
じゃないんです!!!
そんな簡単なもんじゃ無いんですよ、この物語は!

数年も経てばお互いも変わるし、環境も変わる。
一度振った奴が、どうして今更友達を好きだなんて思える?
それがこの作品ではゆっくり静かに綴られていて、
「なるほどね~…」と納得させられます。
進一の性格も七海の性格も、確固たる一本の筋が通ってて、
無理なく自然に受け止められました。

とにかく進一が出来た男で…。
これじゃ誰だって好きになってしまうんじゃないかな。
好きでもない男と寝る七海を理解出来ない健全さ。
皆に優しくて、普段は滅多に声も荒げないような紳士っぷり。
けど、七海に再会して、七海の元彼に感情を揺さぶられ
往来で相手を殴ってしまう熱血漢な部分もあり…。

当の七海は、強く想われたら受け止めないわけにはいかないという
優しいというか同情の塊みたいな部分がありつつ、続き
綺麗な顔してキツイ事言ったりするのも、
進一に平気な振りを装うのも、ものすごく健気に見えました。

とっくに諦めていたはずなのに、
結局想いに終わりがない相手に告白され、
「うれしいけど怖い」と力なくこぼす七海がとても愛おしかったです。
進一は想いを告げてから、きっちり躰でも愛を伝えます。
…もー、甘いったらないw
恥ずかしげもなく愛情表現してくれる進一に戸惑う七海が
ものすごく可愛いんです!!
気丈に見せているけど、内心すごく揺れている感が
たまらなく萌えでした♪

あとがきに書いていらっしゃいましたが、
「穂波先生の絵で大人のサラリーマン同士を書きたい」と
イメージして作られたそうです。
もうもう、ドンピシャですよー!!!
穂波ゆきねさんは、絵師買いをしてしまいたくなるくらい好きで、
でも内容が、がっつり満足出来る作品って数少ないんです。
(偉そうでごめんなさい;)
これはもう、何度も読んで、何度でも納得出来て、
イラストにもハイパー萌えなんです!!
可愛らしいような受タイプより俄然好みなので
ものすごく良かったんです!
いいわぁ、大人の恋愛って感じ…。
やたらめったら気持ちをぶつけ合わないのもポイント。
もちろん、決める時はがっちり決めますw

同級生、再会、リーマン、すれ違いのキーワードで
私の中ではピカイチな作品です♪


3

丁寧

高校、大学と同級生で親友だった二人がある事をきっかけに疎遠、数年後、社会人となって偶然の再開。

気持ちが通じ合ってるはずなのにタイミングのズレや、若い頃とは違い、後先考えず進めない。関係を変えるのが怖い。ノンケの攻めとゲイの受けとでは感覚が違うのではという思い。

シチュエーションはそう珍しくもないのですが、心の揺れが丁寧に書かれている作品でした。

特別なトラウマがあるとか恋愛とは別場面で大きな波乱があるわけでもない。でも男同士、友情が恋愛に変化するのはそれだけで大事件だし、まして身体を繋げるなんてかなりのハードルなはず。
今作は、その点の心理描写がリアルでよかったです。

個人的に再開モノはあんまりなのと、キャラも好みからズレていたので萌え止まりとなりましたが、読み応えのある作品でした。

0

親友が恋人になる時

結局の所、これが私の一番好きなパターンなんだと、改めて納得するようなお話。
これこそ、私の好きな杉原さん。

親友だとしか思っていなかった相手に、ふと、告白されて、逃げられて、再会して、
ずっとわだかまっていた思いが、何であるかに徐々に気付いて、
自覚したら、今度こそは逃がさずにちゃんとつかまえる。

片思いだと諦めていた物が、実は両想いで、たまたま恋愛感情に気付くタイミングが合わずに紆余曲折しちゃう。
こういうすれ違いや、右往左往は好きだなぁ。

1

等身大の男の姿

いつも杉原理生さんの作品はジワジワとした熱を感じる恋愛もののようなイメージがあるのですが、今回もまた温度は決して高くはないんだけどジワジワと温度というより染みが広がって行くようなそんなイメージを受けました。
色々と親友から恋人に変化するお話がありますが、これは決して突飛でなくて、実に登場人物達が等身大で、一緒に考えながら進むお話だったと思います。

グループ企業の営業担当と、企画担当の社員として大学以来音信不通だった、かつて友達だった七瀬と進一が再会する。
最初は一瞬他人行儀なのかと思えば、しばらくするとまるで昔に戻ったように友人関係が再び繰り返されていくのですが、進一の胸にはひっかかるものがある。
それは一度大学時代に七瀬に告白され、それを受け入れることなく再び友達に戻ったというその過去。

進一と七瀬の昔が、進一が回顧する形で本文中に組み込まれていきます。
それは進一が、七瀬にこだわっているからこそそうした回想になって彼の事を考えてしまうんですね。
だからどちらかというと、一体七瀬はどうおもっているんだろう?って強引ではないけど進一のほうが積極的に出ます。
一方続き七瀬はヘタレ。
自分の気持ちを隠して、相手の前向きな言葉を否定して、もう傷口を開かないでほしいといくらかネガティブ風味があふれています。恋愛に対して。
これがすれ違いでもあるんだけど、進一の心を進展させていくことになっている。
進一の前向きな言葉をことごとく否定する七瀬がカワイソウな程にかわいいです!!
決定打がアテ馬のように登場する七瀬の別れた彼氏笹川が出張って、ベラベラと七瀬の事を語ります。
彼のその言動が摩訶不思議なんですが、まるで進一をけん制しているより、焚きつけているような雰囲気がします。
でも、彼がいるからこそ、進一の気持ちが大きく動いて友情から愛情へと変化したのでした。
それでも尚、臆病な七瀬。
自分に自信がなくて、進一を疑って、絶対うまくいきっこないと思いこんで、それを進一は、自分への思いやりと優しさだと理解するあたり、何て進一はイイ奴なんだ!!と思うのです。
この友情から愛情への変化の進一について、何か大きな決定打があるわけでも、大きな事件があるわけでもないです。
ただ日常のごく普通の生活の中でそれが展開していくのが、きっとじわじわと、ジリジリとという雰囲気を作り出しているんでしょう。

『恋人の時間』において、甘い出来立てほやほやの恋人達の姿が綴られますが、進一がかいがいしいです。
ちょっとしたヤキモチを互いに抱いたりしてw
まだ七瀬は恋人になってもネガティブ思考はなくなりません。
でも、進一が確固たる愛情で彼を愛している限り、七瀬は背を預けて安心して愛されていればいいんだvと、思える甘いお話でした。

親友から恋人に変化するには、必ずしも何かとても大きなものが必要ではないんだな、
過去の積み重ねと内省なんだな、と、とても自然なお話だったと思います。

0

ゆっくしと近づいていく距離がもどかしいけれどいい感じ。

再会ものです。
設定はとてもいい感じなんだけれど、攻め視点なので切なさがなかったです。
それがちょっと残念でした。
あの時気付けなかった恋がゆっくりとしたペースで近づいて行く・・・。でも好きだ!!と気付いた時からまっしぐらだった攻めの行動は結構好きでした。

重機メーカーの本社の企画部門で働いている塚原進一。
社内ネットワーク新システムを立ち上げるために同期の塩崎と後輩の岩見は系列のソフトウェア会社との打ち合わせが終わってデスクに戻ってきた。

いつも岩見はこの担当さんが綺麗だと!今日も麗しかったと楽しんでいるのですが、どうもこの担当さんは綺麗でホモなんだそうです。あまりはっきりとした根拠というものもないんですが、本人も否定も肯定もしなかったという事で、岩見の中では確定になっているみたい♪
岩見はこの綺麗な担当さんを気に入っているのですが、塩崎は綺麗な顔で毒舌嫌味をいうこの担当を気に入らないみたいですね。
綺麗でホモな男。女受けは良くて、男受けは悪い・・・。という評判に何処か引っ掛かりを覚える進一なのですが。


塩崎が異動になり進一がその担当続きを引き受ける事になったのですが、岩見に担当の名前を聞いてみると、一ノ瀬七海だと・・・。そう高校・大学一緒で親友だった男の名前だったのです。

実はこの二人、親友同士だったのですが・・・。
大学の飲み会で大木という奴が竹内はホモだと言い出したんですね~。あまりそういう噂話は好きではない進一は大木をたしなめようとした時に七海が毒舌で大木を怒ったんです。
そしてその後に大木が竹内がホモだというのは本当だと!!進一に言ってきたのです。そして七海と付き合っていると!!いつも公平で人に頼られている進一。めったに怒る事もないのだけれど、この時は大木に怒りました。
でも何か、自分のなかでもやもやしているのだけれど、七海に真偽を問うことは出来なかったのですが、のちに七海から直接言われます。

七海と竹内は付き合っているわけではないのですが、竹内は七海の事だ好きで好きで仕方がなかったのですが、
田舎に帰らないといけなくなり、その前に1度だけ抱かせて欲しいと・・・。
そういう関係だと!進一に告げるのですが、進一は考えられない・・・と。この頃の進一は真面目で面倒見がいい青年だったんですね~♪父親がなくなって母親と妹を支えて生きてきたので、性格的にもまっすぐな性格なので、好きでもないのに1度だけでも気持ちに答えてやる!っていうのは不誠実だと思ったんでしょうね。
しばらくは今まで通りの日常だったのに、卒業したらルームシェアするのもいいなぁ~と二人で話している時に、
七海は進一に『好きだ』と言ってしまうのです。そして『忘れてくれ』と・・・。それから疎遠になった二人・・・。


打ち合わせ当日進一は七海を飲みに誘います。そしてまた友達関係が始まりだすのですが、七海の元彼というのが出て来て、進一は自分の気持ちに気づきます。
そこからは、ストレートに告白!もちろん馬鹿にするな!!って返ってきましたけど・・・。

それでも自分の気持ちを認めて、大事な物がなんなのかと考えた時に七海の傍に居たい・・・。

もちろん七海は進一への気持ちを引きずっていますから、好きと言うわれて嬉しいんだけれど、怖い・・・。


と、再会してゆっくりと恋の距離が近くなっていくというお話でした。
私は後輩の岩見(女子)が結構気に入りました♪


『恋人の時間』は七海視点で素直になれないんだけれど、進一が大好き♪っていうのが行動に出ていてすごく可愛かったです♪

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ