きのう何食べた? 5

kinou nani tabeta

きのう何食べた? 5
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
22
評価数
5件
平均
4.4 / 5
神率
60%
著者
 
媒体
コミック
出版社
講談社
シリーズ
モーニングKC
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784063870404

あらすじ

今巻に収録されている料理は……豚肉とちくわで八宝菜風、トンカツ、バナナパウンドケーキ、夏野菜カレー、かぶのサラダわさびドレッシング、豆ごはん、豚汁、アジのたたきなどなど盛りだくさん!!

表題作きのう何食べた? 5

美容師 矢吹賢二
弁護士 筧史朗・46歳

評価・レビューする

レビュー投稿数3

新展開

一話一話の興奮度は別物ですが、気分的に盛り上がっては落とされるオチに嵌ってはクスリとする5巻。
佳代子の旦那さんからの雑な紹介でゲイ友になった小日向。
その恋人航。
クセのある2人に料理よりも今後の展開の方が気になってしまいました。

また、女子除けのために指輪を買う筧の大雑把さも46歳にして今更と思ってしまったのですが、ケンジのテンションが可愛すぎてこの好機を逃すまいとする弁護士顔負けの説得力。
るんるん気分が現実に引き戻される瞬間が堪りません。
そして恒例となりつつあるお正月の風景。
お母様との約束に、来年が待ち遠しくなりました。

今回の献立は女子力のありそうな料理が多かったような気がします。
豆ご飯。
鶏肉のトマト煮込み。
コールスロー。
いんげんとじゃがいもの煮物。
キャベツと厚揚げの煮びたし。
ピーマンとじゃこのきんぴら。
トマトと長芋のみそ汁。
アボカドとトマトのわさびじょうゆあえ。
豚汁。
きのことツナとかぶの葉の和風パスタ。
ミネストローネ。
かぶのサラダ。わさびドレッシング。
バナナパウンドケーキ。
豚肉とちくわで八宝続き菜風。
大根とハムとネギのピリ辛サラダ。
卵とコーンのスープ。
などでした。

1

スイカからの仲良し家族ww
悪気はないのだろうが、はっちゃけすぎちゃって面白い
ちょっwヒド( ´艸`)ムププ
でもこの家族なんだかんだでいいキャラだしてて好きです。
ジルベールがよもやどんなかわからんが、新キャラ続々で美味しい5巻であります。
愛が混じればアバタもエクボというやつですな。
シロさんが「ノロケ」というのも読めばわからんでもない。
実際問題、ほんとうに言うほどのことをされているのかどうなのか。
一度、そっち視点で見てみたい気もするわけで

お揃いの指輪とかかっちゃって
乙女全開のケンジが可愛いわけで
あとで泣かされるんだから余計に面白いわけで
家族のアレコレ含めて賑やかい一冊でした。面白い

0

6巻に続くネタが満載の5巻でした。

6巻を読んでから5巻を読むと「あ、このネタ6巻で出てきた!」というものがいくつかあった。たまたま本棚の見える場所に5巻があったから手にとってみたら、あれあれあれ?これはこれは、と。
たまには再読してみるもんだなぁ、と。


5巻でインパクトがあったのは、ケンジの過去話というか酒飲みで子供のころに出て行った父親の話などの家庭事情。
話すネタでもないので、話していなかったというけれど、まぁ進んで話す内容でもないかなぁ・・・と。割とあっさり話していた所をみると本当に彼の心に影を落とす話題でもなかったのだなと、感じた。

シロさんの帰省話。次の正月には彼氏をケンジを連れてきなさいと最後にどっかんと迫られたじろぎ断れなかったシロさん。
両親としては息子のつれいあいが男であっても、結婚同然の関係なら親に合わすべきという『常識的』考えを振りかざすのが面白い。

スーパーのレジのおばちゃんの話。愛想がなく接客業としてはマズイ態度ではあるが、レジ打ちが早くてつい並んでしまう・・・という話。
これは実体験でも誰しもあるのでは?自分も近所のスーパーの愛想はないが超レジ打ちの早い店員さん続きを思い浮かべてしまった。

そして6巻で大活躍(?)のジルベールと小日向さん。
そうか、5巻でふたりは初登場していたのだな!と再読して思い出した。
1年に1回だから、というのは言い訳になりますが、まるっきり覚えていませんでした。
こんなにインパクトのあるキャラだったのに!
シロさんの想像のジルベールと現実のジルベール=ワタルの差が面白く、6巻の感想でも描きましたが、可愛い系の受けがそのまま成長するとこういうキャラになるんだろうなぁ・・・というのを更に強く実感しました。
シロさんからすれば「うわぁ」と引くようなノロケ混じりのわがままも、小日向さんにとっての可愛いわがままの内、ベタ惚れ加減のよくわかるエピソードたちでした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ