薔薇の楔〈後編〉―薔薇の名前(3)

薔薇の楔〈後編〉―薔薇の名前(3)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
16
評価数
5件
平均
3.2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
プランタン出版
シリーズ
ラピス文庫(小説・プランタン出版)
発売日
価格
¥514(税抜)  ¥555(税込)
ISBN
9784829651728

あらすじ

アメリカのカルト教団教祖であり、人気ミュージシャンでもあるフィラードが来日した。彼を第三の存在として注目する彬の叔父、学の忠告でフィラードをマークした瀬名らだが、かえって彼に彬と菜津央をさらわれてしまった。
瀬名を求めながらフィラードに凌辱され苦しむ彬の前に、監禁されていたはずの菜津央が現れる。菜津央は彬を裏切り、瀬名を倒すと宣言するのだ。一方、彬たちを救うためフィラードがいるホテルへやって来た瀬名らは、菜津央と対決する。フィラードが知る、瀬名と彬をひきさく真実とは?

表題作薔薇の楔〈後編〉―薔薇の名前(3)

芸能プロ社長で第三の存在・瀬名勇
封殺師・山上彬(16)

その他の収録作品

  • 番外編

評価・レビューする

レビュー投稿数1

後編も鬼畜エロ続行中

前編で彬がフィラードに攫われて、後編でもまだ手中にいるので、今回も前編同様というか、それ以上に鬼畜エロな回です。
予想は出来ていましたが、菜津央は瀬名の敵にまわると言う宣言があります。
菜津央とフィラードと一緒の3Pや、前編の鬼畜エロな効果抜群な薬とピアスの効果が持続中なので、いいようにいたぶられます。
前編同様に、茨な趣味を持つものにとって、非常に萌える巻でした!

瀬名のことを思って耐える彬が、健気で可愛いです。
いつもこれぐらい素直だったら、もっと愛が進行するのにと思わずにいられませんが、素直じゃないからこそ彬なので、その辺が瀬名にも伝わっている事がこの巻で判明して、嬉しかったです。

未来の記憶を思い出せと、そんな謎の事を言って彬は責め続けられて、ついに、彬の覚醒。
人間を屍鬼に変化させることが出来る存在の判明。
謎が謎を呼んで、はっきりしたことは、あまりわからないままです。

番外編
クリスマスイブに彬の元にバイブが届いて、怒り心頭の彬が瀬名の家に乗り込んで。
本編のシリアス度が飛ぶぐらいに、コメディーでした。
もちろん、お道具プレーもちゃんとあ続きります。

エロ:★5 羞恥責め、スパンキング、弟+フィラードとの3P、道具、相変わらず盛り沢山。
総合:★4 ようやく少し謎が明かされてきて、盛り上がりが伝わってきます。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ