掠奪のルール

ryakudatsu no rule

掠奪のルール
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
4
評価数
3件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
リンクスロマンス(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥855(税抜)  ¥923(税込)
ISBN
9784344823686

あらすじ

既婚者と恋愛はしないと決めている水島は、取引先の社長である既婚者の柘植と親しく付き合ううち、惹かれていくが…。
(出版社より)

表題作掠奪のルール

柘植三樹也/柘植グループ社長/38才
水鳥舜/ワイアットホテル勤務/26才

同時収録作品溺愛のルール

嘉津村巽 作家
斉藤志緒 柘植フードサービス新入社員

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

本編は大好きなんだけど・・・

『純愛のルール』のスピンオフになります。

こちらもきたざわさんの『年の差(年上攻)』のパターンのひとつですね。私の苦手なタイプの。

う~ん、確かに個人的にものすごくダメな『大人げない(幼稚な)攻』ではないんですが、それでもこの柘植(攻)はまったく好みじゃない。どころかかなり苦手です。
『純愛~』で脇だったときは、それなりに味のあるキャラクターだと思ってたけど、メインになるともう無理ですね。

こういう何考えてるかわからないというか、(年の差があるからこそ)相手をいいように翻弄する悪趣味な男はどうしても好きになれないんです。きたざわさんには多いんだけど、ホントに!

特に、終盤の『不倫』の壁を越えられるかを巡ってのあたりでもううんざり。『試す』こと自体がありえないとは思わないけど、それだけは絶対やっちゃダメだというラインはあるだろう。

水鳥(受)は、私は結構好きなんですけどね。好みのタイプというわけじゃないんですが。

あとは、本編のメインCP(嘉津村×志緒)や、仲間の集うバーのあたりだけは面白かったかな。

ストーリーとしては、(スピンオフとい続きうこともあり)柘植の背景もわかってるし、もう冒頭だけでだいたい展開は読めますが、それは別に構わないんです。お約束の王道ってことで。
単に、キャラクターが好みじゃないからまったく楽しめなかっただけです。

さらに続編『掠奪のメソッド』も出ています。

1

静かなるハンターみたいな攻めさま

前作の「純愛のルール」でキューピット役を務めた
柘植さんが主人公のお話でした。
前作でも何を考えているのか分からないような掴みどころの
無い人だと思っていたのですが今回もまさにそんな感じ。
初めにはっきりと事情を説明していれば簡単に済んだのでは?
って言う内容なのに、攻め様は恋愛を楽しむ大人でしたね。
純愛とは違う大人の駆け引きめいた恋愛でした。
激しい感情の発露はないけれど静かなる獣的な攻め様。
ロックオンした受け様を知らない間に絡め取る。
受け様は過去の出来事の為に、不倫に対して執拗に拒絶感が
惹かれてしまう攻め様が結婚している事が常に頭にあり
攻め様からの誘いをかわし続けるけど、気持ちは揺れてる。
でも、絶対に他所の家庭を壊すようなことは出来ないと
思いを押し殺し・・・・
ほんとに攻め様って隠れSなんじゃ?って思います。
既に離婚してるのに受け様に伝えないで受け様の気持ちを
強引に聞き出すしね~まぁ、結婚してても諦めきれない
くらい好きだと言う気持ちが欲しかったのかも。
結局受け様は罪悪感がありながらも攻め様に思いを告げて
一線を越えてしまう続きけれど、翌日に言い忘れていたけどって
離婚の話をしちゃうあたり・・・確信犯ですよね。
受け様は今後は別の意味で幸せな苦労をしそうだと
思うようなお話でした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ