シロ、オレの子犬を産んでくれっ!!

しっぽが証拠

しっぽが証拠
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
9
評価数
3件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
ブライト出版
シリーズ
K-book comics(コミック・ブライト出版)
発売日
価格
¥638(税抜)  ¥689(税込)
ISBN
9784861234941

あらすじ

雑種犬のクロは、ドッグカフェで出会った血統書付きの日本スピッツ・ブラン(シロ)に一目惚れv
身分違いのうえ、♂同士という二重の障害も全く気にせず、らぶらぶ猛アタックで突き進むクロ!果たしてシロのハートを掴むことは出来るのか?
1冊まるまる、可愛いわんこの恋物語v描き下ろしつきv

表題作しっぽが証拠

雑種犬のクロ
日本スピッツのブラン(シロ)

評価・レビューする

レビュー投稿数2

擬人化本で生状態とミックスって珍しいよね

寿司ネタから国、ファーストフードまで人間にする日本。なのに「犬」となると逆に人間に近すぎて擬人化されてないような気がします。
しかもこの本は人に「なる」のではなく、単に犬の生活を人型でやってるというのが珍しい。
いちばん雰囲気が近いのはBLではないのですが神仙寺瑛さんの「動物のおしゃべり」でしょうか。

たとえばただ単に擬人化状態でのエッチがあるのはBLとして当たり前としても
雄犬同士のマウンティング形態でしっかりエッチ描写があるわけで、そういうところがなんか笑えるw

1

犬だけに・・・

犬同士の恋愛っていってもいいでしょうね(笑)
何か人間っぽいんだけど、やっぱり犬だしw
まんま犬だったり人型だったり、耳と尻尾がついていたり、尻尾だけだったり、その時々にあわせて自由自在な姿で出てくるフリーダムさは、意外にも新鮮だったりw
よく犬ものだと飼い主への愛とかあって、人間に恋するとかという話しをよく見はするのですが、飼い主へはあくまでも忠誠だったり(中にはかんじてないのもあるw)して愛情対象はあくまでも犬w
動物モノは可愛かったり、格好良く描かれていたりするけど、何だか普通の人間に描かれているのもまた一興。
そして何より、人間のものと違うのは即物的な部分!
性格は人間的だけど、やはり獣ですからね♪
ちょっと普通の動物擬人化モノと一味違う感じで思わず注目してしまいました。

◆雑種のバカワンコ・クロ×口が悪く高慢な日本スピッツ・ブラン(シロ)
バカワンコがバカワンコたる部分がイイ!(面白い)
ドッグカフェで一目ぼれして家まで追いかけ回すクロ。
シロは飼い主がヤクザさんなんですが、口の悪いツンデレですv
このクロがアホ全開で、シロに子供を産んで欲しいとか続き思っていて、本当にできると思い込んでいる(多分最後まで)
しかも、メスのフェロモンにムラムラしたらシロを思いだしてシロの所まで行って・・・(爆!)
犬のエッチですから人間みたいに余り前戯がないんですがw
そこまで犬に忠実なら、いっそコブで数時間抜けないとかまで合って欲しかった(下世話ww)

◆やんちゃなスタンダードプードルの小鉄×チャンピオン犬の凛
この小鉄はシロの飼い主の弟分の飼い犬。
弟分がバカでトイプードルだと思いこんで飼い始めたらスタンダードだったというw
これがちょっとやんちゃでケンカ早くて、飼い主にちょっと似てる。
ドッグショーに出してひと儲けをたくらむ飼い主の思惑でトレーニングに出された先で出会ったのがショードッグの同じプードルの凛。
凛がイケスカナイ奴なんて思っていた小鉄だけど、決められたレールの上でしか生きられない凛は小鉄が憧れで・・・という犬の誘い受けですっ!
ぼっさらこいプードルって、、、w

◆クロの父ちゃん・虎太郎×都会から来たビビリの柴犬・ハル
この虎太郎がクロの父ちゃんらしくバカワンコですw
この親にしてこの子あり!みたいな(爆)

◆これは受け攻めないんですが、チワワのふぅ太と野良猫の楽介のお話です。
これは他の話しと違ってちょっと切ないかも?
犬に流行を求める飼い主によって譲渡されたふぅ太。
でもふぅ太はママは僕を捨てたんじゃないって思ってる。
それをふぅ太に教える楽介もまた、捨てられた猫。
小さいから威勢を張って突っ張ってるふぅ太をいつも見守ってくれている猫の楽介との関係は、友情以上のものだろうか?
ペットを飼うことに対して責任を負わない飼い主への非難のような話しでもありました。

犬モノとか猫モノとか大好きでついつい手を出した本ですが、意外にも(スミマセン!)面白かったです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ