万年筆とチョコレート 【コミコミスタジオ限定書き下ろしショートストーリー】

万年筆とチョコレート 【コミコミスタジオ限定書き下ろしショートストーリー】
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
7
評価数
2件
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
心交社
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
万年筆とチョコレート初版本・コミコミスタジオオリジナル特典

あらすじ

文庫発売記念・コミコミスタジオ購入限定特典書き下ろしペーパー
二人を見守る執事・奥野によるほのぼの番外編です♪
強要も知識も十分にあるはずなのに、デリカシーにかける主をもった執事は大変である。今日も退室しようとした奥野を呼びとめた四方は知春がその場にいるにもかかわらず「後でミネラルウォーターを持ってくるように」と言いつけてきた。四方にとっては必要だから頼んだだけだとは理解しているが、人の機微に疎い主に年配者として忠告せずにはいられず…

表題作万年筆とチョコレート 【コミコミスタジオ限定書き下ろしショートストーリー】

思い込みが激しく頑固な大企業の役員27・四方博文
不思議な条件で攻様宅の家政婦になった青年17・中原知春

評価・レビューする

レビュー投稿数2

気のつかいどころが問題ですね

本品は『万年筆とチョコレート』の
通販書店限定特典品の小冊子です。

本編終了後
攻様が気が利かなさを責められる話です♪

大企業の役員を務め
強要も知識も十分にあるはずなのに、
デリカシーにかける主をもった執事は
とっても大変です♪

今日も一日の仕事を終え、
四方は退室しようとした奥野を呼びとめて
「後でミネラルウォーターを持ってくるように」
と言いつけます。

それは千春のためのもの♪

四方にとっては
必要だから頼んだだけなのだと判っていても
知春がその場にいる状況で頼むのは
あまりにもニブ過ぎです(笑)

そこで奥野は
寝室に冷蔵庫の導入を提案します。
その真意とは…

もちろん、
それは受様が気を使わずにすむように
って事ですけど

攻様のデリカシーの無さは
改善されるのでしょうか?

A5版に2段組っていう
ベリーショートなお話でしたが
それぞれのらしさの溢れたお話でした♪

0

攻め様可愛すぎますよ

お互いの心を通じ合わせてからの日常の一コマです。          
攻め様のお屋敷での生活ですから、いくら恋人同士とは言え、     
受け様は使用人でもあるわけで・・・               
二人で愛を確かめ合う行為をした後に受け様の為に攻め様は      
飲み物の用意を執事に手配させます。          
攻め様的には、受け様の事を思ってのことなのですが      
受け様にしたら、自分の上司にあたる人に攻め様が指示するのですから
もう、恥ずかしいなんてもんじゃないでしょうね。
そんな受け様の様子をベテラン執事はよくわかっていて、
主である攻め様に、それとなく苦言を呈しながら攻め様に
相手への気遣いをそれとなく教えると言うお話。
気難しい攻め様が見せる不器用な様子がほんと萌えるSS。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ