夜明けの犬

夜明けの犬
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×210
  • 萌7
  • 中立3
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
7
得点
79
評価数
25件
平均
3.4 / 5
神率
12%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
Dariaコミックス(ダリアコミックス・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784861345128

あらすじ

小乾暁は高校の先輩で同じ職場の田中明に、昔から世話になってばかりで、さらに現在も家に居候させてもらっていた。彼女に振られ、やけくそで合コンに精を出す小乾と、長く付き合っている恋人がいる田中。同じ「アキラ」でも色々と正反対な二人だったが、なぜか気の合う間柄だった。けれどある朝、女をネタに飲み明かしたはずの二人は、半裸で同じベッドで目覚めて…!?

表題作夜明けの犬

居候している後輩 小乾暁
高校からの先輩 田中明

その他の収録作品

  • 犬は待たない

評価・レビューする

レビュー投稿数7

後輩×先輩

表題作「夜明けの犬」の長編全6話と、描き下ろし3ページ「犬は待たない」を合わせて、1冊丸ごと表題作の二人です。

暁(攻め)は、高校の先輩である明(受け)に、仕事の斡旋、部屋を間借りと世話になりっぱなし。暁は彼女にフラれてから合コンに明け暮れるも、どうにも楽しくない。そんな中、明が2か月ぶりのデートをドタキャンされ、二人でヤケ酒を呑むことになる。翌朝、気がつくと裸で…という内容です。

酔っぱらっての行動で、二人の関係性が変わっていくという、良くあるキッカケではあるのですが、それからの二人の心の揺れがとても面白かったです。眠れないからするという身体だけの関係でもなく、でも想いを認めるには至らず…というのが、何とも良い感じでした。

暁の目線でストーリーは進んでいくのですが、明の内情が表情でなんとなく感じるものがあり、ラストの告白が唐突でなく自然に受け入れられました。片方が片方を振り回しているのでなく、互いにあれこれ考えている様が良かったです。

「暁」と「明」は「あきら」と同じ読みで作中なのですが、漢字も「暁が出て、空が明るくなる」と繋がりも推測できるので、題名と絡んで続き暗示的だと思いました。

軽いようで結構真面目な後輩攻め、短髪が色っぽいサラリーマン先輩攻め、悪い人がでない作品がお好きな方にお勧めです。

1

熟年夫婦

同僚で先輩の明と後輩の暁。
10年来の付き合いの二人の、ストーリー。

先輩明の家で居候している暁。
仕事はできる先輩だが、掃除洗濯食事のしたくまでぜんぶ暁がしていて
なんだかんだといっても、持ちつ持たれつの仲の二人。
合コン通いでその場限りの彼女とはいつも長続きしない暁に対し
付き合って5年になる彼女がいる先輩。
だけど、その彼女と別れてしまったころから二人の関係が今までとは少し違ってきて
ただ慰めるつもりが、毎晩体を重ねてしまうようになった2人。
性欲処理・・・なんて言ってしまったけど本当は・・・

ちょっとそこらの夫婦より、よっぽど夫婦らしい明と暁。
本人たちは意識していなくても、周りが認めてしまうほど
かゆいところに手が届く、口に出さなくとも相手の望んでいることが
自然と分かってしまうそんな二人だけど・・・

長い間一緒に居たことで、気づかなったことが
離れて見てわかるっていうパターン。
男同士だから・・だけどやっぱり好きで大切で、近くにいたい。
その自分の気持ちに気づいたとき、やっと素直になれる二人。
そうなるまでに、いろいろあって1続き0年・・・
好きなのに離れたり、だけど忘れられなかったり
相手を独占したい気持ちや、すごく大切にしたい気持ち
それにどうしようもない男の性がぐるぐるしてどうしていいかわからない気持ちが
この1冊に詰まっていて、どちらかというと暁の気持ちになって読めました。

明にしっぽ振ってるワンコな暁ですが
生真面目でつまんないと言われる先輩に
「女と男じゃ明さんの良い所の見え方違うんですよ」なんて
いいこと言うなぁ・・と感心しました。
なんか、二人うまくいきそうな気がする・・

PS:なんだかんだ言っても、何気に暁を応援してくれてたカフェ王子。彼のスピンオフも見て見たいなぁ・・・

1

恋ってもっと…、

せっかく同居しているのだから、そのシチュエーションをもっと生かしたエピソードが見たかったです。

そして女子キャラが多すぎではないかと(-_-;)
男子は3人のみですが、女子はあとからあとから登場し、職場の同僚も全員女子でわらわらしています。

嶋二さんの作品は女子キャラ登場率が非常に高いですが、ひとくせキャラが多いせいか、(嶋二さんの描き方が巧すぎる)女子が出張れば出張る程、作品に萌えらられないジレンマ…(ごめんなさい)

そして一番分からなかったのは、攻めクンの行動です。
本人無自覚とはいえ受けクンを好きで、酔いに任せてHまでしたのに、自分がホモか確かめたいという理由で、お試しで別の男性と関係を結ぶ展開。
これは共感出来なかったです。

そして、お試し当て馬クンが攻めクンを好きになってしまうのです。
すわ泥沼か!?と思いきや、当て馬クンの心情もほとんど描かれず、アッサリ肩透かしなのも残念。
この当て馬クンが、嶋二さんがよく描かれるタイプの、いわゆる受け顔でとても可愛かったので、ここでひと悶着あって欲しかったなーと思いました。

そして、その当て馬クンも続き、一途なのかと思いきや、受けクンに
「攻めクンちょっといいなと思ってるんですよね」なんてポロっと喋っちゃったりして、行動が読めません。
宣戦布告なのか、愉快犯なのか、分かり難かったです。
(真面目な宣戦布告だとしたら、その後何もなさすぎる気がするのですよね…)

どの人物にもイマイチ、真摯さや一途さが感じられず、また、ツッコミや助言役は全員女子というのも萌えどころがなく、自分にとってはいまひとつな作品でした。
ただ、嶋二さんの世界観や空気感などはとても好きなので、中立とします。

2

関係性の変化

職場が同じな、ただの後輩と先輩が恋仲になるのは
それなりに色々重ならないとありえないんですよね。
そのエピソードに無理が無く、
お互いに無い部分を有る方が補いつつ続く同居。
遠恋の彼女と別れる先輩、合コンで会うその場限りの女にうんざりな後輩。
男の生理につけこんで、体を重ねるように…。
割り切っているはずなのに、そのうち気持ちがだんだん伴ってきて
苦しくなり恋心を自覚します。
当て馬のゲイは可愛かったけど、それに流される犬(小乾)じゃありません!
ゲイか確かめてみようとしても反応しないのはやはり先輩を好きだから。
男性の方が案外ナイーブな部分ってあるかもしれません。
(気持ち良ければそれでいいって即物的なタイプもいるでしょうけど)

ここが読みどころ!!っていうんじゃなくて、
全体で楽しむコミックスかもしれません。
1冊まるまるっと♪

とにかくHの時と普段のギャップがありすぎる先輩が…!!
誰も知らないであろう姿と表情を、自分だけが知っている。
それって充分独占欲と恋そのものなんだと思います。
体を繋げても心がきっちり追いつかない、ちょっと焦れ続きるところも素敵。

チャラそうで真面目な暁にきゅうっとしました。
先輩の明も、いいお名前。どちらも希望がありそうな。

描き下ろしの『犬は待たない』
たった3ページですが、暁がぞっこんな様子に萌え!
それを見て安心する明にまたまた萌え!!
朝からイチャラブ…。いいな…。(←?)







2

先輩後輩から恋人へ…

高校時代からの先輩と後輩で今も同じ職場の二人。
女関係にゆるかった後輩の暁。
5年来付き合っている彼女とちょっとうまくいっていない先輩の明。
彼女と別れることになった暁が明の家に転がり込んでくる所から展開していきます・・・!
そして!酔っぱらった次の朝起きたら隣に裸の男が!!というあのシチュエーション
!!

あれだけ女関係にだらしなかった暁ですが、自分の明への恋心に自覚した後の甲斐甲斐しさはすごかった。根は一途なんですよね。
当て馬・橘くんに見抜かれていた通り素質はあったんですね。

途中、体の関係はあるのに暁の片思い状態が続くあたりは、暁がちょっと不憫な感じで切ない・・。
夜はヤラしいことをしているのに、昼は今まで通りの先輩と後輩というこのアンバランスさ!萌えました!

目覚めた後の暁の一途さ、めげなさはまさに犬。
苗字の小乾から「子犬」とアダ名されてるけれど、むしろ大型犬みたいな感じでした。そして無意識に立派に飼い主状態の明さんw

長く友人(というか先輩後輩)関係だったふたりが恋愛関係に発展していく様子がふんわり自然な感じで描かれていて、とてもよ続きかったです!

1

夜明けと言わずw

この二人のぬる~い感じの雰囲気が好き。
というか、ぬるい関係がイイ。
気づいたら裸で一緒に寝てて。
頭が鮮明になれば思い出す記憶。
そのケがあったわけじゃなく、恋愛感情じゃなかったものから気づいたときにはドツボ~な二人がよかった。
この先輩がですな!美人受・・ってほどでもないな~という感じはあるのだが、もともとそのケがあったわけじゃないのに
男同士肌をあわせても、違和感なく、そして最終的には後ろで
快楽を感じてしまうまでに。
離れていく後輩に寂しさを覚え~・・・・・・云々カンヌン

とにかく、どーせつめいしていいのかわからないのだが
作品ひとつを通してすごくよかった!
先輩の寝顔が可愛いwが強調される部分多々なのだが
これも可愛かったですしな(◎´∀`◎)
普段とのギャップな可愛さって異常。
ノンケのはずで、自分に恋愛感情なんてないはずの先輩が「しよ」なシーンもグっ!っときた。
女の子にしか興味ないと思っていた男たちが男に落ちていく。
そんな雰囲気もまたよかったですね。ピュアっぽくてイイ。
ラストは甘甘。お互いに甘える仕草が可愛くてどーしてやろうかと続き

1

ワンコはかいがいしいのです

嶋二さんのマンガは熱ーい熱っていうより、ものすごく空気みたいにしっくりなじんで、かといって冷たいんじゃなくて、オーガニックコットンのシャツみたいな感覚をいつも持ちます。
すごく自然に馴染むんです。
今回も、高校以来10年もの付き合いの先輩と後輩が主人公で彼等の関係が変化する様がとても自然に展開されていきました。

転職先も面倒みてくれて、彼女に追い出されて住むところもない後輩の小乾暁を居候させてくれる先輩・田中明
同じ”あきら”なのに後輩は一見チャラ男で、先輩は堅実。
だけど私生活は、暁が掃除洗濯ときちっとこなして明を朝起こす役目もする甲斐甲斐しさ。
むしろ、暁に明が心配されるくらいな程w
合コンでゲイの橘と出会った事で、酔った勢いとはいえ明を襲ってしまった(実際はカキっこ)暁が、明を欲情の対象として、特別に意識しだすのが、明が彼女に振られてしまった事をきっかけに、その危うい均衡が身体を重ねてしまうことで崩れる。

小乾はイヌと言われるだけあって、実にその気持ちが解りやすいのだが、曲者は先輩の明だ!
きっと戸惑いもあるのだと思うのだが、眠れないといって暁を求めるそ続きの気持ちは絶対に彼にとっての特別な存在になっているはずなのに、彼の心が見えない。
いつもの如く普通に接して、普通に生活して、、、
でも、橘に嫉妬する自分に気がつく時!
それでも、まだ明はポーカーフェイスなんだな~表情が薄くてwww
ひょっとして、明は鈍感&天然ちゃんなんだろうか?
そんな彼が見せる無表情な子供っぽさが魅力といえば魅力なのです。
この二人は静と動のカプなのかな?
激しい萌えが、トキメキがあるのではないが、ワンコも突出したワンコじゃないが、この自然さというのが萌えなんじゃないんだろうか?と思った一本でした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ