溺れる体温

溺れる体温
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
20
評価数
7件
平均
3.1 / 5
神率
14.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
大誠社
シリーズ
LiLik文庫(リリ文庫・大誠社・ブライト出版)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784904835463

あらすじ

七瀬章吾は、敬愛する兄の死で彼の悔恨を知る。
15年前の親友の死、殺人事件、兄の石を継ぐべく新聞記者となるが、現実にくずれそうになったとき、リョウに逢った。逢えたのだと思う。
端正でクールな容姿に無邪気で無防備な優しさを持つ子供のような、リョウ。
一途にふれてくる厚い唇、抱きしめられ溶かされ甘やかされても尚、際限なくリョウを欲しがる自分が疎ましい。
タイムリミット直前、七飯は真実の欠片”征人”に辿り着くが!?
たっぷりの書き下ろしあり。

表題作溺れる体温

実家居酒屋手伝い 川瀬リョウ・19歳
地方支局の新聞記者 七飯章吾・24歳

その他の収録作品

  • 祈る子供
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

続編「熱病の花」とセットでどうぞ。

この続編にあたる「熱病の花」を読んで購入。
一番の萌えポイントは年上の受け・七飯(ナナエ)が時々漏らす若狭方言と、
北陸のひなびた日常空間だったんですが(笑)

続編の「熱病の花」に比べると、そうした細かい描写が浅い。(残念)
サスペンス的なトリックも展開としては悪くないんだが、文章の溜め不足というか、
流れや展開が雑然と列記されている感じで、退屈なミステリー小説といった感は否めない。
ここぞという緊張感に欠けます。

続編の「熱病の花」がなければ、「中立」評価ですが、
「熱病の花」でより色彩感の強い繊細な世界が展開されているので、その前哨節として「萌え」。

「熱病の花」とセットで読むことを強く推奨いたします。
…って、「熱病の花」はまだ絶版のままなんだっけ?
新装版が早くセットで出るといいですね。

1

シリアスサスペンスはお好きですか?

今作品は大人向けでのお話だったとあとがきでも書かれていますが、
まさに、そんな雰囲気です。
エロ場面がなければ2時間サスペンス系とか冤罪や時効の
ドキュメンタリーとかがイメージとしてしっくりくるかも。
まぁ、犯人と思われる人は亡き兄の親友で兄の意思を継ぐような形で
受け様も新聞記者になり時効まじかな事件の真相解明に躍起になる。

そんな中で知り合ったのが新聞社で利用する居酒屋の青年。
何かと受け様を気にかけ、心配してくれる攻め様に年上なのに
気が付けば甘えてしまう自分に戸惑う受け様。
攻め様から求愛され、拒む気の無い自分に呆れながらも恋人に・・・

時効寸前の事件の真相を唯一知っているのは、被害者の当時5歳の子供。
その子供の行方を捜して受け様は過労で倒れるまで調べる。
それを身近で見ている攻め様は、必死で止めようとするのだが・・・

愛する人に真実をなかなか伝えられない・・・
知らない内に愛する人を追いつめていた・・・
テーマも重い感じなのですが攻め様の年齢よりも無邪気な感じが
後半なんだか胸に痛みを覚えるようなお話でした。
個人的にはヘビー系続きのお話は不得意なので評価低めですが、
これは単に好き嫌いの問題だと思います。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ