僕はペット! ご主人様v大好きです!

なりきりマイペット ~愛ハム家・入門編~

narikiri may pet

なりきりマイペット ~愛ハム家・入門編~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×215
  • 萌3
  • 中立4
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
10
得点
83
評価数
29件
平均
3.2 / 5
神率
6.9%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
アスキー・メディアワークス(角川グループパブリッシング)
シリーズ
B-PRINCE文庫(小説・アスキー・メディアワークス)
発売日
価格
¥640(税抜)  ¥691(税込)
ISBN
9784048708739

あらすじ

 「僕がペットになればいいんだ」
 内気で人見知りな姫野は、同じ会社の先輩・藤枝に強い憧れを抱いていた。彼の行動を観察し日記に書くのが姫野の日課だ。だが最近の藤枝は元気がない。原因は彼が大事にしていたペットのハムスターが逃げ出してしまったことだった。藤枝の元気を取り戻したいと思った姫野は、自分が彼のペットになることを思いつくのだが……。人間がペットになる!? 逆擬人化ハートフル・ラブストーリーv
(出版社より)

表題作なりきりマイペット ~愛ハム家・入門編~

姫野の憧れの先輩指導社員 藤枝隆司
師匠観察日記をつけている後輩社員 姫野鳴海

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数10

このトンデモは無理でした。

トンデモ展開もキャラクターも、それ自体は別に苦手要素ではないです。コメディBLは大好きです。まあ、でなきゃこれを読もうとは思いませんが。

『トンデモ・キワモノ(だと思う)』だからじゃなくて、この作品単体でまったく面白いと思えませんでした。この作家さんの他の作品レビューでも書きましたが、『寒い・滑るギャグ』ってこういうのを指すのかと言う感じでした。もちろん、個人的な好みにおいてですが。

う~ん、この作家さんのギャグセンスが私と合わないのかもしれません。相性がよくないってヤツ?

設定がくだらないというのではないです。いえ、素晴らしいとも言いませんが、私はもともとそういうのはダメじゃないんです。でもこれは無理。
それでも、まだ姫野が高校生くらいだったらなんとか我慢できたかもしれませんが、 これで社会人・リーマンって時点でもう拒絶反応が出ました。

繰り返しますが『アホアホコメディ』でも、『ありえねぇ!』でも、好きなものは好きです、私は。でもこの作品の場合は、上滑り・空回りとしか感じませんでした。
ひとことで言えば、私の求める(好みの)『トンデモ』や『コメディ続き』ではありませんでした。

ただ、イラストはすごく可愛かったので、内容はまったく『しゅみじゃない』ですが『中立』で。

2

純粋でいて小悪魔

こちらでオススメして頂いた小説の内の1つ。
憧れの『師匠』こと先輩の藤枝が、自身が溺愛していたハムスターの失踪により分かり易い程の落ち込みを見せる。
居てもたっても居られなくなった部下・鳴海は「師匠の元気を取り戻せるのなら!」と奮起して、上司・新里の協力の元、ハムスターの着ぐるみで彼の所へ押しかける。
あれよこれよと鳴海なりに藤枝の元気を復活させようと頑張るのですが、それが良からぬ方向へと進んでいき――と進んでいきます。


1)ぶっとんでる!
主に出てくる、部下の鳴海・先輩の藤枝・上司の新里。
正直この3人、どれもこれも残念な方ばかり(褒めてます)。
強いて言えば、新里なのかな…いや、でも違う気がする、彼も残念な筈だ(褒めてます)。


2)ペットはそんな事しません!
背中を流してくれるのはいいですよ、鳴海の優しさです。藤枝を励まそうとして。
……でも、前を洗っちゃだめ。それはだめ。ペットはそんな事しない。
(※要は、もっとやれもっと、と心の中で雄叫びをあげている自分が居ます)


3)カチューシャは反則です!
着ぐるみのヒメ(藤枝命名)のままだ続きと身動きが難しい。濡れる訳にもいかない。
それならば!という苦肉の策として、ハムスターの耳付カチューシャを時折装着します。
結局はそれで藤枝はズバンとキたんじゃないでしょうか。
可愛いと気持ち悪いは紙一重です。


4)あの日記の字体が気になります
最初にあれを見た時、かなり驚きました。もう鳴海の甘々な気持ちが字体で表れているだなんて…中高生向け少女小説でも中々ないですよきっと、あんな字体(笑)
決して読みやすいとは言えないのに、読み進むにつれて、鳴海の人柄と思いが伝わり易く感じました。


5)新里含めてのドロドロだったらもっとお腹いっぱいだった
……というのが一番の感想かもしれません。
手芸が得意な器用な新里さん。鳴海を応援してあげる優しい新里さん。藤枝にちょびっとけしかける真似をする意地悪な新里さん。
もったいなーい!もっと新里さんの出番を増やして欲しかったです!
と言うより、「実は俺も姫野がイヒヒ」になってくれたらという願望が止まりません。
悔しいーっ。


全体を通して、ハラハラドキドキはないんだけれど、愛すべきおバカが沢山居てほっこり笑える内容でした。
私は新里推しです(笑)

1

__モコ__

>jimmyさま♪

おはようございます!
コメント有難う御座います、凄く嬉しいです。
私からお礼を言いにーと思っていたのですみません><

こちらこそ、教えて頂きありがとうございました!
ニマニマしちゃいました、ほっこりしてるのにブッ飛んでる感が(笑)
オススメして下さった別の本も購入済みですので、読んだら又レビューさせて貰いますね☆
ほんとにありがとうございました^^

ぶっ飛んだ発想が笑える

とにかく、鳴海の妄想暴走っぷりが、むちゃくちゃ笑えました。

鳴海は地味で内気で目立たない子。
周りにあまり興味がわかず、淡々と過ごしていた。
しかし入社した会社で、まぶしいほどの存在の藤枝に出会ってしまう。
そして彼を「心の師匠」として慕い憧れ、いつしか鳴海の生き甲斐にさえなっていく。
・・・とまあ、ここまではまだ普通なんですが。

鳴海の藤枝に対する憧れは、なんだかストーカーチックでして。(笑)
朝出勤前に彼の家まで行きこっそり後をつけ、
仕事中はもちろんのこと帰りも家まで後をつけながら、
彼の行動を逐一チェックして「藤枝観察日記」をつけるという行為にまで及んでます。

だから当然、誰に藤枝がハムスターを飼っていて、
「ハム」と名付けて溺愛しているという誰にも話していない事も知ってたわけです。
そして、ハムが居なくなって、藤枝が体調を崩すほど落ち込んでいる事も、
当然いち早く気付きます。

鳴海の、憧れの人が落ち込んでいるのをなんとか励ましたいという気持ちは解りますが、
その思いついた方法が、かなりぶっ飛んでます(笑)
それは、自分がハムスタ続きーになってハムの代わりに藤枝を癒す・・・というもの。
もちろん人間がハムスターになれる訳はないです。
着ぐるみを着るんです。

この、鳴海の「ハムちゃん二号」になり切りようが、もう笑えます。爆笑です!
それはちょっと違うんじゃ・・・?と思える勘違いな行動も含め、
もうとにかく鳴海自身は真剣にハムスターになり切ります。
最初戸惑っていた藤枝も、だんだん鳴海の真剣さに絆されていくわけですが、
なんだか徐々に、癒しの方向性が怪しくなってきちゃいます。
はい、エッチな方向に(笑)
とにかく、微笑ましい2人だと思いました。

実は、エッチにも萌は殆ど感じなかったんですが、
でもものすごく面白かったです。
読みながら、私も鳴海のハムスターっぷりに癒されました。


ところで、鳴海の協力者として、課長の新里が登場しますが、
この人がまた鳴海と同じくらい個性的というか変人と言うか(笑)
新里のスピンオフとか読んでみたいです!

1

アホや!!アホがおる!!

あははははははははははははははははははは。
笑いつかれた・・・・・・・。
こんなに面白いとは!!
純粋なアホな子なんです。
十分大人で常識も持ち合わせているはずなのですが。
アホすぎる。
それしか言えねえ。
なんも言えねえ。
読んだら分かります。
楽しい気分になれます。
ハムスターのキグルミに着替えているトコロが
もう 勘弁してください!!
笑いすぎて 声と腹が疲れて痛いです。
上司の変態っぷりもたまらない一品ですよ!!
これ続きだしてもらいたいです。
上司の恋愛事情も見たいよ!

2

ハム

楽しませていただきました(*´∀`)クスクス
なんというか、思ってたのとちょっと違ってた。

あらすじを読んでどんなものかと読み始めた今作。
亡くしたハムのかわりにやってきた受。なのだけれど、攻とは同僚でもあり最初から正体がバレているというところから始まっているのが乙。
疑う余地もない。「よもや違う人間なのか」な余力さえない。
そんな二人の織り成すチグハグなやり取りが面白かった。
というか、しょっぱな。攻の観察日記を毎日つける受。
の地点で、「新手のストーカー・・」と想いながらよんでいたのですが
ハム2号になりきるために~な中盤から後半。
ハムなら恥ずかしくない、当然であるからして
なりきりが度を越しているのもまた面白かった。
そんな受との日常を心地よく感じ、人同士として気持ちを向けて欲しいと願う攻の奮闘ぶりも面白かった。

ほのぼの。駆け引き。
くわえて奇抜さもあって面白い一作でした。
上司さまとの3角関係をちょっぴり期待したのだけれど
そんな気ぜろで、そこがちょっぴり残念でした。

0

とんでも設定でも、あり得る!と思わせる語りのうまさ

なんという堂々とした展開。
ありえない設定(笑)
しかし迷うことなく次々とありえない設定と畳み掛けて
なりきりペットの世界がありえるんだと、ナットクさせる作者の剛腕には恐れ入ります。
他の方も書いてますけど、イラストがバッチリハマっています。
こんな子なら、ここまでアホなことをしでかすかもしれない
と思えてしまいます。もしイラストがなければ、説得力が鈍っていたかもしれないですね。

個人的には、ちょっと謎な新里課長の存在が気になります。

2

文章と絵の驚異的な親和性

仕事もできるしイケメンだしとにかく何もかもが大好きな僕の師匠、藤枝先輩。師匠の事は全部知ってるけどこのごろ元気がない。飼っていたハムスターが逃げちゃったから。どうしたらいいんだろう。そうだ、僕がハムスターになろう。

・・・この子(姫野君)すんごくアホだwしかも「アホは可愛い」というベクトルの振り切れた行動力にあふれた純朴なアホさ。
でもこのかわいらしさにじっさい癒されちゃって復活しちゃうんですよね藤枝。でもそれはほかに愛情を注げる相手見つかったからなわけで。
でも、まぁ実際に「ハムスターの代わりだから」じゃぁないのは新里課長も読者もよー分かるのですが、姫野は良くも悪くもアホの子なので「どこまでもハムスターを演じるのがご主人様のため」なんて考えになっちゃうわけです。
ここで好きだからどうしよう、という問題を抱え込むのは姫野じゃなくて藤枝の方になるわけです。会社では目を背けてしまうどっちかというと根暗っこな姫野を目線で追い回すようになっちゃうし。
でも、そこで最初っから「人間のお前が好き」と言えばいいものを「恥ずかしいから人間に戻る」方策を考えてしまう所、藤枝もいい意味で緩い続き

その辺からグルーミングに手を借りたエッチな行為はどんどんエスカレート。
もちろんちゃんとゴールはあるんですが、エッチにおいて姫野だけでなく藤枝まで余裕のないことこの上なしなところが微笑ましい。何回いってるんだよおまえら!若すぎるぞと。

そういうアマアマにアホアホ、さらにエロエロを全部詰め込んだ脱力感あふれるストーリーにこれまたCJ.Michalskiさんがはまりすぎ。っていうかchi-coさんってCJ.Michalskiさんの別名か?と思うほど完璧な作風の一致を感じます。

いわゆる「放牧されすぎのアホアマエロ」というカテゴリ。
こういうの読むなら「ばかばかしい・・・」と思っちゃったら負けですよね。
おいしかったです。

11/17 追記
気が付いたら読んでしまっている(しかもろくでもない目的で)
自分に気づいてしまったので、評価をワンランクアップ、もうこれは小説初の「神」評価でいいです。
やっぱ絵と文章、アマアマとエロエロとコメディのバランスがまさに自分向き。

4

めいっぱい笑わせて頂きました!

ほんとなりきってました!ハムスターに、フフフッ
ここまで天然気質で一直線で子供以上に素直な受け様は
かなり久しぶりに読ませて頂きました。
別の作家さんの作品で妄想しまくりの受け様も好きでしたが
この受け様はまた違った意味で最高レベルでした。
同じ会社の先輩に盲目的な憧れを抱き、先輩の観察日記を
日々忘れることなく書きまくり常に先輩の動向を確認調査!
一見するとストーカーですけどそんな事すら気づいていない。
ほんとに可愛くて思い込みの強い受け様ですね。
尊敬する攻め様が可愛がっていたハムスターのハムちゃんが
いなくなってから気落ちして沈んでしまった攻め様を
なんとか励まそうとして、考え付いたのが着ぐるみを着て
ハムちゃん2号として攻め様のペットになる事。
常識では考えられないことを真剣にやってる受け様の
純粋さに感動します。
そして攻め様もいつの間にかそんな受け様が気になって・・・
でも、受け様はあくまでもどこまでもペットなんですよ(笑)
攻め様はペットでない人間の受け様と親しくなろうと色々
恥ずかしい事を仕掛けますが、受け様の方が上手でした。
それ続きも天然で上手だから常識人の攻め様が勝てる要素は無いです。

後半で恋人として付き合う事になった二人ですが
受け様の変わらぬ攻め様信仰と観察は永遠にって感じです。
どんな形であれこれ程愛される攻め様もなかなかいませんね。
可愛くてとことん楽しませてくれる1冊でした。

1

かわいいーー

正直、これほど楽しかったストーリーは久しぶりかもしれません。
笑えて笑えて、そしてじょじょに引き込まれていく。

姫野の天然ブリといったら半端なく、ハムスターになりきるためにはどんなことだってする男。下半身をおっぴろげてオスだと説明したり、尻尾を入れるために後ろを開発中だと言ったり。
もう・・・これが素だから笑えてしかたない。
師匠である藤枝にストーキングしている姫野は、ハムスターを失って悲しみに暮れる藤枝に、ハムちゃん2号となのっておしかける。
そこから始まるご主人さまとペットの愛情交換。
姫野のおかしな行動に翻弄されつつも、その天然の魅力に引き寄せられていく藤枝。師匠の愛情を受けて輝いていくペットの姫野。
ユーモアを交えて書かれるストーリーに魅了され、大変後読感のよい作品だと思います。

三人称背後霊視点はいいのですが、その視点がこまめに変わるので最初は読みにくさを感じました。ですが、話の面白さであまり気にもならなくなりました。

4

腹の皮がよじれた(爆笑)

今回のchi-coさんは表紙を見るとわかるように(わからないか?)きぐるみを着て逆擬人化?
最愛のペットが行方不明になって落ち込む憧れの先輩を慰めようと、そのペット=ハムスターの着ぐるみを着て先輩を精一杯力づけようとする、おかしくもトンチンカン健気(w)な物語。
主人公が、流行とかそういうものに全然関心がなくて、小さくておぼこくて、髪型が”きのこちゃん”と呼ばれている、多分”坊ちゃん刈り”ですな♪そんな外見の会社員が、実に、実に、ミチャさんのイラストにぴったりはまって楽しさ倍増です!!
もう、ちくいちが面白いデス☆☆☆☆☆

建設会社入社2年目の姫野は、カッコよくて、人当たりがいい先輩指導社員の藤枝に密かにあこがれて、”師匠”と心で呼び、観察日記を付けて自分だけの藤枝を満喫している。
この時点で一歩引くと、姫野ってストーカー!?ちょっとキモいよね?
しかも日記の書体が丸文字になってます!どんだけ乙女なんだwww
会社ではまともに目もあわせなければ、きちんと会話をするでもないのに、、、
そんなカッコいい藤枝が最近おかしい?
彼の朝晩も観察していた姫野は、藤枝が飼ってい続きた、そして溺愛していたハムスターのハムちゃんが行方不明になっていた事を知って、元気をだしてもらおうと、自分がハムちゃん2号になって彼を慰めてあげようと考えつくのでした(←この時点ですでに笑いがとまらない・・・)
着ぐるみの調達を検討しているところを上司の新里に知られ、彼に協力してもらう代わりに、逐一報告をすることに(←この展開も爆笑)
そうして、ハムちゃんとして、どうやって藤枝を癒してあげられるか、、それが段々と変な方向へ♪

あまりに面白いので、ネタバレ無しで行きます。
とにかく、初心くて恥じらいが全くないという姫野がツボです!
性にうといからこそ、そこの発想へ飛ぶか!?みたいな、、いくらなんでも、、いい年した24歳にもなる大人が~と思うのですが、イラストもあいまって、姫野なら許す!!
そして彼の下着とか、その皮かぶり君とか、恥じらいがないから堂々として、恥ずかしいセリフも行動も平気っていうのがイイっ!!
思わぬ展開に、藤枝は悩んだりwww
そして仕返し?というか逆スキンシップが高じてあれやこれや(笑笑笑)
もうっ、これは読むしかないですっ!!
いや、是非読んでくださいネ♪

最後までなんとなくずれているというか純真というか、鈍感というか、、、な姫野がいいですからv
かわいいな~こんなのが来たら絶対拒否しないよ(爆)
究極の風俗かもwww

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ