愛の裁きを受けろ!後編

ai no saabaki wo ukero

愛の裁きを受けろ!後編
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
1件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
媒体
小説(同人)
サークル
9ST<サークル>
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
ISBN
ページ数
76ページ
版型
A5

あらすじ

商業誌「愛の巣へ落ちろ!」のスピンオフ
「愛の裁きを受けろ!前編」の続編 (陶也×郁)
郁視点の話。

表題作愛の裁きを受けろ!後編

七雲陶也(タランチュラ)
蜂須賀郁(カイコガ)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

こちらだけなら迷わず『神』なのに・・・

前編ラストから5年後。陶也が・・・生まれ変わってます。本当の意味で大人になり、いい男になってます。その間、郁とは離れたまま。陶也の変化は、前編での郁との経緯があってこそですし、これ前・後編1冊で一気に読んだら、もっとストーリーに入り込めたんじゃないかと残念です。

シリーズ中でも、郁は特異なキャラクターです。このシリーズの受は全員ロウクラスで身体が弱いんですが、郁はその中でも突出していて『弱い』どころじゃないですからね。そのあたりで、郁はどうも共感しにくいキャラクターでした。苦手とか嫌いとかではなく。なんというか痛々しささえ感じるんですよ。

前編のレビューでも書きましたが、これはどんな事情があっても分けずに1冊で出して欲しかったです。『書けたところまでで出す』というのもある意味作家さんの誠意(待っている読み手に対するサービス)なのかもしれませんが、私はどれだけ待ってもまとめて読みたかったと今も思っています。正直なところ、リアルタイムで前編が出たときに買って読んだことを後悔していますから。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ