ディープフェイス 閉じ込められた素顔(下)

ディープフェイス 閉じ込められた素顔(下)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×25
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
5
得点
40
評価数
13件
平均
3.2 / 5
神率
7.7%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
竹書房
シリーズ
ラヴァーズ文庫(小説・竹書房)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784812446980

あらすじ

「これは禁断の果実・・・。二人で食べたらお互い終われる身になるぞ」。
都内で起きた不可解な殺人事件。
新聞記者の貴志誠一は、問題の裏側を探るべく、事件の関係者である警視庁の篠原に近づくが、篠原の影には、闇に潜む凶暴な男が存在していた。
『リョウ』と名乗るその男に拉致された貴志は、そこで凌辱んお限りをつくされ、二度と篠原の事件に関わらないことを約束させられる。
しかし、残酷にも事件は新たな展開を店、貴志の不安を大きく揺さぶった。
事件の真相を知る人物は篠原の他にもう一人。
危険と知りながらも貴志はリョウを呼びだし・・・。

表題作ディープフェイス 閉じ込められた素顔(下)

リョウ (警察官僚・篠原亮司)30歳
閑職に追われた元社会部デスク 貴志誠一・30歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数5

先にファンの方には謝っておきたいですが…

『ダークフェイス』の下巻です。
上巻があまりにわたしにはダメだったので読むのを迷いましたが、とりあえず上巻の記憶が薄れないうちが良いかと…

受け攻めともに、上巻と同じ。
受けは新聞記者で、報道されない殺人事件(攻めの実家)を追う貴志。
攻めは、解離性同一性障害の警視・篠原(もう一人の人格リョウが攻めです)。

なんでしょう、下巻になったら急に初っ端からふたりがLOVEっているような…
え?上巻てこんな終わりだったっけ?と、記憶が薄れないうちにと言いながらハテハテ?です。
特に貴志。
もう食事もとれないくらい、リョウに対して怒りと嫌悪を抱いていたのになあ。
いつの間にやら『リョウ好き好き』になっていますし、自分の体を差し出してまで竜司(篠原の双子の兄で事件の中心人物)に近づこうとしますし。

ふたりが親密になって、リョウの口から篠原家の説明として「精神的にもろい者が生まれやすい家系」という話があるのですが…
それって『篠原が二重人格になったのも、竜司が殺人者になったのもそのせいなのよ!』っていう作者さんの説明なのでしょうか?
うーん、せっかく上下巻なのでそ続きんな説明台詞ではなく、読み手がスルリと受け入れられるような感じにして欲しいです。
言い訳聞かされてるみたいで、ひじょうにモヤモヤしました。
それにリョウの『篠原家の説明』が長っ!
台詞で長々説明するんじゃ、小説の意味がないような…ゲームの設定本読まされている感じです。

とにかく説明調台詞が特に下巻は多過ぎて、微妙に乗り切れませんでした。
他にも竜司の協力者の、崇高なんだか女性蔑視なんだかわからない、なんじゃそりゃ的な発言もガックリ。
彼が裏切り者だろうなあとはわかっていましたが、判明するシーンも妙にシリアス感が薄く、もう少し盛り上げてあげて!(涙)と思っちゃうくらいでした。
事件の収め方もそれなら最初からそれ使ってれば良かったんじゃ?二冊の意味は?となりますし、『安楽死』って…もう、わたし、作者さんと感覚が違うのかなあ。
社会的に受け入れられない人を安楽死に出来れば良かったってこと?(汗
今回は受け視点ですから、自分の立場は貴志側であったわけですが、最後まで彼の考え方には同調出来ませんでした。

こんなに書いちゃって良いのだろうか…とドキドキいたしますが、上下巻で揃えると千円オーバーです。
わたしと同じような趣味の方にご参考になればと思っての『しゅみじゃない』です。

5

下巻☆

上巻はリョウの正体が分かるのが見所でしたが、なんといっても下巻は事件の全貌があきらかになる巻です。

上巻は凌辱強姦だけでしたが下巻はそんなことはなく尿道責め、剃毛ありとエロさ満載で貴志はリョウに堕ちていきます。貴志の思いがもう上巻とは全然違いました。亮司ではなくリョウが好きな”消えてほしくない”という貴志の思いはせつなかったですね。

竜司があっさり逮捕されてしまったのがちょっと残念だったので評価が萌えですが、脇役も濃いキャラでしたし二重人格や凌辱、サスペンス、痛いが大丈夫な方は読んでみてはいかがでしょうか。

皆さん書かれてますが私もラストは良い終わり方だったと思います☆

0

そして事件の全貌が明らかに

帯「『俺』の引き金を引いたのは、誰でもない、お前じゃないか―。」

上巻は陵辱色が強かったですが、今回は和姦が多いので陵辱感は薄め。
しかししっかり尿道攻と乳首攻、更に今回は剃毛も入ってきますよ!ビバ・エロプレイ!
上巻ラストで、実はリョウは亮司自身も知らない彼の二重人格である事が明かされました。
そしてそんなリョウに貴志はどんどん魅かれて行く。
彼だけが知るリョウの存在。

そしてリョウの主人格である亮司の兄が性格異常者であり、殺人事件やレイプを繰り返している男。
彼が割にあっさり逮捕されちゃった気がするのと、浅川があっさり死んじゃった気はしますが、一応事件自体は解決したのでまあ有りかな。

別人格だったリョウは亮司へと消えていなくなってしまう。
けれどラストで亮司が見せた一瞬の笑みは―。

ここはいいラストでした。
このシーンとどう捉えるかは読者次第というところでしょうな。

0

切ない中にも希望を

上下巻とも読み終わって・・・
うん!やっぱり良いと思いましたねぇ~
ホラー系のペルソナなんかも好きで読んでいたので
その雰囲気に報われない愛がなんとも萠心を擽ります。
双子の兄弟対決はあっさり終わった感がありましたが
篠原の貴志への思いもきっちり描かれていたし
貴志の記者としての正義感とか戸惑いも丁寧に
描写されていていいですね。
脇を固める配役も個性的でいずれお目にかかれるのではと
ちょっとウキウキしちゃいます。
後半は貴志の思いの切なさが伝わってくるようでした。
その人はそこにいるのに・・・でも愛し求めた人じゃない。
ほんとに切ないですよね、人格の統合後・・・その結果は。
はっきりしたラストじゃないけれど、小さな希望が見える
そんなラストだったように思います。
一人で妄想の世界へ行けそうです(笑)

1

ペルソナ!?2

呼吸住宅街で起きた殺人事件を独自に追う貴志。
下巻は、その真実が明らかになると共に、リョウの本当の正体を貴志が知り、そして二人が愛し合うようになります。
事件は、明快な解決という結果ではありませんでしたが、貴志がリョウを愛してしまったことからも、それはそうでなければならい結果だったと思います。
しかし、ラストのラストがよかったですよv
何かドラマとか映画でよくある、、、あんな感じですよw(って、、、読んだ人にしかわからないけどw)

上巻の続き、リョウに拉致されて凌辱を加えられるシーンからなんですが、意識を失っていたからか、貴志はそれを気持ちいいと思うようになり、自ら素直に求めたりして、我に返って拒否しようとするけど、もうすでに遅し・・・貴志はこの時点でもうリョウに堕ちてましたv
リョウも、貴志がかわいいとか思いだしたりして。
ここで、上巻で自分が思った事がリョウが自分を認めてくれる第三者を欲しがっていた、篠原を守ってくれる人をさがしていたという部分も判明したような気がします。
しかし、貴志は篠原が好きなんじゃなくて、リョウが好きなんですよね。
だから、それだけに、続きラストがちょっと切なかったりします。

貴志が嫌いそうなのに、彼に情報をほいほい餌のようにあたえていた浅川という同期の男が、実は裏切りものだったことがわかるのですが、自らベラベラと貴志にしゃべるその理由・・・???・・・トンチキか?と思ってしまった!
ヤクザの存在についても、何だか貴志をエサに使った感じもあるが何かなまぬるい・・・これはこいつでスピンオフの話を考えているんじゃないだろうか?みたいな設定がありましたよ。
貴志が知りたかった、犯人となる篠原の双子の兄となる竜司も、破壊的な男というわりに???
予定調和という言葉が頭に響いてきますが、、、
凄惨な設定にしすぎた為に、ヌるさが目に着くとシラケてしまう恐れがあるので、目をつぶりました。
そうそう、流れだけ追えばいいのです!こういった話は。
本格小説のような深さを求めてはいけないのです!

多重人格を用いた面白い話ではありましたが、やっぱりラストがよかったので、全体の疑問部分は帳消しになりました。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ