「ちゃんとおぼえろ。これがおまえをイチから仕込む男の指だ」。

イケズ彼氏の堕とし方

ikezu kareshi no otoshikata

痞子男友的攻略方法

イケズ彼氏の堕とし方
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×216
  • 萌17
  • 中立11
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
15
得点
151
評価数
50件
平均
3.3 / 5
神率
10%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784403663222

あらすじ

コミックイベントの会場で、編集・田中にナンパならぬスカウトされたエロマンガ描きの幸生(ゆきお)。
誘われるままお色気系マンガ家になったのはいいけれど、実は田中はドS編集だった。
ビシビシしごかれる幸生だが、ある日お色気系マンガ家なのに童貞だと田中にバレて……!?

ドSメガネ編集×ツンデレDTマンガ家のラブ!トレーニング!!

右京あやねが別ペンネームでおくる、初BLコミックス!!

(出版社より)

表題作イケズ彼氏の堕とし方

担当編集 田中一路
おパンツ漫画家 後藤幸生

その他の収録作品

  • イケズ彼氏の三次会
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数15

神業修正はここからはじまった

 左京先生のBLデビュー作品。このコミックスで先生の神業修正の遍歴がわかります!
 漫画家と編集という使い古されたテーマですが、パンツマンガ家とイケズ編集という組み合わせが面白い。パンツ漫画ってモロ見せはないけどあちこちパンチラが盛りだくさんな感じの、いわゆるお色気青年漫画みたいな感じですかね? 

 後藤の一生懸命な可愛さも田中のイケズっぷりもすごく良かった。エッチの時も眼鏡ってところがポイント高いし、田中の心が見えなくて後藤が浮いたり沈んだり忙しいのも楽しいです。
 田中がイケズな理由は後藤に夢中になり過ぎるからなんですが、それがもっと良くわかるように、1話でもいいから田中視点のお話が欲しかったです。出会った時や抱いている時の田中の気持ちが知りたかったな。

 このお話は5話+描き下ろしなのですが、4話から修正がガラリと変わっています!3話までは擬音が局部の隣あたりに書かれていたのが、4話からは最近の先生の作品のように局部に一部かぶせるように描かれていて、修正テープの役割を果たすようになっています!3話から4話まで半年ほどのタイムラグがあるので、その間にこの画期的な修正続き方法を編み出したのかな~と思いました。規制に負けないように試行錯誤してファンを楽しませてくれる左京先生。大好きです。

0

作家さん買い

最初に読んだクロネコ彼氏の絵柄にハマって、右京あやねさん名義のものまで含めて一気に読み漁りました。

クロネコ彼氏では感じなかったのですが、こちらは絵がかなり少女マンガ的?
田中のイケズっぷりが自分的には好みのど真中過ぎて★4つくらい付けたいところなのですが、幸生のキャラと絵が合ってない(絵が可愛すぎる)感じがしてどうも今ひとつ萌え切れなかったので★3で。

それにしても田中…Hし終わった後イチャイチャしたがらなかった理由とか、してる最中にメガネ外さない理由とか、萌える(//∇//)

1

イケズってこういうこと!

普段の日常生活でイケズって言葉使いませんよね?
この作品は、どういうのがイケズなのかを
改めて教えてくれる、そんなお話でしたw
わたしはドラマCDが先だったので、話を知ったうえで
読んでいったので、特に驚くポイントはなかったんですが。
とにかく、イケズでしたねw

と、いうのも、攻めの田中が本当に釣った魚に餌をやらない。
成果を出さないと褒めてくれない、出しても反応が薄い、
そんなひどいやつだったんです。
受けのゴトウはそんな田中に振り回され、
でも悔しい思いをバネにして仕事に打ち込み、
そして、流れは段々あやしい方向に・・・。
商品だと思っていない、発言にはびっくりして一旦停止しました。
これは、まさか、ラブの予感でしたねw
その後もいちゃいちゃはあんまりしてくれないんですが、
田中が風邪をひいて家におしかけたり、
謝恩会の二次会に行こうとするのを止められたり、
そんなシーンでは普段が甘くない分一気に糖度が増したような
気がしました。田中がちゃんとゴトウ先生を好きでよかった。
そう心から思いましたw 実のところ愛があるか心配でしたw

左京続きさんにしてはめずらしい人間通しの話です。
(時系列は同じなので、出てきてはいますが)
ファンタジー、そういう設定が苦手な人にもぜひ読んで頂きたい
作品のひとつです。そして、これを機に左京さんワールドに
浸ってしまいましょう!嵌る事間違いありません!w

1

気持ちがはいりこめなかった

絵がきれい! タイトルも好き。
メガネは大好き。イケズも嫌いじゃない。

好き要素がいっぱい詰まっていたのに、
なのに、なぜかスラーラーッと読んでしまって
全然ひっかからなかった。

あれ?
読み方が悪かったのかな。
少し時間をおいてから読み返し。

ううむ。イケズの田中の気持ちがよくわからなかったからなのか。
もう少し、イケズのなかにやさしさがあるとグッときたのかも。

でも綺麗な絵で読みやすい作家さんだなぁと、気になって。

ここからクロネコシリーズにはまっていくのでした。





0

たしかにイケズ

左京亜也さんの初BLコミック。
絵がキレイで読みやすいです。

攻めの田中は傲慢でクールで意地悪な編集者。
あまり甘さがなく、受けの幸生にもちょっと厳しめです。

エロ漫画家なのにDTだとばれた受けがその意地悪な攻めになんやかんやとされてしまうお話です。

同作家さんの別名義のコミック「猫科男子のしつけ方」と微妙にリンクしていて、そちらには作中に登場した漫画家の影虎が出ています。

描き下ろしペーパーで、影虎が田中に理不尽な嫉妬心を向けられているのが不憫で笑えました。

1

いつどうやって堕としたのか

 可愛いだけで恋愛脳馬鹿な主人公の事がどうしても好きになれず、はまれませんでした。BLに女性キャラが出て来た時のようなもやもや感。攻めはクールでS気質で好みだったのですが、カッコよすぎて隙がないのと、どうせ可愛いだけの馬鹿女にいくのかと思うと憎らしくなってくる始末。歪んだ脳では愛せません。
 絵は綺麗だしHだしストーリーも悪くなかったので、受けがもう少し男らしくしっかりしていて根性見せていたら萌え萌えだったと思います。

0

タイトル好きです

パンツマンガ家ってw
作家と編集者。
よくある設定だし、編集者にエロがたりないんじゃいと言われ
実践されたりってのも
よくある設定だけど。

だけでもです。
左京さんの綺麗なイラストがあるだけで、それは新鮮へとかわる。


着信画面が猫画像なのも
素晴らしい。とにもかくにも
猫風味満載なのでそれだけで大満足です

作家さんのことはよくわからないのですが、猫好きであるということは伝わりました。

エッチの最中にメガネをかけるのは、みたいから・・・ってのに
笑った

0

不明点が・・・。

まるごと一冊、全部が一つのストーリーでした。

絵がとってもキレイ!
そして、評価も決して悪いわけでなく・・・と
少々期待しすぎて読んだのがいけなかったのか?解りませんが
イマイチ、面白い~と思えませんでした。

悪いというわけでもないのですが・・・要するに
全体としてプラスマイナスゼロって読後感でしょうか。。。

田中さんの気持ちが、私にはとっても解り難かったのが原因かなぁ。
ナンデこんな態度とっていたのか・・も、
「自重していた」と、後で本人が言ってからも
「え?そうだったの?」てな印象で。

もう少し・・・解り易いともっともっと楽しめたかも~
と思うと少し残念でしたっ。

1

イケズ編集攻め

イケズな編集・田中×恋愛初心者な漫画家・幸生のお話。

元少女漫画家さんが描かれるお話で、初BL作品だったせいか
受けの幸生が若干女の子っぽい(見た目ではなく中身が女っぽい)のがちょっと……。
あと、幸生は田中のどういうところを好きになったんだろう?とか、
田中が幸生に執着しだしたのはいつだろう?最初から惚れていたのか?
などなど、少し疑問が残ります。

そして田中!田中の感情がわかりづらいです!
幸生のことを好き過ぎるがゆえに無茶をしてしまうことを恐れ、
自分の感情を抑えていた、ということが最後になってやっと判りますが、
それでももう少し、あと少し、甘さが欲しかったです。
もっと優しくしてあげてー!

3

絵がキレイだからこそ反対に…

絵がキレイで読みやすい。
冷たくてつれない眼鏡イケメン攻めが、実は受けにメロメロという美味しい展開。
こういうの、好きなはず……なのになんだかモヤモヤするのです(; ;)

受けの子が目が大きくて可愛い、ちょっと口の悪い女の子にも見える。
BLじゃなくて、NL?
まぁ多少それも思いましたが、そういうことだけじゃないのです。
特に攻めが、確かに格好よいのですが、
そのよさが、内面とか個性とかから出るという印象をあんまり受けなくて……。
もうちょっと人間臭さを感じるエピソードがないと、
絵がキレイだから尚更か、お人形さんに見えてしまうのです。
それから、男同士ということに何の抵抗も感じずに話が進んで行くことにも、
あれ??と、ちょっと立ち止まってしまったかな。

もっとかる~い感じのお話なら、そんなに気にならずスルーできたと思うのですが、
明るい話だけれど笑いには走らず、真っ向から“愛してほしいの!”という感じなので、
なんだか色々気になってしまいました……。
要は好みの問題だと思うのですが、自分はちょ~っと苦手でした、残念。

6

イケズも翻弄されます

BL商業雑誌でお見かけして、綺麗な絵柄にときめきまして、取り敢えず何か単行本をという私の悪いクセが暴発してお買い上げしましたコチラ。

漫画編集者でとーっても冷酷、時にはこちらも切なくなるぐらいの鬼・田中と、その田中にコミケでスカウトされたパンツマンガ家(笑)・ゴトウのお話。
この単行本がBL漫画初コミックらしいですね、だからかな、受側が女子っぽく見える事が多々あります。
(お目目おっきいとか。と言うかそもそも少女漫画家をされている事もこないだ知った位の無知加減な私)

田中がゴトウを好きでスカウト→ゴトウが田中を好きだと自覚、なんてお話になっていくのに、何故にあんなにもイケズな事しか言わないんだろう。
というかきっと、田中はゴトウを好き過ぎて、それが決壊したら止まらないから冷たくしていたのでしょうかね。
もうお馬鹿さん(←私が)

≪シゴト≫と称して2人は数回致すのですが、「それでもいい」と思って致すゴトウの健気さったら。
でも田中の思いが決壊しても、結局イケイケで攻められてます(笑)
…でも結局は、ゴトウの素直さ故、無自覚な言葉に田中は翻弄されていたのですね続き

こちらのような「○○彼氏」、似たようなタイトルがあるのはスピンオフなのでしょうか?
左京さんの漫画は初読みでしたが、絵も綺麗だし致す所もそこそこリアルに描いてらっしゃるし、又他のも読みたいなーと思いました。

「スーツ!イジワル眼鏡攻め!」
が好きな方にオススメです。

3

読んでてnynyしましたw

今作が左京亜也先生に取って初のBLマンガだそうです☆
にしても、クオリティ高いなw

やはり王道は最強ですねw
ストーリー的にもよかったです。

受け目線で読んでいくと、攻め・田中は超冷たくて、こっちまで切なくなりますが、
攻めからすれば、受けのことが実は大好き、と言うのが王道ですが萌えました。
ドSでイケメンでHが上手いって理想の攻めですw
特に田中のセリフの「あれの事は端から商品なんて思ってませんよ?」
にはズキューン❤ときましたw
あの表情も伴って、大変愛が感じられました❤
意地悪な顔最高ですwww

そしてひたすな健気で可愛い受けも可愛かったです><
田中のことが好きで好きでたまらない感じが仕草や表情、台詞から溢れんばかりに伝わってきました^^
そして無意識な色っぽさとか誘い受けとか可愛すぎるやろwww

そして個人的ではありあすが、ケータイの待ちうけがリアルな写真ってのが良かったですw
こだわりに笑えましたw

1

いやよいやよもすきのうち

ジャケットの絵が好みじゃなかった。

紹介文のまったく気に入らなかった。

ためしに読んでみたけど、田中が冷たすぎてやっぱり気に入らなかった。

でも、勢いで最後まで読んだらハマッた!

なんだ、この田中って男の”イケズ”っぷりは!!!!

あまり売れてない同人誌あがりの漫画家「後藤」さんがどうみても女子っぽくみえますが
まあ、受けなんでよいかと。

田中のキャラって案外現実にいそうだなともおもいました。

後藤さんのエッチ目当てにがんばって仕事もレベルアップしていく姿が等身大で高感度大です。

最後のアマアマな台詞に落とされた私。

ニヤニヤしながら★4です。

1

王道BL?

読みやすい絵柄にコマ配分。即物的なエロ画面が多いものの、展開も初心者向けの王道BLではないでしょうか。ほんとに、もえもえな展開にきゅーんときました。ちょっと鬼畜風味な攻めもたまりません。鬼畜彼氏大好きで、漫画家男子も萌えなら、ハマる作品では
。かなりリアルな売れない漫画家の生活、というか仕事場が描かれていて、妙にウケます。
あとで購入した同作家の「猫科男子のしつけ方」と、リンクしてるのかな?今後の展開が気になる両作品です。

1

ほんまもんのイケズでした(涙)

左京亜也さんの絵、好きですv
身体とか表情とか、ちょっとアゴの小さいのが気になるけど、見やすいし絵だけでも引きこまれちゃう♪
さてこの本作、実は最初簡単に一読した時、あまりの攻めの態度に辛くって悲しくって、何でこんな男がいいんだよーって酷い男だよ、、って単純に思い、いや担当と漫画家だし、そこは・・・とか色々と考えこんでしまったりしたんです。
しかし、絶対何か見落としてるとじっくりと舐めるように読むとポロポロと目から鱗がおちるように、ラストに向かって実に甘いお話だったことがわかり、この本すごくイイ!ってなりました(汗)
でもかといって複雑ってわけではないんですよね。(単に読み方が悪かったw)

新人漫画家のゴトウは担当の田中に突然、連載の打ち切りを言い渡され、早く次を出せと言われる。
何の詳しい説明もなく言う田中に、他の作家さんにはお菓子まで渡してる姿を見て、自分との扱いの差に憤慨したりもする。
ゴトウは構ってちゃんなのかな?と思ったりもしたんですが、彼は優しい言葉とか態度が欲しかったんだと思うんです。
でも、新しい作品を描けというその方法がエッチだったなんて!?

続き
ゴトウは田中が好きなのに、田中は厳しくて「シゴト」と称して早く仕事が終わったり、打ち合わせの後にエッチする関係。
エサが欲しくて頑張るゴトウの気持ちが切なくて、
少しくらい優しくしたり、褒めたり、一切しなくてとにかく厳しいんです。
よく担当と作家の恋愛モノあるけれど、恋愛は恋愛で甘くて仕事は仕事で厳しくて、って分けられていたりするけれど、これはエッチさえも仕事がベースなんで甘さがない。
かといって、田中がゴトウを嫌いってわけでもないし、だってそうじゃなくちゃエッチできないよね?ということで田中の本心がどこにあるのか?ということなんですが・・・
ただのドSでしたってわけでもない、本当にイケズという表現がぴったりだったと思います!
ただし、気が効かないイケズじゃなくて、わざと気をまわさないイケズの方!!
惚れたもん負けっていうんでしょうか(涙)
ゴトウは決してドMじゃない。
へこんだりもするけど、基本前向きでナニクソ!って向上心もある。
それをきっと田中はしっているからこそ公私ともに甘やかさないんだっていう、若干仕事よりの密かな愛情がラスト近くになってやっと解った時の安堵感といったら(汗)
「~三次会」でエッチのあといちゃつかない理由を知って、こいつあっちも鬼(爆!)って思いましたwww

漫画家さんが漫画家を主人公にして担当との恋愛を描く時、やっぱり自らに重ねて描いているのかな?って思うと、ひょっとすると左京さんはすごくこのゴトウみたに向上心の強い作家さんなのかな?ってちょっとかさねてしまったりもしました。
漫画家モノとして、すごく良いお話だったと思います!

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ