華族花嫁の正しい飼い方

kazoku hanayome no tadashii kaikata

華族花嫁の正しい飼い方
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×23
  • 萌8
  • 中立6
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
9
得点
52
評価数
21件
平均
2.9 / 5
神率
9.5%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
オークラ出版
シリーズ
プリズム文庫(小説・オークラ出版)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784775517581

あらすじ

没落華族の家に生まれた桜海。裕福な家の当主と婚約した姉がさる事情から嫁げなくなり、そっくりの桜海が身代わりとして─?

(出版社より)

表題作華族花嫁の正しい飼い方

財閥常盤小路家の当主/総帥 常盤小路篁・30歳
没落伯爵家の長男 綾之杉桜海/大学生・18歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数9

姉にイライラする

読んでいて受の姉にイライラしちゃいました。
私的にはBLでは主人公より女が幸せなのはイライラしちゃいます。受の姉が攻の弟とくっついて受が代わりに攻の花嫁になるんだけど終盤まで攻が受に対する態度が冷たすぎて可哀想でした。
なので姉が幸せそうに買い物とかしてる場面でイライラ。原因が自分にあるのに被害者ヅラしてるのにもイライラ。かなり腹黒いって感じで登場するだけでイライラ。
BLでは女性は引き立て役だけでいいと思う。
あまりにもでしゃばられたりしたらその時点でイライラしちゃいます。

2

SMモノ

 傲慢でドSな攻め×健気で素直なMの受け です。

 攻めと婚約していたはずの姉が、その腹違いの弟である楓の子を身ごもってしまったため、弟である桜海は姉の代わりに、攻めの「話し相手」として攻めの屋敷に住むことになります。しかし、話し相手とは名ばかりで、実際は姉の身代わりの色子としての同棲。桜海は、傷ついているはずの篁を癒そうと、姉の代わりにせいいっぱい尽くそうとします。初夜では、篁が望むままの屈辱的な行為(鏡プレイ、緊縛プレイ、フェラ、スパンキング、自慰強制など)を受け入れ、尽くします。ここの初夜の描写が多分一番長いです。
 毎晩繰り返されるSMの数々を経るうち、桜海はなぜか篁に惚れ、キスしてほしい、抱きしめてほしいなどと思うようになります。ここら辺の桜海の心情は、桜海視点でたっぷり情緒的に語られます。桜海の世間知らずの没落華族であるがゆえの一途さは、せつないほどですが、客観的にみれば、なぜ桜海が篁にここまで惚れこんでいるのか若干分かりづらい気がします。まぁ、桜海にMの素質があったがゆえかもしれませんが…。

 篁に惹かれるあまり間接キスで喜んでしまっている桜海ですが、篁と楓続きの会話から、篁が嘘をついていたことを知ってしまい、また、里帰りを願い出たことから篁に顔を見せるなと言われてしまったことで、絶望します。ナンパしてきたホストの男とホテルに行く寸前、篁のつけたボディガードによって桜海は屋敷に連れ帰られます。桜海に篁はお仕置き(ビンタ、風呂での「お清め」)をしますが、桜海が本音を漏らしたことで気持ちが通じ合います。後日、楓から桜海は真実を聞かされ、篁から、最高の奴隷になる資質を見込まれてこれまで調教されていたことを知ります。しかし、そこはドMに調教済みの桜海ですから、むしろ尻尾を振って、篁に仕える喜びをかみしめて、ハッピーエンド。

 全体的に、Mの素質がある子を、攻めが調教開発して立派な犬に育てていく物語だったなって印象です。表紙とかタイトルからは、そうは思えなかったので意外性はありました。でも、いくら篁が激昂していたからって受けの頬を叩くのはなぁ…、あといくら計画のうちだったからといってずっと受けを騙していたのもあまり好きになれなかったので、評価低めです。

3

Mっ子の一人称!すごく変な感じが妙にツボ…

受けの子の一人称で話が進みます。
最初は登場人物の中で一番常識的な子に思えたのですが、読んでる途中から、何だか変だな変だなと思えてきて…。

最後まで読んで、「あ、この子根っからMっ子だった」と気づいて、最初から読み直したら、印象が全然違いました。

ご主人様と奴隷っていうのは、私には共感できない関係なので、
奴隷である語り手の感覚に違和感がありまくり、その違和感が妙にクセになったというか…。

それが面白く、他で読んだことの無い感じで新鮮だったので、Hや恋愛に萌えたわけではありませんが、神評価にしてみました。

まぁお幸せに勝手にやってくださいという感じです。

登場人物も設定も、みんな変です。変なまんま、全員幸せな大団円。

なお、SMですが、支配と服従の関係で、肉体痛めつけ系では無いです。
でもSMキライな人は読まない方が無難だと思います。

1

無理やり花嫁モノ

 没落華族としてつつましく暮らしていた綾之杉家。
 中でも長男の桜海は自身が生まれたときには、すでに華族とは思えない暮らしをしていたのだから、未だに華族としての意地を捨てられず、内職で細々と食いつなぐ他の家族とは違い、書店員のアルバイトをするなど、いたって普通の生活を送っていた。
 ところがそんな綾之杉家にとんでもない縁談話が持ち込まれる。
 絶大な財力を誇る元侯爵・常盤小路家の当主・篁が桜海の姉である桜子のことを嫁にほしいと言って来たのだった。
 再び、華族としての生活を取り戻せるかもしれない、となった桜海の両親は大喜び。
 ところが、当の篁は仕事の忙しさを理由になかなか姉の前に現れない。
 おまけに、篁の名代として綾之杉家に通っていた篁の異母弟である楓と出来上がってしまい、妊娠してしまったという。
 それでは当然、篁と結婚することはできない。
 篁は、楓の結婚を許す代わりに、桜海をよこせと言ってきて……

 という姉の身代わりモノ。
 でもちょっと違うところがあるとすれば、篁は最初から桜海が男だと知っていた……ということ、ですかね。
 それ以外は大体ベタです続き

 傍若無人な攻め・篁に、ちょっとMっ気のある桜海が段々と惹かれていってハッピーエンド。
 王道ですね。

 ちょっと篁はSっ気のある攻め方をしますが、それもそこまでひどくはなく、十分許容範囲だったと思います。
 基本的には、ベタ過ぎてかえって特徴がなくなってしまった話のような気もしますが、「無理やり花嫁モノ」がお好きな方にはオススメします。

0

現代の華族って

没落した伯爵家の長男・桜海(受け)は、姉の身代わりとして、その婚約者である財閥の総帥・篁(攻め)のもとに嫁ぐことになります。

超亭主関白男×明治の女(というか女中)って感じでした。
この攻め、いじめ方がちょっと新鮮な酷さで、ホントの鬼畜ってこういうのかもなと、なんか一番精神にきそうな扱い方です。ドMでなければ耐えられないでしょう。鬼畜攻めが好きな方は一読の価値アリです。
でもな~・・とにかく受けが「ああ篁様をお慰めしなければ」みたいな、なんでそこまでっていう、健気というより卑屈、従順すぎるキャラ。モノローグとかも、本当に大学生の男の子か?っていうような謙った言葉使い。巻き込まれちゃった普通の子、とちょっと違う(^_^;)

なんていうかずっと、この設定ってどうなの、と思って読んでました。
現代で、20年そこそこ前まで豪邸に住んでいた元伯爵のおうちが、いきなり団地住まい姉弟は二段ベッドで寝る、なんてことありますかね。受けの家族が、攻めがそういう目的で受けを欲しがっているとわかっていて泣く泣く差し出す・・みたいなのも。
「没落華族の受けに金で言うこときかせる成金攻め」の設続き定を使いたかったのなら普通に大正・昭和初期あたりにしておけばよかったんじゃないかと。今の時代にそのままあてはめるのはどうも違和感がありました。
ファンタジーと思って読めばいいんですが、そこも受けのキャラがおかしくみえる原因かなと思うので、もったいないなと感じてしまいました。

2

受のキャラが

あんまり 受け付けられませんでした

金持ちオレ様攻 × 貧乏華族受 という 身代わり花嫁にありがちな体裁なんですが
これまで読んだ数冊とはちょっと違う
「花嫁受たんといえば 攻一筋 ケナゲ なガンバリ屋さん」なイメージだったんですけど
この受たん アタクシに言わせりゃ「ヒクツ」です
そこがM気質っちゃーそうなんでしょうが
他の男にホケホケ付いていくし

エロよかったです
イラストも綺麗でした
ごちそーさまでした (ー人ー)

1

これが割れ鍋に綴じ蓋

これは、奴隷調教ものに近いかも知れませんね。            
受け様を一目で奴隷の素質があるなんて見分けられる
常盤小路家の兄弟には驚愕します。さすがドS様の嗅覚!
前半は没落した伯爵家の受け様が姉の不逞の責任を取るような形で攻め様の所へ、お話し相手と言う名目で慰み者になるような展開で若干痛い感じもするのですが
思った以上に切なくもなかったのではないかと・・・
受け様が無自覚のМ受け様でしたので徐々に心の変化があり
面白く読ませて頂きました。
攻め様の傲慢キチクなS様ぶりも、精神面に特化している感じで
そちらも今までに無い感じで良かったです。
後半部分は、解かってしまえば甘い感じで良い締めくくりでした。

4

王道を裏切る面白さ!

久しぶりにレビューしたくなった作品v
あらすじだけ読むとありがち王道BLなのに裏切る裏切る^^
お道具を使わない主義の攻めだしそんなに痛い事はしてないのに
ここ最近読んだ中でも屈指の鬼畜攻め×ドM受け極上SMで満足v

精神的な責め方が巧みで、受けがあんまり可哀想でクラクラ^^
本物の鬼畜ってこういう攻めの事を言うと思う。かなり面白かったv

3

一筋縄じゃない面白さ!

題名にダイレクトに花嫁って出てるし、でも作者さんは最近高評価の犬飼ののさんだし、、、
正直迷いました。
しかし!!やっぱり一筋縄じゃなかった、一皮むいたら花嫁じゃなくて「犬」っていうか「M男の奴隷」?
甘さを期待すると、中々そこに愛が見えなくてちょっと辛かったり痛かったりするので要注意・・・かも?
ええー?みたいな展開から始まるどんでん返しに驚愕させられた、素直に喜んでいいのか、主人公いいのかそれで?とか、とにかく意表をつかれた、エスエムスキーの為の一冊で、自分的満足あります♪

今どき旧華族とか家柄に固執するとんでも設定があるがゆえの、どうしようもない展開(涙)
主人公・桜海は、姉の身代わりというか慰謝料代わりにその婚約者・篁の元にやられます。
この桜海が、結構物分かりが良いというか、察しが良いというか、一見健気で家族の為に自分を殺して犠牲になっているように見えたのですが、篁に犯されるうちに・・・というか、その自己犠牲の姿勢自体が元来の持っていた気質を表わしていたのか、性奴隷のように扱う篁へ依存し始めて気持ちが篁一筋になっていってしまうのが、驚愕でした!
本当に、篁続きはすごく鬼畜なんです。
憎しみを込めた目で桜海を見ているような、優しいのか優しくないのかと言われれば、絶対優しくない酷いしうちをする男なんです!
本当は嫁に来るはずだった姉の為に用意された部屋や数々の品物を見て、篁が傷付いているはずだから、それを慰めるのは僕の役目。と、酷いしうちにも耐える桜海なのに、、、、

そして、一見優しそうだった篁の弟・楓の本来の姿にも驚愕です!
兄弟して鬼畜=ドSだった!?
桜海の親、特に母親とか過去の栄光にとりすがり、固執してるバカな姿にも最初から怒り沸騰しますが、姉にもイライラしてムカムカしますっ!!
(ネタバレすみません!)篁が桜海に、姉が妊娠したということはそう簡単には妊娠はしないはずだから、一体何度股をひらいたんだ。と、言うシーンがあるんですが、なるほどなーと思うと共に”うわっ、この人本当の鬼畜だ!”ってすごくゾクゾクしました!!
一見しとやかな世間知らずのお嬢様然とした姉が・・・と思うと・・・
楓は姉を愛しているよ、とか言うけど本当はお飾りなんじゃないだろうか?ってウソ臭く見えますwww←こいつも相当なタマだぜ!
篁にすげなくされて落胆して、姉に会った時の桜海の本当は言ってしまいたかった飲み込んだ言葉・・・言えばいいのに!どうして彼は呑みこんで相手を安心させる言葉しか与えないんだろうと、胸が苦しくて苦しくて。
しかし、それは後に彼がドM、生粋の犬体質だったということで納得できちゃうんですからあら不思議ww
桜海が自暴自棄になろうとした時に出会ったホスト、ほんとうはいい人なんじゃないのかな?やっぱり悪い人なのかな?そこが気になりますーーーー(涙)
それほどまでに、桜海への仕打ちは酷いんですから!

ラストになって色々な事情と真実が明かされていきますが、やはり篁の鬼畜はそれこそが愛の表現だったという、、、まさにご主人様であり、桜海は隷属したまさに犬なのであります。
苦手な花嫁もの、よもやエスエムものだったとは、誰も想像できますまい。
っていうか表紙で首輪をつけてる時点で予想できる?いえいえ、、あらすじを読んでも全く想像できませんとも!
やっぱり、犬飼ののさん、恐るべし!と思います!!

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ