「君の指が好きと言ったら」特典書き下ろしショートストーリー

「君の指が好きと言ったら」特典書き下ろしショートストーリー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
ムービック
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
君の指が好きと言ったら

あらすじ

小さい頃から身体が弱く、行楽に出かけたことがなかった芳郎は、恋人になった元道と初めて海に行く。

表題作「君の指が好きと言ったら」特典書き下ろしショートストーリー

弟と同級の工務店次男 松永元道・23歳
聴覚障害のある医院の長男 三田芳郎・25歳

評価・レビューする

レビュー投稿数1

嬉しさ倍増なデートです

本編後、恋人になった聴覚障害の芳郎と、兄と一緒に実家の工務店を継ぐことにした元道。
彼等のデートの風景は、健常者ならわりとごく当たり前のものなのに、芳郎に障害があったことで、それが普通に叶えられないからこその、ほっこりアマアマな部分が見られて、風景としてもあったかいものがありました。

身体が弱い為に海へはほとんど行けない芳郎に、秋になって元道は連れて行くのです。
普通乗用車でなくて、仕事で使っているトラックでv
こんな部分でさえ、元道の日常がわかると嬉しく思う芳郎はかわいいな~♪普通だったら文句垂れるよねwww
そして海の風景におおはしゃぎする芳郎。
できうれば、最後の愛の告白は芳郎の手のひらでもよいけれど、砂に描いて欲しかったな~なんても思うのですが・・・
でも、芳郎の喜びがいっぱいあふれたSSにほっこりします。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ