愛の裁きを受けろ!前編

ai no sabaki wo ukero

愛の裁きを受けろ!前編
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
小説(同人)
サークル
9ST<サークル>
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
ISBN
ページ数
100ページ
版型
A5

あらすじ

商業誌「愛の巣へ落ちろ!」のスピンオフ
「愛の巣へ落ちろ」の主人公・澄也のいとこ、陶也視点の話。

表題作愛の裁きを受けろ!前編

陶也(タランチュラ)
郁(カイコガ)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

まとめて読みたかった・・・

これは私が『リアルタイムで買って読んだことを後悔している』ただ一つの同人誌です。あ、『買った・読んだ』ことに対する後悔ではないですよ。あくまでも『リアルタイムで』ですから。

そして、この前編は(単体でひとつの作品だと捉えれば)シリーズ中唯一『痛い』作品だと思っています。←他は、後編も含めどれだけ『痛さ』があったとしても、『痛い』作品だとは全く思いません。

実は、こちらは前編がまず出て、その半年以上あとに後編が出ました。当時、作家さんは『前編だけで(一応完結しているから)読めます』と言われていましたし、それは決して間違いではないのですが、ここで切られて待たされるのはなんとも後味悪くて仕方なかったです。少なくとも私は、こちらだけではハッピーエンドだと思ってません。未来への希望はなくはないにしても。
前後編合わせた作品としてなら好きなんですけどね。

陶也(攻)が、『愛の巣へ落ちろ!』でのキャラクターを引き摺ったままで、それが私のものすごくキライなタイプなので、特に中盤過ぎまでは読むのが苦痛なくらいでした。そして、陶也がやっと変わってきたかと思ったら、郁(受)が義弟のせいで続き酷い目に・・・
しかも、郁は義弟のことを思って陶也に別れを告げる。

ここで(2人が別れたまま)終わられて、ホントにしばらく浮上できませんでした。そのまま半年以上・・・いったい何のプレイなんだ、って感じでツラかったよ。

のちに総集編(前編と後編を合わせた再録)同人誌が出て、さらにこのたび商業で文庫化されましたね。それらで初めて読んだ方(と、前・後編を一度に読んだ方も)が羨ましくて堪らんです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ