神々の、麗しき額。

kamigami no uruwashiki hitai

神々の、麗しき額。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
集英社
シリーズ
コバルト文庫(小説・集英社)
発売日
価格
¥495(税抜)  ¥535(税込)
ISBN
9784086146210

あらすじ

大寺院の神像から盗まれた石を探すために、王都クシュリ・エジャを訪れた行者ヤシュダ。その道中の森で、美しい悪鬼ラシュナーンに出会って…。妖しい魅力のミスティック・ファンタジー。

表題作神々の、麗しき額。

悪鬼 ラシュナーン
行者 ヤシュダ

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ラスト近くは必見

 舞台はインド風の王国。
 主役は悪鬼と苦行者。
 妖しく、美しいヒンドゥー・ファンタジーです。

 悪鬼の長ラシュナーンはある日、一人の人間に出会います。その人間の名はヤシュダ。剣術で二人は戦いますが、ラシュナーンは負けてしまい、渋々ヤシュダ達の探し物を一緒に探すことになります。
 ラシュナーンの目付け役のキンサラ、オカマみたいな蛇神ナーガ、ラシュナーンの従者の少年(正体は猿神)アラヤティー等々、個性的なキャラクターが多く登場しています。物語は本筋はよくある話で目新しくはないですが、ラスト近くで腐的にいい展開に・・・。
 私的にはキンサラの出番を増やして欲しかったです。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ