強気なメイドのねだり方

強気なメイドのねだり方
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
7
評価数
3件
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
ダリア文庫(小説・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784861345142

あらすじ

ジャパニーズ・ビューティーと呼ばれている日給100万円のスーパーメイド・アイは、打ち合わせに行った先で意識を失う。目覚めると、全く知らない場所で自分が誘拐されたことに気づく。その犯人はなんと、世界でも有名な芸術家・薬師菊乃介で「ぼくのものになれ」と強要して…!? 書き下ろし番外編を同時収録した、えっちな罰ゲーム満載の『メイドシリーズ』第4弾、ついに完結!!
(出版社より)

表題作強気なメイドのねだり方

世界でも知られる超有名な書道家で陶芸家・薬師菊乃介
日給100万の日本メイド協会のスーパーメイド・アイ

その他の収録作品

  • 強気なメイドの何でもない一日

評価・レビューする

レビュー投稿数2

前作よりは・・・

メイドシリーズの四冊目。
いままでとちょっと違い、ほんの少~しだけ前作(三作目)とリンクしている所があります。
ですが、この本単体で全然問題ないレベルですので、あんまり前作は気にしなくていいと思います。

スーパーメイドのアイは目覚めると知らない場所にいて・・・。
そこに現れた菊乃介から、前にパーティーで見かけたアイを気にいったため、薬を盛って攫ってきたと言われます。
もちろんアイは納得できないので、自力で帰ろうとするもそこは、山の中・・・。
アイは仕方なく、菊乃介が提案してきた賭けをうけることにします。


シリーズ三作目で、仕事から逃げたとされていたメイドは、いったいどこで何をしていたのか?というお話。
正直、三作目が好みじゃなかったので期待はせずに、読んだのですが、三作目よりはマシでした。
スーパーメイドという単語も二回目なので、そんなに気にせずに済みましたし。
今回は受けさんがスーパーメイドだったのも、よかったのかもと感じました。
たぶん何というか、三作目は攻めさんがスーパーメイドっていうのが、私には無理だったのだなぁ~と、今作を読んで思いまし続きた。

1

メイドの完結篇

メイドシリーズ完結編になりましたねぇ~
この作者の代表作になるのでしょう、新装版ですからね。
スーパーメイドの「アイ」が今作の主人公です。
設定では9番目のスーパーメイドなんでしょうか?
アルファベットが認定された順番のようですからね。

芸術が大好きな受け様を拉致した犯人の攻め様は、書家&陶芸家で
受け様が大好きな芸術家だったが、拉致監禁と非常識な振る舞いに
幾ら攻め様の作品が好きでも許せない受け様。
しかし、攻め様はそんな受け様に向かって自分のものになれと・・・
監禁場所からの脱出を試みるが不可能と知り、攻め様との
脱出を掛けたゲームーする事に。
罰ゲームと称してコスプレや痴態プレイでいつのまにやら抱かれて。

好きになってと囁く攻め様に受け様は・・・既に取り込まれています。
それでも意地っ張りな受け様は一旦は逃げ出しますが・・・

展開的には1作目のラストに近いような気がします。
もっとも、攻め様が今作の方が気持ち的に素直なんですけどね。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ