ワルい大人見本

warui otona mihon

ワルい大人見本
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌4
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
22
評価数
8件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784832287778

あらすじ

気ままなオヤジライフを楽しむ老舗履物店店主・滝川哲弥の悩みは、 不良に絡まれて困っていたところを助けた美少年・久堂瑠依のこと。 恩義を感じて店の手伝いを始めた瑠依は、限りなく哲弥のタイプなのだ。 けれど、遊びなれいる哲弥も天使のように無垢な瑠依には手を出せず、 ぶら下がった大好物を目の前に、煩悶する日々を続けていたが―――。 肉食系ヘタレオヤジと仔羊系健気お坊ちゃまの年の差ラブストーリー☆彡

表題作ワルい大人見本

滝川哲弥,老舗履物店店主
久堂留依,老舗履物店アルバイト,高校生

その他の収録作品

  • ユルい大人見本EX
  • ユルい大人見本
  • カタい大人見本
  • ズルい大人見本
  • スゴい大人見本
  • おまけの時間

評価・レビューする

レビュー投稿数4

年下なのに男前

表紙からお話のイメージを浮かべるとちょっと違った、というタイプのお話かも。
1冊丸ごと表紙のカップルのお話です。
スーツを着ている方が40代のオヤジという設定なんですが、絵自体はもっと若く見えます。
そして彼が草履屋の主人という、どちらかというと表紙のチャラチャラした雰囲気とは程遠いような設定。
このオヤジのお相手が高校生→大学生という、20才以上は離れているだろうという年の差カップル。
この年下の瑠依君が健気で、そしていざという時には男前でカッコ良かったです。
哲弥がその分、ヘタレで頼りないところがあるので、カップルのバランス的にはいいかなと思いました。
服飾関係のキャラが登場するので、洋装・和装どちらも楽しめて素敵でした。

0

わるいオッサン

表紙を見たら、不敵に笑っている
おにーさんがいたので、
「こいつがタイトルで言うワルい大人ってやつかなぁ」
と思ったら、
ヘタレでした…。

まあ、悪いは悪いんですが、
憎めないキャラですかね。

でも、「手を出さない」とか
決意しながら、
手を出すの、早すぎだろ!

決意してないじゃんか。

まあでも本庄さんの本領発揮は
エロシーンなので、
早くエロシーンを見たい方には
良かったかもですね。

今回もエロシーン満載でした。

それは嬉しいんですが、
そのためにストーリーが薄れて
「えーっと、どうなってるんだっけ?」
ってなっちゃうことがありましたね。

エロは嬉しいんですが、
ストーリーは、しっかりと
根幹を築いて欲しいですね。

0

ユルいオジサンが可愛らしい

表紙絵とタイトルからガツガツの肉食系な大人が
ピチピチの若いコを誑かす話かと思って読み始めたら
違ってたー。
タイトルにいい方向に裏切られました。

ユルくて、完全に尻に敷かれてるダメな大人でした(笑)
でも、この気の抜け感とかユルさは受け君の一途さとかなり合ってて
とってもイイ感じ!

付き合うキッカケも
気持ちを確かめ合うキッカケも
受け君の方から発信。
そんな要所ポイントを発信してもらわないと動けない。
っていうワルい大人でした。

“寝取られる!”ってジタバタしてるユルさも萌えだったんですけど
初めてのエッチの時、受け君の言葉に
うおおお~~~~~!!
っていきなりヤル気出すオジサンが可愛かったー。

家の事は受け君がやってくれてるんで
家ゴロのオジサン萌えが起こりました。
(オジサンって言っても
絵がキレイなんで
ボッサボッサでくたびれたオヤジではないです。)

受け君の一途愛の話、
として見た方がオジサンのラブリーさが楽しめると思います。
オジサンは受け君の物になるのが決まってた、みたいな?
出会った頃、受け君は幼稚続き園児でしたもんね。

「ギュッてしたいギュッてしたい」
って受け君の足にしがみつくオジサン
指輪もらって幸せを感じるオジサン
受け君にがっちり手綱握られてる感が・・
薄目で見ると、受け君が飼い主に見えてきたヨ(-ω-)

0

タイトルが好き

羊の皮をかぶった狼・・と読み違えてた(笑
狼の皮をかぶった羊なオヤジ。
つまり、年だけくってへなちょこなオヤジと~なランデブー。
可もなく不可も無くという印象。
指輪をもらってほっこりしたダメオヤジのラストは可愛かったのですが、いかんせん、オヤジと言うには若すぎるヴィジュアルも手伝っているのでどーなのでしょう。最近私の脳内のモエのインパクトが弱い気がするのであります。

お話は、ゲイで男しか愛せない朴念仁。
オッサンが、若い子に思わずときめいてしまう。
なんてたってド・ストライク!
だけれども、いたいけな少年に手を出すわけには・・・なんて思っていた矢先、少年にモーションをかけられてしまったからには据え膳よろしくな展開なわけであります。
これが実は、幼い頃から~だったという展開が可愛かったりはするわけで、少年が実はすごい・・だったりするわけなので
きちんと筋道をたてて読めばもっと楽しめるのかなと思っては見たり。

なんにせよ、年若い少年に、夢中になり、ダメダメになっていくオッサンのへっぽこラブ話という感じでしょうか。
年甲斐もなく夢中になるすがたが可愛くはある続き(つω`*)ぬふv

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ