月と専制君主 2

月と専制君主 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
8
評価数
2件
平均
4 / 5
神率
50%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
ソニー・マガジンズ
シリーズ
ルチルコレクション(コミック・ソニー・マガジンズ)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784789781572

表題作月と専制君主 2

桑田正義【通称:せいぎ】 :下僕系ケダモノ。
倉本七海 :小動物系女王様。

評価・レビューする

レビュー投稿数2

かわいい顔して、あの子…。

デキあがっちゃった正義と七海はイチャラブしてます。
その一方で、園原くんがいろいろ考え始めて勝利と歩み始めたり。
2巻はある種、園原くんの成長物語であったようにも感じられました。

さて。
ましろさんの特徴でもあると思うのですが、かわいい絵でかわいい顔した子が結構な発言をしたりすることが結構あるのですね(1巻で園原に「恋人の好き」について聞かれた七海が伏字全開でその行為の状況説明をしていた…)
今回はまあ正義なのでかわいい顔の子とは違うんですが。
私のお気に入りのセリフは
「抜き差しならん事態が訪れている…それはもう今すぐにぬきさしなるほどに!!」
です。
それなりに結構なことを言ってる気もするんですが、全然その場面自体にエロさはないんですよね。
それこそがましろさんクオリティーなんでしょうけど。

1

甘さは伝播する

完全に出来上がって甘さを周囲に振りまき倒す
正義と七海。その二人に触発されたカップルが
しっかり進展してしまうのがこの巻の隠れた主題
ではないかと愚考します。

肉欲に甘さがしっかりかぶさってもしつこく思う所か
あっさり風味に感じられてしまう作風は、恐るべしと
言う感じですね。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ