わたしのした、なにか善いこと

watashi no shita nanika yoikoto

わたしのした、なにか善いこと
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
12
評価数
3件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
小説(同人)
サークル
9ST<サークル>
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
価格
ISBN
ページ数
36ページ
版型
A5

あらすじ

※18禁
商業誌「愛の巣へ落ちろ」スピンオフ同人誌『愛の裁きを受けろ!』のその後の話。

表題作わたしのした、なにか善いこと

陶也(タランチュラ)
郁(カイコガ)

その他の収録作品

  • 愛するために必要な すべてのこと
  • それがわたしのお気に入り
  • 愛の裁き

評価・レビューする

レビュー投稿数2

ファンにはたまらない

ファンにはたまらない、
「愛の巣へ落ちろ」のスピンオフ「愛の裁きを受けろ(同人誌)」陶也と郁
の番外編です。

「愛の裁きを受けろ」がとんでもなく好きな私にとっては、
再読がとまりません。

一緒に住めることになった2人のお話。
お鍋を2人で囲んでいる姿に、涙してしまいそうになります。
本編で辛い中を乗り越えた2人なので、幸せな姿に
胸が痛くなります。

そして、後半は、
同居すると知った澄也と翼が2人を招いて、ご飯会をするというもの。
澄也と陶也の確執も解け、ほんわかした姿をよむことができます。

やっぱり、好きな世界観だなと思わずにはいられません。

5

あなたの愛に生かされている!

「愛の巣に落ちろ!」のスピンオフ同人誌、「愛の裁きを受けろ!」の番外編。

「愛の裁きを受けろ!」は、ホワイトニータランチュラの陶也がカイコガの郁と出逢い、
恋に堕ち、別れ、再会するまでの物語でしたが、
何故商業誌で出さなかったのか?と思わずにはいられない、号泣物の長編でした。
この「わたしのしたなにか善いこと」は、恋人同士になった二人のその後の短編が3つ。

『愛するために必要な、すべてのこと』
両親の了解も得て同棲することになった二人、
郁が陶也の家に引っ越しして来た当日の話が陶也の視点で語られます。

『それがわたしのお気に入り』 
澄也&翼の家を訪れた陶也&郁。澄也達の息子の翔も一緒に祝う郁のバースディ。
この4者面談は、アンケートで最もリクエストが多かったとか。
郁を失い自分の罪に苦しんでいた陶也の様子や、
ようやく一緒に生きられるようになった喜びや不安が、翼の視点で語られます。

『愛の裁き』
最後は、陶也×郁のH。いきなり「セックスは月に6度ほど。」って…
郁の体への負担を慮ってということらしいけれど、ムシ設定ならではの濃厚触手プレイ続き(笑)
愛ならではということでしょうけれど、エロいというか可笑しいというか。

ところで、「愛の裁きを受けろ!」を読んだ時から思っていたんですが、
この陶也の家や住む街、二人の生活振りが、なんとも昭和の佇まい…
冊子のタイトルは、陶也が口ずさむ「The Sound of Music」の中のナンバー
「Something Good」より。
宗教的な感じすらする、二人の思いを象徴しています。

7

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ

この作品は、18歳未満の方には不適切な表現内容が含まれています。 18歳未満の方のアクセスは固くお断りします。
あなたは18歳以上ですか?