堕天使の柩

堕天使の柩
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
スーパービーボーイコミックス(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784799710159

あらすじ

綺麗だけどお固い侯爵家の子息・リュシアン。
サロンで出会ったヴァイオリンの名手オリヴィエと連奏する内に既視感がリュシアンを包むが、その後、彼から驚愕の事実を告げられる。
リュシアンが幼い頃、男娼として売られるところを自分が助け侯爵家に引き渡したのだ、と!
貴族の誇りをズタズタにされるリュシアン。
その後、彼の周囲でヴァンパイアによる連続殺人事件が起こる。
犯人はオリヴィエだと噂する者も現れて…!?

(出版社より)

表題作堕天使の柩

ヴァンパイヤ オリヴィエ
由緒ある侯爵家の息子 リュシアン

その他の収録作品

  • FREE TALK
  • 堕天使の柩~羽ばたきのゆくえ~

評価・レビューする

レビュー投稿数1

麗しいヴァンパイヤ

安曇もかさんの王道的画風はこのシチュエーションにぴったり!
18世紀の王侯貴族の世界がこれほどまでに似あう作家さんも稀だとおもうので、この設定と絵だけでも充分眼福なんですv
以前は受けちゃんの顔が丸いのがちょっときになってたんですが、最近は幾分かシュっとスマートになった気もしてそれが美しさを引きたててます。

ヴァイオリンの名手として紹介されたオリヴィエに魅入られたリュシアン。
初対面のはずなのに何故か慨視感を感じるのは、本当はリュシアンを小さい頃救いだして侯爵の元に預けたのがオリヴィエだったから。
オリヴィエがヴァンパイアと知りながら愛してしまうリュシアン。
人間を愛してしまったヴァンパイアのオリヴィエ。
その苦しみの中、毎回ループしながら二人の選んだ結末は。

冒頭の1編が商業掲載で、あとが同人だそうです。
もったいないですね、全部商業発表じゃなかったなんて!
すごく刹那的に、運命の苦しみとか、切なさ満載で美しく綴られています。
オリヴィエを探して訪れた部屋の柩の中に眠る彼を見つけたリュシアンの、二人の柩の中エッチというのが斬新!!
また、中盤登場する人続き間に憎しみを抱きオリヴィエに助けられた同じヴァンパイヤのシリルの壮絶さ。
めっさ、ドラマティックでロマンティックで、あっち方面の乙女心(?)を揺さぶられてしまいます♪

そして『羽ばたきのゆくえ』にて、リュシアンの出生の秘密が!?
ひょっとしてリュシアンは身代わりの愛ではないのか?
彼は知らない方が幸せだな、、と思ってしまったり。

最初ヴァンパイヤものと知り、「ラファエル」のレオナールかと思ったんですが、全くコラボしてませんでした(ガッカリ)
こういう美しいヴァンパイヤものはどれだけ見ても飽きません!

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ